« とりあえず | トップページ | レイヴンふそうの日記28 »

天国から来たチャンピオン(1978 アメリカ)

天使の早とちりで肉体を失ったアメフットプレイヤーが,一目惚れした女性のために富豪の体を借りてこの世に戻ってくる話.
結構人が死んでいるんだけれども,コメディタッチで楽しくそして優しい気持ちの映画です.これも主人公ジョーのひょうきんで心優しくそれでいていつも前向きなキャラクターのおかげかな.最後はちょっと切なくなりますがきれいなエンディングで心地よく最後まで観られました.

|

« とりあえず | トップページ | レイヴンふそうの日記28 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/470231

この記事へのトラックバック一覧です: 天国から来たチャンピオン(1978 アメリカ):

» 天国から来たチャンピオン [lunatic's 映画評]
突然見たくなって衝動的に借りました。 30年くらい前の映画なんですねぇ。中に写っている人の服装や髪型に時代を感じました。そうそう、この時代はまだラムズはロサンゼルス・ラムズだったんですよね(今はセントルイス)。フットボールファンとしては懐かしい感じです。 「膝..... [続きを読む]

受信: 2005/04/18 09:03

« とりあえず | トップページ | レイヴンふそうの日記28 »