« レイヴンふそうの日記30 | トップページ | レイヴンふそうの日記31 »

オーロラの彼方へ(2000 アメリカ)

時間を越えた無線によって息子と30年前に死んだ父が協力して連続殺人鬼を追う話.
現在(1999年)と過去(1969年)が結びついてシンクロし,現在からの声が過去を変え,過去に起こった出来事がリアルタイムに現在に影響を与える,言い換えると過去を変えることができるのは現在だけ,現在を変えることができるのは過去だけ,という設定が面白い.これによってお互いに相手を助けることができるようになっているので感心する.
前半はファンタジー,後半はサスペンス,そして全体を家族愛でつつんでと,性格の異なる話がうまいバランスで結びついているのもすごい.
あと消防士の父がすごくかっこよかった.特に終盤の銃を持って立っている姿は感動的だった.

|

« レイヴンふそうの日記30 | トップページ | レイヴンふそうの日記31 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/489555

この記事へのトラックバック一覧です: オーロラの彼方へ(2000 アメリカ):

« レイヴンふそうの日記30 | トップページ | レイヴンふそうの日記31 »