« 突撃隊(1961 アメリカ) | トップページ | シャアはなぜ赤いのか »

ラスト サムライ(2003 アメリカ)

南北戦争の英雄オールグレンは日本の官軍の近代化指導のために招かれたが,勝元率いる侍部隊に敗北し捕虜となってしまう.しかし侍の村で暮らすうちにオールグレンは武士道に触れ,勝元に共感しまた自分の生きる道を見出していくという話.

侍部隊の描写がまるで戦国時代だとかいろいろ気になる点はあるけれど,全体として面白い映画になっていると思う.サムライが気高い戦士としてかっこよく描かれているだけどもうれしいじゃないですか.
あくまで主君であるエンペラーに忠誠を誓いつつ,国を憂いてサムライの魂カタナでもって奸臣大村と対決する勝元の姿はすごく心に訴えるものがあり感動した.
また,序盤の森の中での合戦や終盤の大合戦,刺客や忍者との大立ち回りなど,アクションシーンも迫力があっていい.
歴史ドキュメンタリーではないのだし考証云々など気にせず,気楽に楽しみたい映画だ.

|

« 突撃隊(1961 アメリカ) | トップページ | シャアはなぜ赤いのか »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/604599

この記事へのトラックバック一覧です: ラスト サムライ(2003 アメリカ):

» ラスト サムライ [Yasutaka's GROOVE]
2003 アメリカ 洋画 アクション 時代劇 ドラマ監督 : エドワード・ズウィック出演 : トム・クルーズ , 渡辺謙 , 真田広之 , 小雪 , ティ... [続きを読む]

受信: 2007/05/21 18:02

« 突撃隊(1961 アメリカ) | トップページ | シャアはなぜ赤いのか »