« パンフロB型日記17 | トップページ | パンフロB型日記18 »

ミスタア・ロバーツ(1955 アメリカ)

第二次大戦末期の太平洋で後方の輸送任務に当たっている米海軍の輸送船の貨物仕官ロバーツは前線での戦闘任務を望んでいたが,有能な彼を手放したくない船長にいつも却下されていた.さらに部下思いのロバーツは,傲慢で部下の事を顧みない船長と常に対立している.ある日ロバーツは部下全員の上陸許可をもらう代わりに船長に従順になることを誓わされてしまうが…という話.

水兵たちのコミカルな人情話.
どこまでもいやな性格の船長と,部下を気遣い部下に慕われるロバーツの対立は,単純なだけにわかりやすく感情移入しやすい.部下のことを思って船長に直訴していく様子は,こんな上司がいたらいいなと思わせる.そして何度か船長をやりこめるシーンでは胸がすく.
また,パルヴァーをはじめとする部下が陽気で楽しい.“スコッチ”を作るシーンや爆竹のエピソードは爆笑ものだし,病院のシャワー室を必死になってのぞいているところや,上陸して大暴れする話もほほえましい.
最後はしんみりするかと思ったら…なかなかやるね.

|

« パンフロB型日記17 | トップページ | パンフロB型日記18 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/776814

この記事へのトラックバック一覧です: ミスタア・ロバーツ(1955 アメリカ):

« パンフロB型日記17 | トップページ | パンフロB型日記18 »