« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004年3月の41件の記事

レイヴンふそうの日記10

[アーマード・コア ネクサス のプレイ日記]

発電システム破壊のミッション.時間制限があるので移動速度の遅いタンクはやめてOB付きの重量2脚のACを組む.武器は弾数の多いマシンガンと肩に小型ロケットで出撃.護衛メカは適当に相手して施設に侵入,電源のひとつを破壊したが入口がロックされて帰る道がわからない.部屋を探すと壁に通気口のようなものがあってそこからほかの電源の部屋にいけた.こうして目標の電源はすべて破壊できたが,今度は地上に戻る道がわからない.そのうち時間オーバーでミッション失敗.この面は坂が多くてOB移動が有効に使えないし,施設内の道順を知らないとつらい.
基地への侵攻支援のミッション.タンク脚にもどして肩パルスキャノンとマシンガンで出撃.敵が多数出てきてビームをビュンビュン撃ってくる.かなりの数を破壊したがビームをほとんどかわせなかったので途中で力尽きた.

レイヴンズ・オークでクーデターが起きランカーレイヴンが何人か離脱した.おかげでふそうはランカー10位になれた.実力じゃないところが悲しい.とりあえずお祝いに広角FCSもらった.

発掘基地の護衛排除のミッション.MTはそれほど強くないが頭の上に張り付くヘリが鬱陶しかった.あらかた敵を始末して,最後に崖の上にいるMTに接近しようと段差をいくつか降りていたら…最後の段差には底がなかった.また地割れに落ちてミッション失敗かいな.作戦前に地形が見られたらいいのに.
クレスト社が内部分裂.本社からの派遣部隊を要撃するミッション.AC2機があいてだが,1機づつしか襲ってこない.はじめのACはこちらに張り付いてくる接近タイプの戦闘方法だったのでマシンガンで撃破.このとき残りAPは7割ぐらい.もう1機のACは後ろに引きながら攻撃する遠距離タイプだった.これではタンク脚とマシンガンは不利で,射程外からライフルを多数喰らってやられてしまった.

アリーナでランカー,セレスチャル卿と対戦.高速で移動し左右にも大きく機体を振るのでサイトに納めるのが大変.相手のAPを半分ぐらいしか減らせないうちにこちらが撃破された.連続して攻撃を当てるのが難しいのでマシンガンでなく高火力の武器を使えばよかったかな.

水上基地の防衛AC破壊のミッション.水上戦闘なのでフロート脚に両手にマシンガンで出撃.相手はランカーのコールリミット.動きはそんなにすばやくないのでマシンガンの同時撃ちで簡単に撃破した.その後ミサイルが多数きたので,あわてて水上基地の足の影に潜んで耐えた.これでミッションクリア.
輸送中AC破壊のミッション.作戦エリアが谷間なので重量2脚にスナイパーライフルとマシンガンで出撃.しかしFCSを遠距離用にするのを忘れていて遠距離からの狙撃ができず,接近してからの攻撃になったので1機破壊しそこなってしまった.その後ACが登場したがなぜか棒立ち状態だったので簡単に撃破して,ミッションクリア.

本日の成績:
ミッション 成功2失敗4 合計成功32失敗14,成功率69%
アリーナ 1戦1敗 合計10戦5勝5敗

今回はぼろぼろの成績だな.事前にマップがわかっていたらできたのになぁというのもあるけど.
あと上位ランカーにちっとも勝てる気がしない.3(SL)までは重装タンクにチェインガンとマシンガンをつかえばかなりいけたのにな.はい修行が足りないだけです訓練しよう.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛と追憶の日々(1983 アメリカ)

ある母と娘のつながりの深さを描いた話.
まるっきり友達のような関係の母娘のようすは本当に楽しそう.隣の宇宙飛行士も面白いキャラクターで印象に残る.
でも,母と娘はよろしくやってるんだけど,娘の亭主と子供が娘の自分勝手をかぶってしまってかわいそうに思える.
そういうことで,最後まで楽しめたはしたのだがなんだかひっかかるところがあった.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイヴンふそうの日記9

[アーマード・コア ネクサス のプレイ日記]

アリーナでランカー,エヴァンジェと対戦.肩チェインガンとマシンガンで出撃.よく跳び回るのでタンクではサイトに捕らえるのが大変だ.敵のAPを21まで減らしたけど負け.

地下の防衛砲台の破壊のミッション.肩パルスキャノンとレーザーライフルで出撃.水中の地雷が見えずにたくさん踏んでAPが1/3ほどになったが,なんとかクリア.
補給基地の制圧のミッション.基地の中央部で集中攻撃を受けて発熱でエネルギー切れになった.しばらく攻撃不能になってあせったが,敵は射線の中に味方がいてもかまわず発砲するので,位置取りでかなり同士討ちさせた.エネルギーが回復したところで残敵を掃討してクリア.
テロリスト残党の掃討のミッション.エネルギー切れに懲りたので肩パルスキャノンとマシンガンで出撃.下り坂を降りているときに突然視界が真っ暗になってミッション失敗.地割れに落ちたのだが全く気がつかなかったよ.
谷間の残党掃討のミッションをクリア.橋の上に下ろされたから谷に落ちたらミッション失敗かな,と思ったけど落ちても底があってミッション継続できた.スナイパーライフルだったらもっと楽にクリアできたかも.
地下倉庫の残党掃討のミッションをクリア.腕パーツもらった.
戦車部隊掃討のミッション.砂漠だから見通しはいいのかと思ったら砂丘があってあまり良くない.結構な数が出てくるので囲まれないように攻勢に出てクリア.
また戦車部隊掃討のミッション.さっきのとは場所が違う.戦闘していたら夜になった.そんなこと聞いてなかったが,万能頭のおかげで混乱せずにクリア.

アリーナでランカー,轟と対戦.タンク対タンクだから火力勝負だ,ということで両肩レーザーキャノンで出撃.1発はずしたが,5発で撃破.5,000以上も攻撃力があるのに4発も耐えることにビックリ.

本日の成績:
ミッション 成功6失敗1 合計成功30失敗10,成功率75%
アリーナ 2戦1勝1敗 合計9戦5勝4敗

重装タンクばかり使っているとあまり操作の練習にならないような気もするけれども,とりあえず1周終わってパーツがある程度そろうまではこのままいこうかな.パーツがよければ2脚でも活躍できるかもしれんし.あ,なんか後ろむき…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットワーク(1976 アメリカ)

ノイローゼでおかしくなったのに,視聴率至上主義のテレビ局に翻弄され続けたニュースキャスターの話.
視聴率のためなら番組の内容も出演者の健康も一顧だにしないテレビ局の重役たち,テレビの番組に影響されキャスターのいわれるままに叫び続ける視聴者たちなど,現実にも本当にありそうだと思わせるリアリティがあった.設定はコメディにもなりそうな内容なのにあくまでもシリアスに描いているので,一見笑えるようなシチュエーションでもとても恐い.番組はどんどん宗教がかっていくし.さらに恐いのが,テレビ局の意向に沿わない主張をしたキャスターを,会長が洗脳してしまうところ.ほんとに映画の中だけの話だよね?
ホンネをぶちまけるとうたっている番組でも実情はこんなもんなんだと思わせる.“テレビで放送されるものはウソばかり,真実は個人個人の中にある”とはキャスターの主張.でもこの主張自体も鵜呑みにせずによく考えなきゃ.そういう話でした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイヴンふそうの日記8

[アーマード・コア ネクサス のプレイ日記]

ネクサスはミッションに失敗してもそこそこの報酬が出る.機体被害と弾薬を節約するとミッションを失敗しても黒字になったりする.もしかしたら出撃だけして戦闘する前に任務放棄しても,結構稼いで進めるんじゃないかな.まあゲームとしては面白くなくなるからふそうはしないけれど.

