« ココログプロにしてみた | トップページ | 自分なりの“専用”スタイル »

ふそう艦隊戦闘日誌 その48

[PS2版 鋼鉄の咆哮2 ウォーシップコマンダー のプレイ日記]

駆逐艦“雷鳴”の対超兵器テスト第3回.
今回の初めの相手は超巨大航空戦艦“ムスペルヘイム”.航空戦艦モードを撃破するまでに航空機とレーザー兵器で従属艦のミサイル駆逐艦が1隻やられてしまう.このあたりまで来ると駆逐艦の従属艦は簡単に沈められてしまってあまり役に立たない.“雷鳴”も多少のダメージを受けるが3割程度のところで“ムスペルヘイム”を完全に撃破した.
超巨大双胴戦艦“ハリマ”戦.“ハリマ”の巨砲はかなり強力で,従属艦はあっという間に2隻沈められてしまう.“雷鳴”は巨砲をかわすためと片舷にダメージが集中しないように船体を左右に大きく振りながら戦い,瀕死の状態で“ハリマ”を撃破した…のだが,副目標を欲張ってしまい,地上砲台のミサイルを喰らって撃沈された.その後2度再挑戦したが,あえなく返り討ちに.4度目にやっと“ハリマ”を再び撃沈した.やはり“雷鳴”は瀕死になり従属艦も全滅したので,今度は欲を出さずに戦場を離脱して任務達成.
つぎは超巨大ドリル戦艦“アラハバキ”戦.はじめにいる雑魚は相手にせず真っ先に“アラハバキ”を目指す.ドリル攻撃を受けないように“雷鳴”を“アラハバキ”の後部につくように操艦したのだが,単従陣を組んでいたので従属艦2隻がドリルをかわしきれずに沈没.ドリルを受けなくても“アラハバキ”のガトリング砲は強力だったが,なんとか耐久力を4分の1ほど残して撃破することができた.雑魚掃討時は耐久力が心配だったが,たまたま修理コンテナが連続して出現したのですべての副目標を達成することができた.
そして超巨大ドリル戦艦“アマテラス”戦.多弾頭ミサイルとガトリング砲が非常に強力で,舷側の一方が見る見るうちに削られてあっという間に沈められてしまう.4~5回挑戦してみたがどうも駆逐艦“雷鳴”では到底倒せそうになかった.
というところで,駆逐艦“雷鳴”の対超兵器テストは“アラハバキ”撃破まで達成となった.防御重力場がもっと性能のよいものが手に入れば“アマテラス”も倒すことができるかもしれないが,ないものは仕方ないので今のところはこれでよしとしよう.

--

さて,長いこと“ふそう艦隊戦闘日誌”を続けてきましたが,ネタもなくなり内容がマンネリ化してしまっているので,思い切って今回で最終回にしようと思います.おつきあいいただきありがとうございました.

[詳細データ]
タイトル:鋼鉄の咆哮2 ~ウォーシップコマンダー~
ジャンル:アクションシューティング
メディア:PS2 DVD-ROM
発売元:コーエー
価格:6,800円
公式サイト:鋼鉄の咆哮2

|

« ココログプロにしてみた | トップページ | 自分なりの“専用”スタイル »

ゲーム」カテゴリの記事

[鋼鉄の咆哮]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/311287

この記事へのトラックバック一覧です: ふそう艦隊戦闘日誌 その48:

« ココログプロにしてみた | トップページ | 自分なりの“専用”スタイル »