« レイヴンふそうの日記18 | トップページ | どうしてテロリストをそこまで信頼できるのか »

ミクロの決死圏(1966 アメリカ)

外側から手術できない脳出血を治療するために,縮小化されて潜水艇に乗り込み体内を冒険をする話.
未知の神秘的な世界に人間が生身で挑戦して次々に起こるトラブルに対処して目的を達成する,冒険物語はこうでなくてはと言えるぐらい楽しい映画.
現在では人体の様子もCG映像などがたくさんあったり,頭を開かずにカテーテルで脳の手術もできたりして,映像や物語としては古くなってしまっているが,そんなことは忘れてテーマパークのアトラクションのように楽しみたい.

|

« レイヴンふそうの日記18 | トップページ | どうしてテロリストをそこまで信頼できるのか »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/421338

この記事へのトラックバック一覧です: ミクロの決死圏(1966 アメリカ):

« レイヴンふそうの日記18 | トップページ | どうしてテロリストをそこまで信頼できるのか »