武装列車を破壊するミッション.前回失敗したミッションの続編.違いははっきりわからないが敵の守備隊の数が少ないようだ.今回はスナイパーライフル装備で出撃.武装列車のキャノン砲の射程の外から狙撃して破壊,ミッションクリア.

アリーナでランカー,ムニールと対戦.肩チェインガンとマシンガンで出撃したのだが,FCSが遠距離用のままだった.終始跳ね回る敵に翻弄されつつも,火花が散るほどには敵を追い詰めたが,至近距離で拡散ビームを喰らって逆転負け.

新型ACのテストのミッション.横には動くが縦にはほとんど動かない敵なのでマシンガンで簡単に撃破してクリア.
レイヴンランクが20位になった.ご褒美にエネルギーシールド拡大のオプションをもらった.
車両の脱出の護衛のミッションをクリア.パルスキャノンとレーザーライフルで出撃.敵は護衛対象を囲むように出現しているが,数が少なくタンクタイプでも全機撃破に十分間に合った.
クレスト専属AC消去のミッション.アグラーヤというランカーではないレイヴンが対象.肩チェインガンとマシンガンで出撃.敵はこちらの後ろに回り込もうとするので,屋上の角を背にするとあまり動き回らなくなった.そこを一気に攻撃して撃破,ミッションクリア.
ミラージュから貢献の褒美として両肩ブースターをもらった.
新型ACの再テストのミッション.先ほどの新型ACと何が変わったのかよくわからなかった.戦闘の展開もあまり変わらずマシンガンで撃破してクリア.

本日の成績:
ミッション 成功5 合計成功24失敗9,成功率72%
アリーナ 1戦1敗 合計7戦4勝3敗

ミッションは順調にクリアできたけど,アリーナの成績は重装タンクを使っているくせにピンチだな.修行しなきゃ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイヴンふそうの日記7

[アーマード・コア ネクサス のプレイ日記]

ネクサスはミッションに失敗してもどんどん話が進んでしまう.高難易度のミッションではまり込んで先に進めなくなったりしないからそれはそれでストレスが溜まらずいいのだが,つまらないミスでミッション失敗した場合やり直したくてもできない(時々同じようなミッションが出る場合もあるが,設定が少し変わっているようだ)のでちょっと不満の時がある.ロードしてやり直すという手もあるがそれはやりたくないし.まあワガママなグチだから読み流してくれい.

では今日のプレイ.
列車を破壊するミッション.2つの橋の相手側に列車が通るので遠距離から狙撃すればいいやと思っていたら,周りの護衛ばかりロックオンして列車自体にはロックオンせず,あれよあれよと逃げられてしまった.相手側の橋に飛び移るべきだったかな.ミッション失敗.
ECMミサイルのテストのミッション.デコイをたくさん持っていってクリア.数発ミサイルを喰らったがボーナスを5万以上もらえた.
輸送機編隊を迎撃するミッション.えらくたくさん敵機が飛んできてパルスキャノンとデコイが弾切れした.レーザーライフルでも撃墜できたのであまり問題にはならなかったけど.ボーナス合わせて10万以上かせいでクリア.
地下の防衛線の死守のミッション.てっきり防衛線の手前で迎え撃っていると思っていたら敵がこっちに来ないうちにミッション失敗になってしまった.どこに防衛線があったのかわからない.
武装列車の破壊のミッション.先ほどの列車破壊ミッションと似たシチュエーションだったので相手側の橋に飛び移った.そうして戦っていたら突然足場が崩れて落下,まさか崩れるとは思っていなかったので呆然としながらミッション失敗.

本日の成績:
ミッション 成功2失敗3 合計成功19失敗9,成功率67%
アリーナ 0戦 合計6戦4勝2敗

今日はミッションの状況が把握できずに失敗が多かったので.なんか悔しい.

| | コメント (0) | トラックバック (103)

レイヴンふそうの日記6

[アーマード・コア ネクサス のプレイ日記]

お金もそれなりにたまって,1機ぐらいは自由にアセンブルできるようになった.現時点での愛機は重装甲タンクタイプ.武装は,チェーンガンとマシンガンが使いにくくなったので,肩パルスキャノンと右腕レーザーライフル.左腕は実弾装甲にした.

新型ECMテストのミッション.対ECM能力はBしかなかったが,あいては弱いMTが数機だけなので非常に楽にクリアできた.
生物兵器の排除のミッション.虫兵器の駆除はもう3回目.ダニみたいな奴がたくさん上からポタポタ落ちてくるのは気色悪いが,地上での動きは遅い(たまにジャンプしてくるが)ので対処は楽.大きく外側を回るようにしてパルスキャノンを撃ち込みまくった.調子に乗りすぎて一時エネルギー欠乏で攻撃不能に陥ったが,虫も体当たり攻撃しか能がないので追いつかれなければどうということもない.最後高いところに残った虫を退治するためにジャンプするのがきつかったが無事クリア.

本日の成績:
ミッション 成功2 合計成功17失敗6,成功率73%
アリーナ 0戦 合計6戦4勝2敗

今回は眠かったのでミッション2つだけ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動く模様は本当にあった!

空からアポロ: 模様が動いてる(汗)。。。 に反応しちゃう.

動くように見える模様というのが実際にあります.錯視の一種らしいです.

↓こちらのページでは北岡明佳という方がいろいろな錯視図形がたくさん発表されています.
北岡明佳の錯視のページ

これら模様をみていると目がぐるぐるしてきて,なんか魂だけどっかに飛んでいきそうな気がします.人間の目って本当に不思議です.

| | コメント (1) | トラックバック (1)

レイヴンふそうの日記5

[アーマード・コア ネクサス のプレイ日記]

あいた.フリーズしました.新型MTの再テストのミッションで,敵MT3機を破壊した後のアナウンス中に熱暴走で自爆したら固まりました.スタートボタン以外のキーは効かず,スタートボタンを押したら STAND BY と表示が出て2組の数字がカウントアップするだけの画面になって,そのままどのキーも効かなくなりました.セーブせずに進めていたのでやり直しです.
では,何事もなかったようにプレイを始めます↓

ACの戦闘テストのミッション.ふそうは相変わらず機動がへたくそなのでバズーカを喰らいまくり.いいとこなしで敗北,ミッション失敗.

