« ワンダとダイヤと優しい奴ら(1988 アメリカ) | トップページ | 文字化け直ってますね―ココログ Ping サーバ »

フロントミッション フォース(PS2)・その20

というわけで,エンディングまで見ることができた.
プレイ日数25日,総プレイ時間87時間(セーブデータによる/食事や居眠りも多少含む)かかった.
それまでずっと1つのセーブデータに上書きしていたので,今回の終了データも上書きしたら,そのデータでは2週目しかできなくなってしまった.
せっかく成長したキャラクターや集めたパーツ等で楽しもうと思っていたのに.それぞれの決戦前のデータを残しておけばよかった.

1ゲームが終わって一段楽したので,今回は最終回として全体の感想を.

今回エルザ編とダリル編と2つのシナリオが交互に進んだわけだが,結局それにはなじむことができなかった.2編に分けなくてもいいような気がするのだが.それより1編に絞って内容を濃くしたほうがよかったように思う.
個々のシナリオでは,エルザ編はありがちな内容なのに対し,ダリル編は新鮮だったように思う.ただどちらも新規ヴァンツァーをどんどんつぎ込むゲームシステムとは合わないような気がしたが.
エルザ編は,もっとエピソードをつぎ込んで内容を濃くして,1つの大きなキャンペーンにしたほうがいいように思った.
ダリル編は今回ぐらいのショートシナリオでぴったりだったと思う.

それにしても,戦闘システムは面白かった.
特にリンクシステムが.リンクを張ると攻撃回数が増えるというのは,シミュレーションとしては変だが,ゲームとしてはとても面白い.またむやみにリンクを張るだけでは AP を無駄に消費してかえって行動を狭めるという制限もうまく効いていて,ユニットの行動順などを考える必要が出るのも面白かった.

ロボットものが好きで,シミュレーションが苦手でない人には,お勧めのゲームだろう.

[詳細データ]
タイトル:フロントミッション フォース
ジャンル:シミュレーション RPG
メディア:PS2 DVD-ROM
発売元:スクウェア・エニックス
価格:6,800円
公式サイト:FRONT MISSION official website

*今回で“フロントミッション フォース”のゲーム日記は終わります.おつきあいいただきありがとうございました.

|

« ワンダとダイヤと優しい奴ら(1988 アメリカ) | トップページ | 文字化け直ってますね―ココログ Ping サーバ »

ゲーム」カテゴリの記事

[フロントミッション]」カテゴリの記事

コメント

日記面白かったです。逐次更新していくの大変だったでしょう。今、フロントミッション真っ最中ですがネタばれもうまいこと隠してあって、観やすかったです。

投稿: ore | 2004/01/13 12:05

感想ありがとうございます.
下手な文章とネタばれ隠しとで,ワケわからんモノになってしまっているのでは,と思っていたのですが,楽しんでもらえたようで何よりです.
また興味がある記事があれば立ち寄ってくださいね.

投稿: ふそう | 2004/01/13 19:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/96399

この記事へのトラックバック一覧です: フロントミッション フォース(PS2)・その20:

« ワンダとダイヤと優しい奴ら(1988 アメリカ) | トップページ | 文字化け直ってますね―ココログ Ping サーバ »