« レイヴンふそうの日記2 | トップページ | レイヴンふそうの日記3 »

サンセット大通り(1950 アメリカ)

売れない脚本家が,過去の栄光にのみ生きる大女優が書いた脚本の手直しを依頼され,彼女に束縛された生活を送る話.
はじめから奇妙な雰囲気で登場する元大女優とその執事.すでに過去の人になっている元大女優がいまだに傲慢に振舞う様子や,過去に自分の出演作ばかり自宅で上映している様子は,哀れではあるのだがそれ以上に醜悪で不気味だ.さらに途中で明かされる執事の正体はよりいっそう不気味さを盛り上げる.結末ははじめに語られているが,ラストの展開は予想以上に狂気的で哀れであり,とても印象に残るシーンだった.
後で調べてみると,作中の人物と同じような境遇の俳優を使っているということで,その点もかなり驚かされる.

|

« レイヴンふそうの日記2 | トップページ | レイヴンふそうの日記3 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/330133

この記事へのトラックバック一覧です: サンセット大通り(1950 アメリカ):

» サンセット大通り [I LOVE CINEMA +]
サンセット大通り Sunset Boulevard 1950年 アメリカ 110分 監督: ビリー・ワイルダー  出演者: ウィリアム・ホール... [続きを読む]

受信: 2005/01/26 00:37

« レイヴンふそうの日記2 | トップページ | レイヴンふそうの日記3 »