あまりにミッション失敗が多いのでアセンブリをタンク脚,肩チェーンガンにする.防御力を上げてやられる前にやるタイプだ.でも,今作はリロードするようになったのでチェーンガン,マシンガンは前作に比べて使いにくくなっているのがざんねん.

電力施設を破壊するミッション.施設内は電磁波に満ちているのでロックオンが阻害される.ぐるぐる回っているヤツをある程度破壊すればおさまるのだが,その間に壁面の砲台に撃たれまくるのがつらい.結局途中で力尽きてミッション失敗.
新型MTのテスト,夜間の都市への侵入者の排除のミッションを,こちらがやられる前に全機破壊してミッションクリア.

アリーナでランカー,コープス・フールと再び対戦.コープス・フールはパワーアップしていないので前回と同じようにマシンガンで撃破.

ここで同じ失敗をしないように一度中断.
新型MTの再テストのミッション.グレネードを受けてもかまわず肩チェインガンと左マシンガンで強引に敵を撃破,今回は熱暴走で自爆することなく.ミッションクリア.
人工島の上で調査部隊のヘリを排除するミッション.ヘリを狙うために上を向いて戦っていると突然画面が暗転.島から落ちて水没したらしい.ミッション失敗.

アリーナでランカー,コープス・フールと三度対戦.コープス・フールはやっぱりパワーアップしていないので前々回と同じようにマシンガンで撃破.

燃料施設の防衛ミッションをクリア.敵はそれほどすばやくないので落ち着いて攻撃すれば燃料タンクを誤射することはなさそう.といいながら1~2個破壊してしまったが.報酬に4脚のパーツがもらえた.

本日の成績:
ミッション 成功4失敗3 合計成功15失敗6,成功率71%
アリーナ 2戦2勝 合計6戦4勝2敗

なかなか弾をかわすぐらいまで操作が上達しないので,お金をためつつ重装甲タンクを作ることにした.初回プレイはこれでクリアを目指すことにしよう.ヘタれモードですまん.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイヴンふそうの日記4

[アーマード・コア ネクサス のプレイ日記]

まだまだ操作はぎこちないが,そろそろミッション中心にプレイすることにする.

MT工場を占拠したテロリストを排除するミッション.敵MTや自律兵器の多いこと.レイヴンふそうは敵の攻撃がまともにかわせない.最後の部屋らしきところまではたどり着いたが,そこでたくさんの敵に蜂の巣にされてミッション失敗.持ち金が一気に赤字に.

レーザーライフルではサイトが狭くまだうまく使いこなせないので,右手装備をマシンガンにした.
アリーナでランカー,コープス・フールと対戦.ECMでこちらのロックオンを妨害してくるが,機動や攻撃はそれほど激しくないので,ある程度の距離を保つようにしてマシンガンで撃破.

MT輸送部隊を襲撃するミッション.相変わらず敵の攻撃がほとんどかわせないのでつらい.とくにがけの上からミサイルを撃ってくる2機のMTが鬱陶しい.最後の1機まで追い詰めたが機体が持たずミッション失敗.
生体兵器のテストのミッション.持ち金が足りないので使ってない装備を売り払って対生体兵器装備を整えてミッションを受け,クリア.テストのミッションは修理費と弾薬費が依頼主持ちなので気が楽だ.このミッションは生体兵器をロックできるヘッドを装備していれば楽勝じゃないかな.
MTスナイパーを排除するミッションをクリア.右手武器にレーザーライフルを装備して出撃.遮蔽物に身を隠しながら武器だけ出して敵MTを倒していった.橋の間をブースター飛び越えるときはひさしぶりなので緊張した.
自律兵器のテストのミッション.頭の上空高く動き回る敵を狙うのが難しい.無駄弾が多すぎてレーザーライフルが弾切れした.その後は小型ミサイルで攻撃したのだが,この敵にはミサイルがぜんぜん当たらなかった.結局なすすべがなくなりミッション失敗.

アリーナでランカー,フラージルと対戦.レイヴンランクが高い敵なので両手マシンガン装備にして出撃.まだジャンプ移動がうまくできないので敵のグレネードがぜんぜんかわせない.ほぼ全弾喰らってあえなく敗北.

植物プラント破壊のミッションをクリア.入り口にランカー AC がいたが,ほとんど動かないので両手マシンガンで楽に倒せた.プラント内は高熱なのでラジエターがある程度よいものじゃないと危ないかも.
夜間作戦のテストのミッションをクリア.夜間スコープ付のヘッドがあれば,敵MTは数も少なくたいして強くないので楽勝だった.

アリーナでランカー,アモーと再戦.アモーの機体はかなり性能が上がっているようで,動きもかなりすばやくなっている.こちらがジャンプに失敗して硬直している隙をロケットをバシバシ連続で当てられて惨敗してしまった.

ショップに新製品が追加された.ミッション成功率がよくないのであまり買えないが,お金がある範囲で少しずつパワーアップするしかないな.

本日の成績:
ミッション 成功4失敗3 合計成功11失敗3,成功率78%
アリーナ 3戦1勝2敗 合計4戦2勝2敗

昨日までは調子よかったが,今日は失敗ばかりだな.早く腕を上げないと,こんな調子ではどこまでクリアできるか不安だらけだ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男と女(1966 フランス)

妻を失ったレーサーの男と夫を失った映画スタッフの女の恋の話.
何気ないシーンや会話が多いのだが,突然過去の思い出がフラッシュバックしたり現在の離れている相手の様子がカットインしたりして二人の思いが表されているのが,なにか説明が難しいのだがとにかく雰囲気がとてもいい.
話は単純で展開ももどかしいがラスト付近の展開がスマートに収まり,全体的に美しい音楽と映像で見終わった後おしゃれな気分になる.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイヴンふそうの日記3

[アーマード・コア ネクサス のプレイ日記]

爆撃機から駐屯地を守る,ミサイルの試験,輸送部隊の襲撃のミッションを受けて無事クリア.ミサイルの試験ではデコイを積んでいけば楽勝.このミッションでランカー30位になることができ,お祝いにデコイが支給された.
都市からテロリストを掃討するミッションが,なぜかほかのミッションの3倍ぐらいの報酬があるので気になる.敵戦力も unknown になっているし,高難度のミッションだろうか.しかしふそうはまだへたくそレイヴンなので,思わずこのミッションは避けて後回しにしてしまう.
ショップにキサラギの新製品追加,といっても腕シールド1種だけ.

駐屯地で相手の雇ったランカー,デューク・スキュータムと戦うことになった.序盤ははなれてレーザーライフルを撃ち合っていた.敵のAPが半分ぐらいになったところで一気に勝負をつけるために格闘を仕掛ける.ブレードは敵に当たったのだが,反撃をもろに喰らってこちらのAPが一気に約500にまで減らされた.ヘボヘボですな.あわてて距離を離してまたレーザーの撃ち合いに戻り,なんとかやられる前に敵を倒すことができた.今回はミッションで倒したランカーもランカーリストから消えないみたいだ.

