« ふそう艦隊戦闘日誌 その23 | トップページ | ふそう艦隊戦闘日誌 その24 »

インビジブル(2000 アメリカ)

天才科学者が自らの体で透明化の実験をするが元に戻れなくなり,副作用で次第に邪悪化していく話.
なんといっても透明人間を実写化しているCG特撮が見所.透明化/非透明化のプロセスを詳細に映像化しているところは圧倒されるしかない.それだけでなく,透明人間が水や煙や血などで姿を現すところもすごい.ただ,映像が多少グロいので人体模型などが苦手な人には向かないだろうな.
話的には荒唐無稽な設定が多いが,アメコミヒーローものが素直に楽しめるならば気にならない程度.モンスター化した人間の悲哀などはさらっと流されているだけなので,そんなに深刻な気分にもならない.
そういうわけでけっこう気楽に楽しめた.

|

« ふそう艦隊戦闘日誌 その23 | トップページ | ふそう艦隊戦闘日誌 その24 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/199687

この記事へのトラックバック一覧です: インビジブル(2000 アメリカ):

« ふそう艦隊戦闘日誌 その23 | トップページ | ふそう艦隊戦闘日誌 その24 »