« 苦情が来ました^^; | トップページ | ふそう艦隊戦闘日誌 その40 »

巨星ジーグフェルド(1936 アメリカ)

ブロードウェイでレヴューの王様と呼ばれていたフローレンツ・ジーグフェルド・ジュニアの伝記.
とにかく豪華な舞台装置とたくさんの女性をつかった舞台のシーンがすごい.とくに“ジーグフェルド・フォーリーズ”の第1作で,巨大な螺旋階段の舞台をワンカットの長回しで展開しているシーンは圧倒された.ただこの映画はモノクロなので,ぜひともカラーで見たかったな,というところがすこし残念.
あと,人間関係は多少コミカルに描かれているが,よく考えてみるとけっこうドロドロしている.お金と名声と嫉妬が絡んでいるからまあ当たり前なんだろうけど,みていて不快にならないように抑えてあるのかな.

|

« 苦情が来ました^^; | トップページ | ふそう艦隊戦闘日誌 その40 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/270036

この記事へのトラックバック一覧です: 巨星ジーグフェルド(1936 アメリカ):

« 苦情が来ました^^; | トップページ | ふそう艦隊戦闘日誌 その40 »