今日はミッション4つ成功,なかなか順調.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンセット大通り(1950 アメリカ)

売れない脚本家が,過去の栄光にのみ生きる大女優が書いた脚本の手直しを依頼され,彼女に束縛された生活を送る話.
はじめから奇妙な雰囲気で登場する元大女優とその執事.すでに過去の人になっている元大女優がいまだに傲慢に振舞う様子や,過去に自分の出演作ばかり自宅で上映している様子は,哀れではあるのだがそれ以上に醜悪で不気味だ.さらに途中で明かされる執事の正体はよりいっそう不気味さを盛り上げる.結末ははじめに語られているが,ラストの展開は予想以上に狂気的で哀れであり,とても印象に残るシーンだった.
後で調べてみると,作中の人物と同じような境遇の俳優を使っているということで,その点もかなり驚かされる.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

レイヴンふそうの日記2

[アーマード・コア ネクサス のプレイ日記]

テストモードで操作をひたすら練習.
まだまだ新操作法に慣れていない.ジャンプ/ブースターがL2ボタンなのだが,左の中指でブースターの調節は難しい.すぐドスンと着地して硬直してしまう.ジャンプ移動ぐらいは早く身に着けたいな.

少しだけミッションも進める.びくびくもので出撃.まるで初めてこのシリーズをやったときのようだ.
ヘリから駐屯地を守るのと,集積所の物資破壊のミッションは無事クリア.そのあいだにジェネレータ,ラジエータ,ブースターをちょっといいやつに替えて少しパワーアップ.ついでに弾代節約のためにレーザーライフルを買った.
その後ランカー,アモーと対戦.距離をとって相手のロケットをかわしながら,ミサイルとレーザーライフルでちくちく攻めて倒した.かなりしょぼい戦い方だがヘタなりにがんばったからまあ許してくれい.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイヴンふそうの日記1

[アーマード・コア ネクサス のプレイ日記]

アーマード・コア ネクサス”買っちゃったんだが…

スティックでプレイする新操作方法が難しい.似たような操作方法のゲームは“THE 地球防衛軍”しかやったことがないし,またそれに比べて自機のスピードがぜんぜん違うから戸惑ってしまう.そうはいってもボタン式の操作方法でも,アーマード・コアシリーズをプレイするのは久しぶりでもともとそれほどうまくもなかったので,ぎこちない動きしかできずたいした違いはないのだが.そういうことだから,このさい推奨なのであろうスティック式の新操作方法でプレイしていこうと思う.

操作方法を一通り確認し,テストモードを十数回繰り返してある程度動かせるようになってから,ミッションに挑んでみる.さすがに初ミッションは簡単にクリアできたが,敵の弾がほとんど当たっていたり,移動中に視界があさってのほうを向いたり,不安事項がいっぱいだ.

なんだかゲームクリアまで挫折せずにプレイできるか心配になってくるが,とりあえず操作に慣れるようぼちぼちやっていくつもり.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百度捜索

■私設伏魔殿■: いったいこれはどこの検索エンジンだ。 に反応しちゃう.

百度捜索 って中国最人気の検索エンジンらしいです.
中国:Web検索で百度がGoogleを抑えて首位 (中国情報局)

うちのアクセスはこれのおかげで現在約1/4が百度捜索からなのですが,イヤなキーワードでいっぱいです ┐(´ー`)┌

| | コメント (2) | トラックバック (1)

自分なりの“専用”スタイル

テンプレートビルダーで遊んでます.
簡単にスタイルが変えられて面白い.
春らしくピンク色にしてみました^^;

続きを読む "自分なりの“専用”スタイル"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふそう艦隊戦闘日誌 その48

[PS2版 鋼鉄の咆哮2 ウォーシップコマンダー のプレイ日記]

駆逐艦“雷鳴”の対超兵器テスト第3回.
今回の初めの相手は超巨大航空戦艦“ムスペルヘイム”.航空戦艦モードを撃破するまでに航空機とレーザー兵器で従属艦のミサイル駆逐艦が1隻やられてしまう.このあたりまで来ると駆逐艦の従属艦は簡単に沈められてしまってあまり役に立たない.“雷鳴”も多少のダメージを受けるが3割程度のところで“ムスペルヘイム”を完全に撃破した.
超巨大双胴戦艦“ハリマ”戦.“ハリマ”の巨砲はかなり強力で,従属艦はあっという間に2隻沈められてしまう.“雷鳴”は巨砲をかわすためと片舷にダメージが集中しないように船体を左右に大きく振りながら戦い,瀕死の状態で“ハリマ”を撃破した…のだが,副目標を欲張ってしまい,地上砲台のミサイルを喰らって撃沈された.その後2度再挑戦したが,あえなく返り討ちに.4度目にやっと“ハリマ”を再び撃沈した.やはり“雷鳴”は瀕死になり従属艦も全滅したので,今度は欲を出さずに戦場を離脱して任務達成.
つぎは超巨大ドリル戦艦“アラハバキ”戦.はじめにいる雑魚は相手にせず真っ先に“アラハバキ”を目指す.ドリル攻撃を受けないように“雷鳴”を“アラハバキ”の後部につくように操艦したのだが,単従陣を組んでいたので従属艦2隻がドリルをかわしきれずに沈没.ドリルを受けなくても“アラハバキ”のガトリング砲は強力だったが,なんとか耐久力を4分の1ほど残して撃破することができた.雑魚掃討時は耐久力が心配だったが,たまたま修理コンテナが連続して出現したのですべての副目標を達成することができた.
そして超巨大ドリル戦艦“アマテラス”戦.多弾頭ミサイルとガトリング砲が非常に強力で,舷側の一方が見る見るうちに削られてあっという間に沈められてしまう.4~5回挑戦してみたがどうも駆逐艦“雷鳴”では到底倒せそうになかった.
というところで,駆逐艦“雷鳴”の対超兵器テストは“アラハバキ”撃破まで達成となった.防御重力場がもっと性能のよいものが手に入れば“アマテラス”も倒すことができるかもしれないが,ないものは仕方ないので今のところはこれでよしとしよう.

--

さて,長いこと“ふそう艦隊戦闘日誌”を続けてきましたが,ネタもなくなり内容がマンネリ化してしまっているので,思い切って今回で最終回にしようと思います.おつきあいいただきありがとうございました.

[詳細データ]
タイトル:鋼鉄の咆哮2 ~ウォーシップコマンダー~
ジャンル:アクションシューティング
メディア:PS2 DVD-ROM
発売元:コーエー
価格:6,800円
公式サイト:鋼鉄の咆哮2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログプロにしてみた

6月末まで無料ということで,とりあえずココログプロを体験してみることにした.
さっそくデザインをいじってみたのだけれども見にくくなっていないかな?
テンプレートビルダーをいじるだけでも結構遊べるな.
ついでに記事作成のテスト.意味なく続きをつけてみました.

続きを読む "ココログプロにしてみた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふそう艦隊戦闘日誌 その47

[PS2版 鋼鉄の咆哮2 ウォーシップコマンダー のプレイ日記]

“ドレッドノート”に苦戦したので,駆逐艦“雷鳴”の対潜能力を強化する.

