« コーヒーブレイク | トップページ | ふそう艦隊戦闘日誌 その1 »

フィギュア

最近体験した不思議な話.

1年ほど前にコンビニで玩具菓子を買った.
ある人気アニメのロボットの組み立て式のフィギュアがついたやつだ.
敵役のロボットなので髑髏のような頭を持ち,両手でマシンガンを構えていた.
玩具菓子のフィギュアにしてはなかなかの出来だったので,箪笥の上に飾っておいた.

この玩具菓子のシリーズは好評だったようで,第2弾,3弾が発売された.
同じアニメに登場する別のロボットのフィギュアがついていた.
それにつられるように玩具菓子を買い,箪笥の上には4種類4体のロボットが飾られるようになった.
アニメに登場する敵役のロボットがすべてそろったのだ.
4体のロボットは一つの戦闘チームを作っているようだった.
フィギュアはすべて出来がよかったので,よく4体並んでいるのを眺めて時間をすごした.


そしてつい先日のことだ.
この玩具菓子のシリーズの第4弾が発売された.
それは一番初めに買ったロボットのリメイク版だった.
早速それを買ってきた.
モデリングの技術が進歩していたのだろう.
新しいフィギュアは明らかにはじめのフィギュアより出来がよかった.
新しいフィギュアを箪笥に飾ろうとしたが,5体を並べる場所はなかった.
少し悩んだが,はじめのフィギュアは職場に持っていくことにした.

職場の机の上の奥のほうに持ってきた最初のフィギュアを飾った.
1体しかないので少しさびしい感じがしたが,仕事中の気分転換には十分だった.
次の日出勤してみると,ロボットのフィギュアがなぜか机の手前のほうに飾られていた.
そのときは誰か職場の人が手にとって眺めたのだろうと思い,気にも留めなかった.
仕事に邪魔になるので,フィギュアは机の上の奥のほうに戻した.
次の日出勤してみると,フィギュアはまた机の手前のほうに飾られていた.
勤務時間が始まると机の奥に戻すのだが,次の日も,次の日もフィギュアは机の手前のほうにあった.
かなり人気のあったアニメの登場ロボットなので,職場にもファンの人がいるんだなあと思った.


職場にロボットのフィギュアを持ち込んで,1週間ほどたった.
その日は業務が忙しくなって徹夜することになった.
朝,いつものようにフィギュアを机の奥に戻し,日付が変わっても仕事を続けた.
職場の人は次々と帰宅し,一人になった.
次の日の朝の3時ごろ,やっと仕事が終わったので仮眠することにした.
机の前に椅子を並べてその上に横になったとき,ふとロボットのフィギュアのほうを見た.
ロボットが机の奥のほうからこちらにマシンガンを向けているのが見えた.
そのまま眠った.

何かの物音で目が覚めたようだ.
時計を見ると4時過ぎだった.
外はすでに明るくなっていた.
物音の原因を探すためにあたりを見回した.

ロボットがばらばらになっていた.

机の上から下まで,ロボットのフィギュアのパーツが散らばっていた.
ばらばらになったパーツを探し集めた.
だが頭のパーツはついに見つからなかった.
机の上には首なしのロボットがあった.
さすがに気持ち悪くなったのでそのフィギュアはゴミ箱に捨ててしまった.


職場の人が出勤してくる時間になった.
不快な気持ちは治まらなかったので,早退した.

家に帰ると腹の調子まで悪くなってきた.
何度もトイレに行った.
下痢だった.

何度目だったかの排泄時,尻に何か引っかかる感じがした.
便器の中を確認してみると排泄物の中に何かがあった.

それはあのロボットの頭だった.

髑髏のようなロボットの頭は排泄物の中からこちらを見上げていた.
そのとき,なにが起こっていたのかがわかった気がした.

ロボットの頭を割り箸で拾い上げ,石鹸でよく洗った.
箪笥の上には4体のロボットのフィギュアが飾られている.
その真ん中に,あのロボットの頭を飾った.
あれだけひどかった下痢は,嘘のようにおさまっていた.

ロボットの頭に言うべき言葉を言った.

“おかえり”.

|

« コーヒーブレイク | トップページ | ふそう艦隊戦闘日誌 その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

何年か前に某掲示板で書いたネタです.古いネタの再録ですんません.

投稿: ふそう | 2004/01/21 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/122793

この記事へのトラックバック一覧です: フィギュア:

« コーヒーブレイク | トップページ | ふそう艦隊戦闘日誌 その1 »