« ふそう艦隊戦闘日誌 その11 | トップページ | ふそう艦隊戦闘日誌 その13 »

ふそう艦隊戦闘日誌 その12

[PS2版 鋼鉄の咆哮2 ウォーシップコマンダー のプレイ日記]

ステージE-6,超兵器戦.今回の相手は超巨大航空戦艦“ムスペルヘイム”.戦艦“土佐”に従属艦として,大型戦艦D,電磁防壁管制艦,防空戦艦をつけて出撃.超兵器相手に従属艦はあまり役に立たないので,防衛モードにしておいておき,“土佐”単艦で敵に向かう.途中で出会った敵戦艦2隻を沈め,“ムスペルヘイム”と対峙,激しい砲撃戦の末,これを撃沈する.“土佐”の耐久力は7割ぐらい残っていたので余裕はあった.従属艦を残しておいたところに戻ってみると,別働の敵戦艦と交戦したらしく,電磁防壁管制艦が沈められていた.なんだかなぁ.
ステージE-7,艦船護衛.味方艦は北に向かっていたので,合流する前に北方にいた敵艦隊を先に叩き潰す.味方艦に合流してからは進行方向先の敵艦隊を順次排除し,味方艦の海域脱出を見届ける.その後残った敵を殲滅してクリア.久々に従属艦の損失がなかった.
ステージE-8,港湾破壊.敵の数がものすごい.艦隊ごとに各個撃破し,敵艦を殲滅してから港湾施設を破壊.するとまた敵艦隊が現れた.この艦隊,こちらが向かっている間に集結してしまっていたので大乱戦になる.その中でまた電磁防壁管制艦が沈没.むぅ.
ステージE-βが出現.輸送艦防衛.従属艦を戦艦主体にしていたら,敵の大半が潜水艦だった.おかげで1回目は任務失敗.2回目に従属艦を巡洋艦主体にしてクリア.敵の来る方向を1回目で把握していたので2回目は楽だった.
ステージE-9,超兵器戦.超巨大双胴戦艦“ハリマ”と対戦.“土佐”に従属艦大型戦艦D2隻と電磁防壁管制艦で出撃.
“ハリマ”を砲撃しているときに気がついたのだが,防御重力場が実弾兵器を受けたときにも発光するのね.昨日は雑魚敵が光学兵器を使っていると思ったけど,“土佐”が防御重力場を装備していたので勘違いのようだ.
“ハリマ”との対決は,副官曰く,離れて遠距離砲撃するのが有効だそうだが,そうすると自艦が画面の外に出てしまうので操艦しにくく,知らずうちに接近戦になってしまう.そうやってしばらく砲撃合戦を続け,“ハリマ”の耐久力をほとんどなくしたが,“土佐”のほうが先に沈められてしまった.残念.
疲れたので,明日雪辱を晴らすことを誓い今日はここまで.

|

« ふそう艦隊戦闘日誌 その11 | トップページ | ふそう艦隊戦闘日誌 その13 »

ゲーム」カテゴリの記事

[鋼鉄の咆哮]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/161321

この記事へのトラックバック一覧です: ふそう艦隊戦闘日誌 その12:

« ふそう艦隊戦闘日誌 その11 | トップページ | ふそう艦隊戦闘日誌 その13 »