駆逐艦“雷鳴”(駆逐艦IV) 概要
兵装:80cm噴進砲2基,60cm噴進砲1基,
   20cm12連装噴進砲8基,対潜ミサイル発射機1基,
   3連装40mm機銃12基
機関:駆逐ボイラーεx2,駆逐用タービンεx2,約57ノット
装甲:甲板対10cm砲,舷側対15cm砲,完全防御
補助:自動装填装置γ,電波照準儀α,発砲遅延装置V,新型探信儀α,
   電磁防壁VI,防御重力場VI,謎の装置α

対潜ミサイルVLSを積みたかったのだが船体の都合で積む場所がないので対潜ミサイル発射機を装備する.防御区画が64%と広めになったが,“雷鳴”は装甲が薄いのであまり影響はない.クラスター爆弾発射機を60cm噴進砲に置き換えるとかなり重量に余裕が出た.それで舷側装甲が強化でき,また謎の装置αを積むことができ,さらに速力もアップした.

駆逐艦“雷鳴”を改装したところで対超兵器テストの続き.
まずは超巨大潜水戦艦“ノーチラス”だが,対潜ミサイルを使用することで意外と早く浮上させることができた.“ノーチラス”が浮上したところに80cm噴進砲を何発か打ち込み,けっこうあっけなく撃破した.
超巨大爆撃機“アルケオプテリクス”戦では対空力強化のため,従属艦にミサイル駆逐艦3隻で出撃した.出撃した後で気がついたのだが,大型噴進砲は対空攻撃ができず大火力が生かせない.そのため戦闘は長引き従属艦を2隻沈めらた.それでも“アルケオプテリクス”の進路を先読みし,真下からの多連装推進砲と従属艦の対空ミサイルでなんとか撃墜することができた.
次は超巨大双胴強襲揚陸艦“デュアルクレイター”戦.従属艦をレーザー駆逐艦2隻とミサイル駆逐艦1隻に戻した.“雷鳴”は水上艦に対しては大型戦艦並みの攻撃力を発揮するので“デュアルクレイター”を簡単に撃破できた.
超高速巡洋戦艦“シュトゥルムヴィント”戦.攻撃力の高い兵器を当てると“シュトゥルムヴィント”の高起動をとめることができる.そのまま攻撃し続けて撃破.
次の超巨大レーザー戦艦“グロースシュトラール”戦では,前哨に大量の敵巡洋艦が艦隊をなして出現し,すさまじい魚雷攻撃をしてくる.“雷鳴”の機銃だけでは迎撃は間に合わず,多数の魚雷を始末できずに従属艦を1隻失う.“グロースシュトラール”と直接対決ではレーザー兵器で従属艦をさらに1隻失い“雷鳴”もかなりのダメージを受けたが,なんとか“グロースシュトラール”を先に沈めることができた.
超巨大未確認飛行物体“ヴリルオーディン”戦.従属艦にミサイル駆逐艦3隻に変更.1度目の対戦ではこちらが全滅させられてしまった.2度目は駆逐艦“雷鳴”の対潜ミサイル発射機を多目的ミサイル発射機に換装して出撃したが,機関損傷を喰らって“ヴリルオーディン”に接近できないままやられてしまった.3度目の対決でも“雷鳴”はかなりのダメージを受けたが,なんとかうまく“ヴリルオーディン”の真下に回り込むことができ,多連装推進砲を大量に直撃させて勝利した.

これで駆逐艦“雷鳴”はエリアDまでの超兵器をすべて撃破できた.エリアEからの超兵器は大型戦艦でも撃破が難しくなってくるが,どこまで倒すことができるかな.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふそう艦隊戦闘日誌 その46

[PS2版 鋼鉄の咆哮2 ウォーシップコマンダー のプレイ日記]

80cm噴進砲が2つになったので,久しぶりに駆逐艦を造ってみる.

駆逐艦“雷鳴”(駆逐艦IV) 概要
兵装:80cm噴進砲2基,クラスター爆弾発射機1基,
   20cm12連装噴進砲8基,拡散対潜ロケット1基,
   3連装40mm機銃12基
機関:駆逐ボイラーεx2,駆逐用タービンεx2,約52ノット
装甲:甲板対10cm砲,舷側対12cm砲,完全防御
補助:自動装填装置γ,電波照準儀α,発砲遅延装置V,新型探信儀α,
   電磁防壁VI,防御重力場VI

船体が駆逐艦Vでないのは旧日本海軍艦艇の雰囲気がほしかったからなのだが,そのため甲板の高さが低すぎて対潜ミサイルVLSを積む場所がなくなってしまった.装甲が紙のように薄いが防御重力場があるのでそれなりになんとかなるだろう.補助兵装を6つしか積んでないのは重量に余裕がないからだ.でも発砲遅延装置はいらないような気もするな.

エリア*Bでちょっと試してみる.従属艦はレーザー駆逐艦2隻とミサイル駆逐艦1隻を使う.やはり80cm噴進砲の威力はすさまじく,敵が巡洋艦以下なら一射,戦艦でも2~3射撃で撃沈することができる.クラスター爆弾発射機や20cm噴進砲も副兵装としてなかなか役に立つ.対空攻撃力が乏しいので航空機相手には苦戦しがちだが,後半エリアでない限りそれほど激しい航空攻撃はないし,どのみちこのクラスの艇では後半エリアの敵水上艦の攻撃に耐え切るほどの耐久力もないのでこんなもんだろう.

ついで超兵器でテスト.超大型高速巡洋戦艦“ヴィルベルヴィント”は一瞬で海の藻屑にしたが,超大型潜水戦艦“ドレッドノート”には大苦戦.唯一の対潜兵器の拡散対潜ロケットがなぜか“ドレッドノート”にあたらない.至近距離でも発射したロケットがみんな手前で水没してしまうのだ.これではさすがに勝てないので,2戦目には拡散対潜ロケットの代わりに新型対潜ロケット2基を使用すると,“ドレッドノート”にちゃんと攻撃できるようになった.対潜ミサイルと違い対潜ロケットは攻撃力がかなり低いので“ドレッドノート”を浮上させるまで大分時間がかかったが,浮上させてからは噴進砲の集中射撃で“ドレッドノート”をあっという間に沈めることができた.

“ドレッドノート”にこれだけ苦戦しているので“ノーチラス”にはちょっと勝てそうにないな.でもそれを考えるのはまた今度にする.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦艦バウンティ号の叛乱(1935 アメリカ)

18世紀末実際に起こったイギリス軍艦バウンティ号の反乱事件の顛末を描いた話.
人間を規律に従わせるのは難しい.バウンティ号の船長ブライは厳罰のみによって船員を従わせようとして反乱の憂き目を見た.これは現代の社会や組織の管理にも通じる問題だ.一方,反乱を起こしたクリスチャンたちも幸せに暮らせたわけではなくイギリスの追討隊におびえてすごすことになったというのが,いろいろと考えさせられる.
しかし,ブライ船長は悪役として描かれているのだが,海の真ん中にボートで放り出されても生還したり,パンドラ号を失うまでクリスチャンを追い回すなど,その執念深さのすごさにある意味感動した.
あと,タヒチが地上の楽園のように描かれているのだが,そういう資本主義とは対極に当たる世界に憧れを抱きそしてまた文明というもので侵していることを考えると,すごく複雑な気持ちになるな.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手錠のままの脱獄(1958 アメリカ)

事故を起こした護送車から手錠につながれたまま脱走した白人と黒人の二人の囚人が衝突したり協力しながら逃走する話.
互いに嫌っていた2人が一緒に逃亡している間に友情が生まれるという展開は今となってはありきたりだが,その分非常にシンプルでわかりやすい.黒人差別や移民差別があまり押し付けがましく描かれていないのもいい.リンチをしようとする南部の住民や,他人を罠にはめてまで逃げようとする母親など,犯罪者ではない人間の闇の部分も考えさせられる.
しかし,追跡側の保安官は終始のんびりしたかんじだったが,はじめからなにか深い考えがあったのかな.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビの修理

ここえふうそに危機が訪れた.

