« 今日のおすすめ映画 | トップページ | フロントミッション フォース(PS2)・その20 »

ワンダとダイヤと優しい奴ら(1988 アメリカ)

宝石強盗チームが仲間割れから,盗んだ宝石を巡って,一人の弁護士も巻き込んでドタバタを繰り返す話.
登場人物が一癖あるヘンな連中ばかりだけど,それだけ印象に残るキャラクターたちだ.インテリ気取りだがバカな行動ばかりするオットーと,動物愛護主義者で言語障害のあるケンの2人が特にいい.
ギャグも差別ネタや虐待ネタからナンセンスな小ネタまで,たくさんあって楽しいけど,人によっては受け付けないかも.
しかし女性は怖いね.自分が一番いい目を見るためには,仲間を平気で裏切るんだからね.

|

« 今日のおすすめ映画 | トップページ | フロントミッション フォース(PS2)・その20 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/95063

この記事へのトラックバック一覧です: ワンダとダイヤと優しい奴ら(1988 アメリカ):

« 今日のおすすめ映画 | トップページ | フロントミッション フォース(PS2)・その20 »