« うちゅうせんペペペペラン | トップページ | ふそう艦隊戦闘日誌 その28 »

ふそう艦隊戦闘日誌 その27

[PS2版 鋼鉄の咆哮2 ウォーシップコマンダー のプレイ日記]

ドリル戦艦を造ってみる.

戦艦“オオナムチ”(ドリル戦艦) 概要
兵装:406mmガトリング砲2基,88mm連装バルカン砲8基,対潜ミサイルVLS 8基,その他
機関:戦艦ボイラーVIIIx18,標準タービンVIIIx4,約56ノット
装甲:甲板対51cm砲,舷側対61cm砲,完全防御
補助:自動装填装置γ,電波照準儀γ,火器管制装置,新型探信儀β,
   電磁防壁α,防御重力場VI,謎の推進装置II

ドリルで体当たりを狙うため,兵装は射程が短めのガトリング砲とバルカン砲にしてみた.
試しにちょっと使ってみると,ドリルがたいして強くない.ガトリング砲やバルカン砲の方がよっぽど敵の耐久力をよく削る.おまけに旋回能力が低く旋回半径がかなり大きいので,体当たりを狙うのは結構難しい.そういうわけであまり強くない艦になってしまった.
戦艦“オオナムチ”を使って何面かクリアし操作になれたところで,“アラハバキ2”のタイマンを受けに行く.従属艦はスタート地点に置いて,1対1で“アラハバキ2”と対決.水路の幅が狭いので“オオナムチ”では操艦が難しい.一度正面衝突しそうになったときになんとかすれ違ったら,後ろを取られてしまった.仕方ないので全速で一度距離を離し,戻ってきてみると“アラハバキ2”は岸に引っかかって身動きが取れなくなっていた.そこを後ろからドリル(+ガトリング砲)で削り,ドリル勝負は我が“オオナムチ”が勝利した.
ついでとばかり,“アラハバキ”と“アマテラス”にも勝負を挑みにいく.広い海では敵に体当たりすることができず,“アラハバキ”はガトリング砲で沈めてしまった.しかし“アマテラス”には距離をつめることができずに遠距離から一方的に拡散ミサイルを撃たれ,何度やっても勝つことができなかった.
今回のドリル最強決定戦は“アマテラス”に奪われてしまった.もうちょっと部品を集めてから再戦することにし,今日は終わり.

|

« うちゅうせんペペペペラン | トップページ | ふそう艦隊戦闘日誌 その28 »

ゲーム」カテゴリの記事

[鋼鉄の咆哮]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/211360

この記事へのトラックバック一覧です: ふそう艦隊戦闘日誌 その27:

« うちゅうせんペペペペラン | トップページ | ふそう艦隊戦闘日誌 その28 »