テレビが調子悪い.右のスピーカからの音が途切れる.S端子入力の映像が途切れる.うちのテレビは買ってからかれこれ10年になるものなのであちこちガタがきているのだ.
ふそう自身は一時期テレビのない生活をしたこともあるのでテレビがなくても平気なはずだと思うと自分で言っているのだが,ここの blog はテレビがなくなるとネタがほとんどなくなってしまう!

というわけでテレビをあけてみる.
故障箇所を調べるとヘッドホンジャックとS端子コネクタの端子の半田のひび割れだった.これなら自分で直せる.修理といっても半田がひび割れているのを溶かして流しなおすだけだ.久しぶりに半田ごてを持ち出してちりちりと半田を流してやる.うまく直せたようだ.

こうしてえふうその平和は守られたのであった;P

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふそう艦隊戦闘日誌 その45

[PS2版 鋼鉄の咆哮2 ウォーシップコマンダー のプレイ日記]

戦艦“無双”でまったりプレイ中.やっていることは破壊の限りを尽くしているのにまったりってのも変かな.まあゲームと現実をちゃんと分けて認識できているってことで,まけといてくれい.

部品の集まり具合についてのつづき.船体はあと双胴戦艦と超小型駆逐艦が手に入ればすべて揃う.機関はギリシャ文字バージョンの種類はだいぶ揃ったが,数がぜんぜん揃っていないのでまだ実際に使えない.補助兵装も結構隙間があるなぁ.謎の装置ζ,お守り装置がもっとたくさんほしいな.従属艦は隙間だらけだけど,あんまり役に立たないからどうでもいいや.
あらためてチェックしてみると,手に入っていない部品はまだまだたくさんあるな.撃破ボーナスやサバイバルモードのボーナスで手に入る部品は通常ステージのプレイで手に入るのかな? 超兵器なんてまだ75回しか撃破していないのに999回なんて気が遠くなりそうだ.

今回は内容が全然ないな,どもすまん.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の仕事中の怒り

給排水工事かなんだか知らないが,

営業日に全館のトイレを同時に使用禁止にするんじゃねー!!

…死ぬかと思った…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふそう艦隊戦闘日誌 その44

[PS2版 鋼鉄の咆哮2 ウォーシップコマンダー のプレイ日記]

戦艦“無双”でまったりプレイ中.やっていることは言ってしまえば以前の繰り返しなので,やっている本人はサルのように楽しんでいるのだが,いざ日記に書こうとすると何も書くことが思い浮かばないので困っている.

部品の集まり具合について.砲やミサイルや機銃などは一応全種類集まった.でも長砲身の砲の数などはまだまだ不足気味.光学兵器や特殊兵器はまだ手に入れていないのがだいぶあるが,これらにはかなり手に入れにくいものがあるので仕方がないか.ねこビームがまだひとつもないのはさびしい.一方,それほどレアではないロケットや魚雷や爆雷にもまだ抜けているところがけっこうある.あまり2周目後半のエリアばかりプレイしていないで,1周目や2周目前半のエリアもプレイしなければ集まらないのだろうなぁ.

というわけで,いまはエリア*Bあたりをさまよっている.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フランス料理は食べられない

べつに高くて手が届かないって意味じゃない.わたしはフランス料理は食べられない.
正確には食べられないのではなくて,食べると必ず吐くということ.
若いころからの持病のせいもあるのだが,高脂肪の食べ物は体が受け付けないらしい.

今まで2回フランス料理のコースを食べたことがあるが,1度目は食べた後すぐにトイレで1時間ほど吐き続けた.2度目は食べた後の帰り道から気分が悪くなり,帰宅してから1晩中吐き続け,翌朝救急車で運ばれて緊急入院した.

それからもう8年ほどフランス料理には手をつけていない.おそらくもう一生食べることはないだろうと思う.

お題元:トラックバック野郎: これだけは食べられない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エロはやってないよん

百度捜索ってところでうちのページのキャッシュが壊れているようだ.
なんかエロ商品のリンク集とくっついてしまっている.
まあ気分はよくないけど,こっちには実害はないからどうでもいいけどね.

でも迷子さんに何か一言書いておいたほうがいいかな?

すいませーん,うちはエロはやってないですよー.

っても,中国語で書かないと通じないか^^;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ふそう艦隊戦闘日誌 その43

[PS2版 鋼鉄の咆哮2 ウォーシップコマンダー のプレイ日記]

重武装の戦艦ができたのならば,やはりどこまで超兵器に通用するのか確かめたほうがいいかな.戦艦“無双”で“ヴォルケンクラッツァー”三姉妹に挑戦してみる.従属艦は敵からの攻撃を受けにくい潜水艦を3隻つけた.
“ヴォルケンクラッツァー”と戦うときはいつものように,波動砲を撃たれないように敵艦の後尾に張り付くようにして攻撃.“ヴォルケンクラッツァー”,“ヴォルケンクラッツァー2”は100cm55口径砲100発たらずで撃沈することができた.
最後に“ルフトシュピーゲルング”と対戦.100cm55口径砲を撃ちつくして“ルフトシュピーゲルング”の耐久力を8割ぐらい削ったが,その後に機関損傷を受けてしまい距離を離されたところに波動砲を喰らって1度目は敗北.2度目には100cm砲を撃ちつくしたところでやはり敵の損傷は8割程度,その後41cm砲でなんとか“ルフトシュピーゲルング”に止めをさすことができた.何度か機関損傷を受けたが,受けたタイミングがよかったのか“ルフトシュピーゲルング”に波動砲発射体勢になられずにすんだ.40mm機銃だけではやはり迎撃能力が不足で,多弾頭ミサイルや特殊弾頭ミサイルを撃墜することができずに命中弾がかなり出たが,厚い装甲と防御重力場のおかげで損害は5割ぐらいでおさまった.ところで特殊弾頭ミサイルの爆発で潜水艦にダメージがあるのをはじめて知った.従属艦が1隻巻き込まれて撃沈されてしまったよ.
戦艦“無双”は弾薬が不足気味なので“ルフトシュピーゲルング”に勝つのはちょっと無理かもなと心配だったのだが,実際やってみると総火力は十分あったな.これで戦艦“無双”の対超兵器試験は合格というところで今回は終わり.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふそう艦隊戦闘日誌 その42

[PS2版 鋼鉄の咆哮2 ウォーシップコマンダー のプレイ日記]

やっぱり砲がすき! 大艦巨砲は男のロマン!! やっぱり男は巨砲でなくちゃ!!!
というわけで100cm砲装備艦を作ってみる.

