« ふそう艦隊戦闘日誌 その36 | トップページ | ふそう艦隊戦闘日誌 その37 »

掠奪戦線(1970 アメリカ)

第2次世界大戦末期,アメリカのスパイがイギリス軍特殊部隊と協力して,ドイツのロケット科学者とその家族を,ドイツ軍やソ連軍の追撃から逃れてアメリカ側に脱出させる話.
冒頭にアメリカの潜入部隊が全滅したり,脱出させる人数が大幅に増えたり,次々に予定が狂っていく様子がテンポよく描かれるので,最後まで飽きずに楽しめた.ドイツ軍がマヌケなのはまあやられ役のお約束だから仕方がないとしても,ソビエト軍はやってくれましたね,最後はかっこよかった.細かいことは気にせず気軽に楽しむタイプの映画かな.

|

« ふそう艦隊戦闘日誌 その36 | トップページ | ふそう艦隊戦闘日誌 その37 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/247406

この記事へのトラックバック一覧です: 掠奪戦線(1970 アメリカ):

« ふそう艦隊戦闘日誌 その36 | トップページ | ふそう艦隊戦闘日誌 その37 »