戦艦“無双”(戦艦VIII) 概要
兵装:単装100cm55口径砲2基2門,単装41cm55口径砲4基4門,
   単装20cm65口径砲4基4門,単装14cm65口径砲4基4門,
   単装12cm65口径砲4基4門,対潜ミサイルVLS 8基,3連装40mm機銃12基
機関:原子炉VIIx8,標準タービンVIIIx4,約51ノット
装甲:甲板対41cm砲,舷側対61cm砲,完全防御
補助:自動装填装置γ,電波照準儀α,発砲遅延装置α,新型探信儀α,
   電磁防壁VI,防御重力場VI,謎の装置ζ

単装砲塔にこだわって,各種ふんだんに搭載してみた.見た目はなんだか古めかしい上に異様で,なかなか迫力が出たような気がする.対潜ミサイルが場違いだけど,汎用戦艦にするには対潜ミサイルVLSかαレーザーを積むしかないので仕方ない.

戦艦“無双”で試験航海.さすがに100cm砲の威力はすごい,駆逐艦や巡洋艦はともかく戦艦でも当たれば一射で撃沈できる.散布界が広いので発砲遅延装置をつけていても弾が外れることがあるのが欠点だが.あと,100cm砲は弾薬が少ないので,小艦艇や航空機は副武装に任せないとすぐ弾切れになる.砲にこだわりすぎたため,“無双”の迎撃能力はそれほど高くなく,航空機やミサイルなどはなかなか撃墜できないが,防御を厚く固めてあるのでそれほどダメージは喰らわない.かえって荘重な戦艦という雰囲気が出ていいかもしれない.
いくつかのステージで出撃してみたが,やっぱりこの艦には大艦隊戦が似合う.*G-7で敵艦隊のなかに切り込んでいき,超巨大双胴戦艦“ハリマ”と撃ち合ってこれを沈めたときはゾクゾクするほど楽しかったよ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふそう艦隊戦闘日誌 その41

[PS2版 鋼鉄の咆哮2 ウォーシップコマンダー のプレイ日記]

久しぶりに駆逐艦を造ってみようかなと思っていたのだが,取得部品を調べてみると大型噴進砲がわずかしかなかった.大型噴進砲は大型魚雷と同等の威力を持っていて弾薬数も多いので駆逐艦には最良の武装の種類だ.ウォーシップガンナーの時には大型噴進砲装備の駆逐艦で敵戦艦部隊と渡り合ったりしたので,そんな艦が造りたかったのだが.
仕方ないので今日のところは駆逐艦設計はやめにして,たまには前半エリアに部品集めに行く.エリア*Aを戦艦“くわっち”で進撃.楽勝気分でのんびりプレイしていたのだが,*A-5の敵スワンのカニ光線を喰らって従属艦のレーザーあひるが撃沈されたり,*A-7の最後の敵増援のレーザー装備艦隊に輸送艦を撃沈されたりして,ステージボーナス部品をもらい損なったこともあった.
そんなこんなでいくらか部品を手に入れたけれども,今日はめぼしいものは手にはいらなかったのが残念.ほしい部品が手に入るステージをチェックして,そのステージを重点的にプレイすれば効率いいのだろうけど,作業プレイになるのはいやだしなぁ.まあのんびりやります.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミニヴァー夫人(1942 アメリカ)

第2次世界大戦下,イギリスの田舎村の中流家庭のミニヴァー家が戦争に巻き込まれていく様子を描いた話.
新種のバラに“ミニヴァー婦人”の名がつけられる話,長男が上流階級の娘と結婚する話など,ほほえましい話が続いていたのが,急に長男やメイドの一人の夫が出征したり,主人が戦時協力で自家用ボートごと駆り出されたりと,どんどん不安な雰囲気が漂っていき,ついには大きな不幸が訪れるというその展開に引き込まれた.
しかしイギリスの国民性か田舎村という地域性か,戦時中で爆撃の被害があるにもかかわらず,結婚式をして新婚旅行にまで出かけたり,バラの品評会を大々的に開いたり,防空壕の中でも普段と変わらずお茶を飲むところは,のんきというか根性があるというか,何があってもくじけない人々なんだなと思った.
牧師の演説は今の感覚からするとあまりに戦意高揚に過ぎるかもしれないが,実際戦争の渦中にいる人々にはあれぐらいの発破で気力を奮い立たせる必要があったのかもしれない.平和の中でしか生活したことのないわたしにはよくわからないが.

| | トラックバック (0)

ふそう艦隊戦闘日誌 その40

[PS2版 鋼鉄の咆哮2 ウォーシップコマンダー のプレイ日記]

アヒル戦艦を設計してみる.この船体の外見はおまるの下の部分のような形をしている.厚みがあるので機関に原子炉を使うと,機関の上に大型兵器を配置することができる.ただ船体が極端に短いので防御区画(バイタルパート)の部分を狭く抑えるのが難しい.原子炉8基とタービン4基をつんだだけで防御区画が 55% になってしまう.このゲームでは防御区画が 54% を超えると,防御面では何のメリットもなく重量が増加して速度が低下するだけなので,できるだけ 54% にしておきたいところなのだが.
そういうわけで,装備に苦労しながら一応できたのがこれ.

戦艦“くわっち”(アヒル戦艦) 概要
兵装:αレーザーIII 4基,εレーザーIII 1基,
   対空パルスレーザー8基,25mmCIWS 12基
機関:原子炉VIIx8,標準タービンVIIIx4,約47ノット
装甲:甲板対36cm砲,舷側対51cm砲,完全防御
補助:自動装填装置γ,電波照準儀β,火器管制装置,新型探信儀β,
   収束強化装置β,電磁防壁α,防御重力場VI

敵のアヒルはリングレーザーを撃ってくるので,こちらのアヒル戦艦も光学兵器で固めてみたのだが…どう見ても弾薬が不足気味だ.後半のエリアでは使えそうにない.まあアヒル戦艦の目的はそんなところにはないからどうでもいいか.

戦艦“くわっち”で出撃してみる.従属艦はレーザーあひる,あひる,アヒルの3隻(?).“くわっち”はアヒル戦艦船体に謎の戦艦前艦橋を装備しているが,この組み合わせて出撃すると…みにくいアヒルの子ですかい!
見た目はアヒルの親子だが,“くわっち”艦隊の暴れっぷりは凶悪だ.遠距離から敵艦をαレーザーで攻撃し,生き残った電磁防御装備艦は,接近してきたところで電磁防御無効のεレーザーで始末する.この組み合わせはなかなかコンビネーションがいいな.ただ敵機にはαレーザーやεレーザーはまずあたらないので,数少ない弾を無駄撃ちしないように停止するほうがいい.
敵艦がぼこぼこ沈んでいる中,優雅に泳いでるアヒルの親子はなかなかシュールで面白かった.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨星ジーグフェルド(1936 アメリカ)

ブロードウェイでレヴューの王様と呼ばれていたフローレンツ・ジーグフェルド・ジュニアの伝記.
とにかく豪華な舞台装置とたくさんの女性をつかった舞台のシーンがすごい.とくに“ジーグフェルド・フォーリーズ”の第1作で,巨大な螺旋階段の舞台をワンカットの長回しで展開しているシーンは圧倒された.ただこの映画はモノクロなので,ぜひともカラーで見たかったな,というところがすこし残念.
あと,人間関係は多少コミカルに描かれているが,よく考えてみるとけっこうドロドロしている.お金と名声と嫉妬が絡んでいるからまあ当たり前なんだろうけど,みていて不快にならないように抑えてあるのかな.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦情が来ました^^;

見せてもらおうか, で遊んでいたんですが,知り合いから苦情が来ました.
少佐~助けてください,回避できません!

で,急遽元に戻すことにしたのですが,“専用”から直接“清流”を指定すると本文のセンタリングが外れません.ちょっとあせりましたが,“山手線”を経由するとなんとか帰ることができました.

ということで,通常運用に戻ります.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

“不審船”のプラモデルが発売?

アキバBlog(秋葉原ブログ):タミヤの新作プラモデルで「北朝鮮の不審船」が発売?
いいですねー,これ.でも 1/700 だと小さすぎるかも(w

ちなみに“不審船”を撃沈した海上保安庁の巡視船“いなさ”のペーパークラフトが
↓ここにあります.
第一管区海上保安本部:ペーパークラフトのページ

仕事場に飾ってあったりするけど内緒です.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふそう艦隊戦闘日誌 その39

[PS2版 鋼鉄の咆哮2 ウォーシップコマンダー のプレイ日記]

39回記念ということで,ちょっと重大発表を.ジャーン!
“鋼鉄の咆哮”をココログルで検索すると えふうそ しか引っかかってこない.blog searchFeedBackなどで検索してもここしか引っかかってこない.“鋼鉄2”でも“ウォーシップコマンダー”でも結果は同じ.つまり“鋼鉄の咆哮2 ウォーシップコマンダー”を取り上げているどころか触れている blog でさえ,ここ以外にはないということだ.
なんでだろ,なんでだろ? 3作品もつづいているシリーズ物だよ.対応機種が PS2 だよ.発売元が“信長の野望”のコーエーだよ.“鋼鉄の咆哮2 ウォーシップコマンダー”がこんなにマイナーなのはなんでだろ?
…でも,図らずして Only One な blog を達成しちゃったから,まあいいかヽ(´ー`)ノ

そんなことより,プレイ日記.戦艦“秋津洲”でエリア*Gの後半へ.
小型レールガンのおかげで楽勝.とくに追いかけっこのステージやもぐらたたきのステージで,射程の長いレールガンはものすごく有効だ.クリア評価のランクもSばかりいける.“秋津洲”は部品集めにはもってこいだ.*G-10までクリアして,何度目かのエンディングを見る.
レールガンや波動砲を使うと敵艦をガンガン沈めることができて爽快ではあるが,緊迫感がなくなって少し退屈になってくるのが欠点.戦艦“秋津洲”は部品集めで時々使うことにして,また別の艦を造ることにしよう.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見せてもらおうか,

新しいココログのスタイルとやらを!

“専用”です.
パオロも裸足のインパクトです.
重くても3倍速でのりきれます.
でも,カスタムチューンなので一般民(?)には扱いづらいです.

でも,初代至上主義の ふそう からすると,
赤い彗星仕様はもっとピンク色じゃないと認めたくないものだな.
これでは深紅の稲妻だ!
あ,でもライデン“専用”になるからいいのか.

人は流れに乗ればいい、だから私はこの色を選ぶ!

すみません,週末には元に戻します…

続きを読む "見せてもらおうか,"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ふそう艦隊戦闘日誌 その38

[PS2版 鋼鉄の咆哮2 ウォーシップコマンダー のプレイ日記]

戦艦“秋津洲”でエリア*Gに進攻.
自動兵装の小型レールガンと新型拡散プラズマ砲は,敵艦や敵航空機を見逃さないで撃破してくれるので非常に楽.しかしレールガンは地上目標を攻撃するときに射線がよく地形に引っかかって無駄弾を撃つのが困る.あと装弾数が少なめなので,敵の数が多いと弾切れを起こすことがよくある.弾薬補給のコンテナが都合よく拾えればいいのだが,拾えなかったときにはロケット砲や速射砲で接近戦を挑まなくてはならなくなりだいぶきつくなる.まあそれは強力な武装を使っていることとのトレードオフなので仕方ない.
ステージ*G-2で任務完了した後,敵航空母艦を全滅させてからアヒルと戯れていると,輸送艦がやってきた.それを沈めてコンテナを拾うと“特別敵兵器”というのが手に入った.ステージクリアしてから確認すると“アヒル戦艦”という船体部品があったのでおそらくこれだ.また,特別ボーナスとして“レーザーあひる”という従属艦も手に入った.これはすなわちアヒル艦隊を作れということなのだろう.
でも今日のところはステージ*G-5まで進めたところでおわり.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふそう艦隊戦闘日誌 その37

[PS2版 鋼鉄の咆哮2 ウォーシップコマンダー のプレイ日記]

いろいろ試してみた結果,戦艦“秋津洲”は次のようになった.

戦艦“秋津洲”(戦艦VIII) 概要
兵装:小型レールガン3基,新型拡散プラズマ砲1基,
   20cm12連装噴進砲30基,対潜ミサイルVLS 8基,
   新型75mm速射砲4基,25mmCIWS 12基
機関:原子炉VIIx8,標準タービンVIIIx4,約47ノット
装甲:甲板対46cm砲,舷側対61cm砲,完全防御
補助:自動装填装置γ,電波照準儀γ,発砲遅延装置β,新型探信儀β,
   電磁防壁α,防御重力場VI,謎の装置α

ロケット砲は複数同時発射できるので攻撃が派手なうえ,これだけそろえると攻撃力も高くなる(88x30=2680)ので採用.速射砲は攻撃用というよりミサイル迎撃用で採用.それに伴い収束強化装置を発砲遅延装置に置き換えた.

戦艦“秋津洲”で超兵器と戦ってみる.
“アマテラス”,“ハボクック”,“ヴォルケンクラッツァー”,“ヴォルケンクラッツァー2”は小型レールガンの連射で簡単に撃破することができたが,“ルフトシュピーゲルング”戦ではレールガンの弾薬が欠乏してしまった.その後,ロケット砲や速射砲を手動に切り替えて戦闘を継続したが,それらもすべて弾薬を撃ち尽くしてしまった.これで万事休すかとあきらめかけたところ,自動兵装にしていたプラズマ砲(後方向きで装備していたので手動では使いにくかった)が“ルフトシュピーゲルング”を撃沈してくれて,なんとか勝利することができた.

“ルフトシュピーゲルング”まで撃沈することができたのだから,空想仮想的戦艦として“秋津洲”はまあ成功かな.
というところで今日はおしまい.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »