« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004年6月の35件の記事

ベーシックプランに変更

たいした内容を書いているわけでもなし,デザインに凝っているわけでもないんで,プラス/プロ有料化を機会に無料プランに変更.

blog 界ではなんかちょっと嫌なことが続いてるんで,しばらくやる気も落ちたままだし.
負のオーラで申し訳ない.

| | コメント (0)

パンフロB型日記27

[パンツァーフロント B型 のプレイ日記]

ラス・エル・メダウェルのドイツ軍ミッションを再戦繰り返し中.もう何度も繰返しているのでちょっとは慣れそうなもんだけど,いまだにいつ対戦車砲に撃たれて撃破されるかわからないので緊張してしまう.

続きを読む "パンフロB型日記27"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンフロB型日記26

[パンツァーフロント B型 のプレイ日記]

フォート・カプッツォのイタリア軍ミッションをプレイ中.今日はミッション終了まで生き残れるか.

続きを読む "パンフロB型日記26"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サルバドル/遥かなる日々(1986 アメリカ)

1980年代初め,ジャーナリストのボイルは放蕩生活の末仕事と妻子を失い,報道写真で金を稼ぐために強行な軍事政権の支配下にあるエルサルバドルへ向かう.ボイルは命がけでエルサルバドルの実情を写真に収めていくとともに,現地の愛人を国外に脱出させようと奮闘するという話.

テーマは重いけれどエンターテイメント性もあって観やすい社会派ドラマ.
情勢不安の当地では軍隊が暴走し,住民が路上で処刑され教会やボランティアも襲撃されて殺害されるという衝撃的なシーンがあるが,現実でも起こっていることであり遠い世界の話ではない.大使館に助けを求めてもほぼ何もできないので自分たちの身の安全は自分たちで何とかしなければならないという状況などもよく伝わってくる.
反対派勢力や住民を虐殺する軍事政権はもちろん,豪華なホテルから外に出ずに政府の発表を鵜呑みにするジャーナリストや,共産主義化の兆候などないのにそれを恐れて政府に軍事援助を続けるアメリカ政府などの批判がこめられ,いろいろ考えさせられることが多い.
主人公は初めあまりにいい加減すぎて感情移入に時間がかかったけど,それでも政府高官などに批判をぶつける正義感は共感できるし愛人を助けるエピソードには切なくなった.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンフロB型日記25

[パンツァーフロント B型 のプレイ日記]

フォート・カプッツォのイタリア軍ミッションをプレイ中.初期配置からとっとと逃げるにしても,移動力と防御力のなさでかなり難しいな.

というわけで,イギリス軍ミッションを先にやってみる.

続きを読む "パンフロB型日記25"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠い夜明け(1987 イギリス)

1970年代後半南アフリカ共和国で,新聞の編集長でリベラルの白人ドナルド・ウッズはアパルトヘイト政策に反対する黒人運動家ドナルド・ビコと直接会い,黒人の生活の実態を教えられる.ビコの考え方に共感したウッズはアパルトヘイトの実態を世界に暴こうとするという話.

前半はビコの活動とウッズとの友情を淡々と描き,後半はウッズの黒人弾圧を世界に訴えるため国外への逃避行をスリリングに描いたドラマ.現実にあった問題を告発するだけでだけでなく,エンターテイメント性も持たせていて,重いテーマのわりに退屈にならない映画ですね.
彼らの戦いは暴力によらず,虐げられている側の意識を高めて支配側に頼らない自立した生活を目指しているので,嫌味や押し付けがなくて共感しやすい.反対に警察側の圧制は暴力的で欺瞞に満ちさらに卑怯なので,主人公たちに感情移入がしやすい.そのへんも話に思わず引き込まれる要因なのかも.

アパルトヘイトはもうすでに廃止されましたが,差別問題はまだ続いているようですし,差別は白人黒人の間にだけあるものでもないので,こういう考えさせられる映画はいいですね.ただ映画を観ただけで歴史を知った気になるのは危険なので,いろいろな資料を参照して現実を知っていきたいものです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンフロB型日記24

[パンツァーフロント B型 のプレイ日記]

フォート・カプッツォのイタリア軍ミッションをプレイ.プレイヤーが操作するのは75mm野砲3門.戦車戦ゲームでなくなってるやん.
しかも状況は非常に不利.野砲が最前線で敵戦車や歩兵の大群を迎え撃たなきゃならない.
野砲は防楯はあるけど防御力はないに等しい.戦車の機銃や歩兵の小銃で,簡単に砲の操作兵が倒れていく.戦車に攻撃して撃破できないと,反対にこちらが発見されて反撃の機銃でやられる.大群で押し寄せてくる歩兵に榴弾は効果が薄く,敵を撃退しきれない.おまけに上空ではハリケーンがいて銃撃してくる.とにかく敵に発見されるともう終わりという感じ.そりゃ野砲は本来後方から支援する兵器だから仕方ないんだけど.

この状況で生き残るにはやっぱり後退しかないのかな.でも逃げるにしても牽引車がないから非常にゆっくりとしか逃げられないんで,やっぱりつらそうだ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンフロB型日記23

[パンツァーフロント B型 のプレイ日記]

ラス・エル・メダウェルのドイツ軍がクリアできないが,べつにクリアしなくても全てのマップはプレイできるから後回しにすることにした.

パンツァーフロントB型の最後の戦場は,1941年5月15日のフォート・カプッツォ.フォート・カプッツォに向けてイギリス軍の大規模な攻勢が開始,イタリア砲兵隊がフォート・カプッツォの前面で迎え撃ち,ドイツ軍戦車隊はイタリア軍の支援に駆けつけるというシナリオ.
登場戦車は,ドイツ軍がIII号戦車G型 6両,II号戦車C型 4両,I号戦車A型 1両,I号対戦車自走砲 3両の合計14両,イギリス軍がマチルダIIA 15両.イタリア軍には戦車がない.加えて枢軸国側は装甲車や火砲と多数の歩兵,イギリス軍には多数の歩兵が登場する.

続きを読む "パンフロB型日記23"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安物買いのコレクション

現在家に集まっているのは映画のDVD.

廉価版で安く手に入るから,あれが見たいこれも見たいってどんどん買ってしまったなぁ.そんなこんなで今所有のDVD映画は416タイトル.まだ見てないのが8タイトルあるけどね.これからもまだまだ買っちゃって増えていくのは確実です.

ほとんどが廉価版で買ったからメジャーな作品ばかりで自慢できるような価値あるものはないけれど,自分が見たくて買ったんだからいいんだい.みんな何かしら好きなところがある作品ばかりだしね.

家族にも見てほしいんだけどなぁ,なぜか一緒に見てくれないんだよ,これが.

お題元:トラックバック野郎: とっておきコレクション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンフロB型日記22

[パンツァーフロント B型 のプレイ日記]

いまだラス・エル・メダウェルのドイツ軍ミッションをプレイ中.
補給車が展開する場所は見晴らしがいい所のようだ.その近くで対戦車砲を探すとたくさん見つかる気がする.今回補給車を追っていって対戦車砲を駆逐していたら作戦の3段階目の終了までいけた.
しかし作戦4段階目に三角地帯の先への進撃が始まったとたん,マチルダIIとともに新たな対戦車砲がたくさん現れて滅多打ちにあった.味方のほぼ全車両が撃破されてミッション失敗.この地帯を見渡せる地点を探さないといけないかな.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンフロB型日記21

[パンツァーフロント B型 のプレイ日記]

ラス・エル・メダウェルのドイツ軍ミッションをプレイ中.進展がないので日記も停滞中.
戦術マップで 1st Object って書かれているあたりまでしか前進できない.そこら辺に配置されている対戦車砲で友軍の特定の2小隊が全滅してしまう.
2回目に補給車が展開する丘の上あたりからたくさんの対戦車砲を見つけることができるようなんだけど,小さくてなかなかあたらない.対戦車砲への射撃は大変だ…って前にも書いたか.いまだに苦労してるよ.
自小隊が対戦車砲の破壊に手間取っている間に友軍が先に進撃していって壊滅,ミッション失敗ってな筋書き.単純に射撃が下手だから苦戦しているだけなのか,それとももっといい進撃コースがあるのか,悩ましいな.

ラス・エル・メダウェルのドイツ軍ミッションをはじめてもう1週間になるな.なんだか先も見えないので,後回しにしてほかのマップを始めようかな.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いとこのビニー(1992 アメリカ)

コンビニエンスストアの店員殺人事件の容疑者にされてしまった青年ビルはいとこのビニーが弁護士であることを知りさっそく弁護を頼むが,ビニーは弁護士になりたてで法廷に立った経験すらなかった.圧倒的に不利な状況の中,ビニーはビルと友人の容疑を晴らすことができるだろうかという話.

設定から展開がミエミエですが,それでも痛快で面白い法廷コメディです.はじめはドンくさい失敗ばかりなのに妙にのんびりムードで見ている方がハラハラするのに,後半一気にテンポが上がって爽快感も上がっていき鑑賞後はすっきりします.
主役のビニーも無能か有能かよくわからないとぼけた味があっていいのですが,彼のフィアンセのリサが,外見はバカそうに見える割に妙に知的でしっかりビニーをサポートしたり,変にギャップがあって愛しいキャラクターなのが良かったです.
容疑者になった若者2人にはかなり絶望的な状態だったはずなのに,重苦しさを感じないで気楽に楽しめる映画でした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンフロB型日記20

[パンツァーフロント B型 のプレイ日記]

ラス・エル・メダウェルのドイツ軍ミッションをプレイ中なんだけど,失敗ばかりでさっぱり進展なし.
気晴らしにほかの陣営もやってみる.

続きを読む "パンフロB型日記20"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘレン・オブ・トロイ(1955 アメリカ)

紀元前1100年,繁栄を誇る都市国家トロイはギリシャ諸国との戦争の気運が高まっていた.トロイの3番目の王子パリスは和平交渉のためギリシャに向かうが途中で難破,スパルタの王妃ヘレンに助けられる.2人はお互いに一目ぼれしてしまうが,それは戦争の回避の機会を失ってしまう禁断の愛であったという話.

トロイア戦争の逸話をパリスとヘレン(ヘレネー)のロマンスを主眼に置いて描いた映画です.そのためヘレンとパリスがかなり贔屓目に描かれている気がするけれど,それはそれで物語として整っているので十分に面白いです.
戦争シーンは,9年におよぶトロイア戦争をたった1時間に押し込んでいるので多少説明不足の感じもあるけれど,話のテンポが良く見せ場が次々に出てくるので最後まで楽しんで見れるのがいい.それにCGを使わない大部隊の戦闘はすごい迫力で,血湧き肉踊る高揚感が得られました.

個人的にはヘクター(ヘクトール)は思い入れのある人物なのでヘクターの活躍から遺体の引渡しまでじっくり描いてほしいと思うけれど,主題が違うから仕方ないかな.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンフロB型日記19

[パンツァーフロント B型 のプレイ日記]

ラス・エル・メダウェルのドイツ軍ミッションをプレイ中.陣地攻略はつらい.
道路沿いに進行すると敵の対戦車砲の有利な射線に誘導されることになる.かといって道路を外れると地雷源にはまって身動きが取れなくなる.対戦車砲を早めに発見しようと見晴らしのいいところに上がりたいけれど,そうすると反対に複数の対戦車砲に撃たれまくることがある.まあ陣地とは防御側に有利に構築されるものなんで当たり前といえば当たり前なんだが.
また,うまく対戦車砲を離れたところから発見できても,目標が小さいのでなかなか当たらない.1,000mぐらい離れた対戦車砲の防楯の上辺だけが見えている状態で,榴弾の着弾が目標の手前向こうどちら側にあったかなんて,照準画面からでは分からんよん.でもこれは腕と慣れの問題なのかな.

友軍戦車隊はあまり慎重に進撃しないようで,一つ所に複数の戦車が固まって撃破されたりしてるし,そうならないように先回って対戦車砲を掃討していかなければならないんだろうなぁ.
メルドープのドイツ軍ミッションもつらかったけれど,ラス・エル・メダウェルのドイツ軍ミッションはそれに輪をかけて苦しいです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンフロB型日記18

[パンツァーフロント B型 のプレイ日記]

次の戦場は1941年5月1日のラス・エル・メダウェル.トブルク要塞攻略のためドイツ軍とイタリア軍はメダウェル地区で攻勢を開始,イギリス軍は陣地に戦車や多数の対戦車砲で抵抗するというシナリオ.
登場戦車は,ドイツ軍がIII号戦車G型 15両,II号戦車C型 5両,III号戦車F型 5両,IV号戦車E型 2両の合計27両,イタリア軍がM13/40 2両,イギリス軍が巡航戦車マークIV 3両,マチルダIIA 2両の合計5両.それに加えて枢軸国側は多数の歩兵,イギリス軍には多数の対戦車砲と歩兵が登場する.

まずはラス・エル・メダウェルのドイツ軍ミッションをプレイ.プレイヤーはIII号戦車G型 5両を操作,のちに援軍でIV号戦車E型 1両が指揮下に入る.
地雷と鉄条網が張り巡らされ,対戦車砲が多数隠蔽された強固な陣地に侵入していくミッション.敵戦車も登場するが主に戦う敵は対戦車砲という,ちょっと地味で渋い戦いになる.うかつに前進すると隠されていた対戦車砲で不意に近距離から撃ち殺されるので,慎重に索敵と敵掃討と前進を繰返さなければならず,神経を使う任務だ.それでも前進にあまりに時間をかけすぎると友軍が先行して撃破されてしまうので,それなりに迅速に行動することも要求されるし,難しいミッションだな.
いまのところ3回挑戦して,1度目は陣地の入口付近で早々に対戦車砲で撃破され,2度目は地雷で行動不能になり車両放棄,3度目は慎重すぎて自小隊は無事だったが友軍に被害が大きくなりすぎて,ミッション失敗になった.何度か挑戦を繰返して攻略ルートを見つけるのが大変そうだ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミスタア・ロバーツ(1955 アメリカ)

第二次大戦末期の太平洋で後方の輸送任務に当たっている米海軍の輸送船の貨物仕官ロバーツは前線での戦闘任務を望んでいたが,有能な彼を手放したくない船長にいつも却下されていた.さらに部下思いのロバーツは,傲慢で部下の事を顧みない船長と常に対立している.ある日ロバーツは部下全員の上陸許可をもらう代わりに船長に従順になることを誓わされてしまうが…という話.

水兵たちのコミカルな人情話.
どこまでもいやな性格の船長と,部下を気遣い部下に慕われるロバーツの対立は,単純なだけにわかりやすく感情移入しやすい.部下のことを思って船長に直訴していく様子は,こんな上司がいたらいいなと思わせる.そして何度か船長をやりこめるシーンでは胸がすく.
また,パルヴァーをはじめとする部下が陽気で楽しい.“スコッチ”を作るシーンや爆竹のエピソードは爆笑ものだし,病院のシャワー室を必死になってのぞいているところや,上陸して大暴れする話もほほえましい.
最後はしんみりするかと思ったら…なかなかやるね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンフロB型日記17

[パンツァーフロント B型 のプレイ日記]

次の戦場は1941年4月2日のアゲダビア.アゲダビアに後退中のイギリス軍をドイツ軍が襲撃するというシナリオだ.
登場戦車は,イギリス軍が巡航戦車マークIV 16両,イタリア製M13/40 2両の合計18両,ドイツ軍はIII号戦車F型 16両,II号戦車C型 3両の合計19両.それに加えてイギリス軍側は野砲,対戦車砲,歩兵部隊,ドイツ軍には歩兵部隊が登場する.

続きを読む "パンフロB型日記17"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンフロB型日記16

[パンツァーフロント B型 のプレイ日記]

ベダ・フォムのイタリア軍ミッションをプレイ.プレイヤーが操作するのはM13/40 5両.
イタリアのM13/40 のほうがイギリス軍の巡航戦車マークIV より火力も装甲も勝っているし,登場数もイタリア軍のほうが多いから,楽勝だと思っていたらとんでもない.なんでこんなに弱いのと思うほど友軍戦車は次々に撃破される.3両の巡航戦車マークIV に10両以上のM13/40 でいっせいに攻めて,1両も撃破できずに全滅ってなんなんだ.自分で攻撃したら巡航戦車マークIV なんてあっけなく破壊できるのに…
―1度目のプレイで地雷を踏んで移動不能になり,観戦していたときの感想でした.

続きを読む "パンフロB型日記16"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビバリーヒルズ・コップ(1984 アメリカ)

利き腕だが行き過ぎの多いデトロイト市警の刑事アクセルは,久しぶりに再会した友達を殺され,その真相を突き止めるために休暇をとってビバリーヒルズへむかう.そこで友達の雇い主メイトランドを追及しようとするがビバリーヒルズ市警と衝突してしまう.アクセルは持ち前の機転でビバリーヒルズ市警の刑事を煙に巻きながらメイトランドの悪事を暴いていくという話.

なんといってもペラペラとハッタリをかましていくアクセルの話術が最高.態度も飄々としていてノリがいいので,彼を見ているだけでも楽しい.またビバリーヒルズ市警の刑事コンビもなかなかよく,3人の掛け合いが本当に面白い.
勝手に所轄外で手続きを踏まない捜査をしているアクセスは規律にうるさいビバリーヒルズ市警の刑事を初めは疎ませるが,それでいて事件の鍵を捕まえてくるのでだんだん信頼を得ていく,という展開も単純だけれども気持ちいい.
あと最初の暴走トレーラーが周辺をガンガン破壊しまくって行くシーンは結構迫力あったかな.
アクションコメディとしてよくできているので気軽に見て笑って楽しめました.

| | コメント (0) | トラックバック (2)

パンフロB型日記15

[パンツァーフロント B型 のプレイ日記]

北アフリカ戦線,次の戦場は1941年2月6日のベダ・フォム.オーストラリア軍の追撃から退却しているイタリア軍の大部隊を少数のイギリス軍がベダ・フォムで待ち伏せし,イタリア軍は強行突破を試みるというシナリオ.
登場戦車は,イギリス軍が巡航戦車マークIV 14両,軽戦車マークVIB 1両の合計15両,イタリア軍はM13/40 25両,M11/39 1両の合計26両.それに加えてイギリス軍側は少数の歩兵部隊,イタリア軍には多数の歩兵部隊と野砲が登場する.

続きを読む "パンフロB型日記15"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンフロB型日記14

[パンツァーフロント B型 のプレイ日記]

フォート・ピラストリノのイタリア軍ミッションをプレイ中.
いまのミッションで自小隊に割り当てられているのがカルロ・アルマートM11/39 中戦車.ゲームの年代ではもう時代遅れな代物だが,それにしてもゲーム中でもかなり使い勝手が悪い.主砲が車体についているので,射角が制限されて射角外の目標は転回しなければならないし,砲の位置が低いので車体をさらさないと射撃ができない.砲の威力や装甲厚が低いこともあって,使いこなすのはかなり難しいな.
さてこのM11/39 でM13/40 の大群およびマチルダII にどこまで立ち向かえるか.

続きを読む "パンフロB型日記14"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンフロB型日記13

[パンツァーフロント B型 のプレイ日記]

フォート・ピラストリノのイタリア軍ミッションをプレイ.プレイヤーが操作するのはM11/39 4両.
ほかの戦車小隊はみんなM13/40 なのに,なんでうちだけM11/39 なんだろ.しかも最前線にばらばらに配置されてるし.性悪な上官の不興を買って嫌がらせをされているみたいだ.
ミッションスタートして敵が来るのを待ち構える.敵戦車を確認したとおもったとたん,あっという間にやられてしまった.M11/39 でM13/40 の大群を真正面から支えられる訳ないな.こりゃイタリア兵らしくとっとと退却して後方に下がったほうがよさそうだ,というかそうしないと戦闘にもならんな.

開始早々に撃破されたが,ミッション自体は継続中だしせっかくなので観戦する.

続きを読む "パンフロB型日記13"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンフロB型日記12

[パンツァーフロント B型 のプレイ日記]

ベルギーのメルドープの次はアフリカに渡り,1941年1月21日のフォート・ピラストリノのマップ.
トブルク要塞の要衝ピラストリノにイタリア軍が展開,オーストラリア軍は要塞陣地と野砲陣地を貫いてピラストリノに進撃,イギリス軍はピラストリノの東方の飛行場を制圧するというシナリオ.
登場戦車は,オーストラリア軍が,鹵獲したイタリア軍兵器を使用していて,M13/40 13両,M11/39 2両の合計15両,イギリス軍がマチルダIIA と軽戦車マークVI の2両.イタリア軍はM13/40 5両,M11/39 5両の合計10両.それに加えて連合軍側は多数の歩兵と輸送車,イタリア軍には多数の対戦車砲と野砲,歩兵が登場する.

続きを読む "パンフロB型日記12"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大災難P.T.A.(1987 アメリカ)

市場調査のビジネスマンがニューヨークで商談を終え,感謝祭を家族と過ごすためにシカゴの自宅に帰ろうとするが,飛行機(Planes)が雪のために大幅に遅れた上にウィチタに着陸してしまう.その際に知り合ったセールスマンとともにシカゴに向かうが,列車(Trains),自動車(Automobiles)を乗り継ぐ道中さまざまな災難が降りかかり,おまけに同行するセールスマンははた迷惑な奴でえらい目にあうという話.

お人よしで不運なビジネスマンと,気はいいんだが口は多いしはた迷惑なセールスマンの掛け合いがなんとも楽しいコメディです.特にセールスマンは一緒にいるととにかく鬱陶しいんだけど,なかなか憎めないキャラクターになっているのがとてもいいです,
ギャクもストレートなものばかりなので頭を使わずに笑えます.なかでもハイウェイの一連のシーンは大笑いの連続でした.
テンポよく話は進むし,長い作品でもなく,ラストもなかなかいい終わり方で見終わったあとはすっきりするので,気分転換や息抜きにむいた映画だな思いました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンフロB型日記11

[パンツァーフロント B型 のプレイ日記]

メルドープのドイツ軍ミッションをプレイ中.だいぶ様子も分かってきたので,今度こそクリアできるかな.

ミッションスタートしたら右手の丘の上の小さな家のところへ行き,前方の木のところにある敵火砲を機銃で破壊.そのまま周辺の敵歩兵を機銃で掃討していると,近くに補給車が展開するからそこに行って榴弾をすべて徹甲榴弾に変更した.補給がすんだら先行しているIII号戦車小隊を追い越して,ジャンディェヌイルの東側の茂みに隠れている火砲を機銃ですべて破壊.ここまではだいたい前回書いた作戦と同じ.

続きを読む "パンフロB型日記11"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンフロB型日記10

[パンツァーフロント B型 のプレイ日記]

メルドープのドイツ軍ミッションをプレイ中.なかなかクリアできないな.
いろいろチェックしてみると,どうもスタート時に目の前にいるIII号戦車5両の小隊がぜんぜん活躍していないようだ.途中で対戦車砲などに喰われてしまってるんだろうか.わが小隊としてはこの戦車小隊を無事に主戦場にたどり着けるようにサポートしなくてはいけないのかも.

ということで,III号戦車小隊の進路上の障害になる対戦車砲を手早く始末していくことにする.このマップの対戦車砲は1,000mぐらいの距離で機銃で撃って破壊できるし,それぐらいの距離からは対戦車砲は発砲してこないようなので,砲の位置を覚えておいて1,000mぐらいはなれた見晴らしのいいところに位置取って破壊していく.スタートして少し前進したところの右手に1つ,ジャンディェヌイルの茂みに3つ,大きな木の下に1つ,土嚢を積み上げた陣地に1つ.これだけ破壊して,無事に5両のIII号戦車をジャンディェヌイルの南の入口付近まで先導することができた.

続きを読む "パンフロB型日記10"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホワット・ライズ・ビニース(2000 アメリカ)

科学者ノーマンの妻クレアは幸せな生活を送っていた.しかし娘を大学の寮に入れてから精神が不安定になり,隣人が大きな荷物を運び出すのを見てからは家で怪現象を体験するようになる.幽霊の正体を調べていくうちに1年前の事件が浮かび上がってくるという話.

視点がスーッと移っていきバンとびっくりさせる演出が印象的だが本筋はサスペンスホラー.派手に驚かすシーンよりも画面の隅や水面,鏡にふと映っている演出のほうが楽しいな.初めはさりげないところから,だんだん派手な現象が出ていくのはいいかな.
ほかに,バスタブのシーンは緊張感があったし,車が突っ込んだあとの水中のシーンは幻想的で良かった.
ただ,こういう幽霊物の場合は因果をもっと強調してほしいな.殺されたほうにもそれなりの非があったり,殺したほうの極悪さがわかりにくかったりすると,鑑賞後にすっきりしなくてなんだかモヤモヤする.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンフロB型日記9

[パンツァーフロント B型 のプレイ日記]

TRAINING をクリアして,いよいよ本編.まず最初のマップは1940年5月13日のベルギーのメルドープ.
フランス軍はメルドープおよびジャンディェヌイルに防御戦を構築,ドイツ軍はメルドープを突破しジャンディェヌイルを制圧するというシナリオ.
登場戦車はドイツ軍がIV号戦車D型3両,III号戦車E型8両,II号戦車C型9両,I号戦車B型6両の合計26両.フランス軍はソミュアS35 2両にホチキスH39 9両.これらに加えて多数の歩兵,ハーフトラック,対戦車砲が登場する.

続きを読む "パンフロB型日記9"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死霊伝説(1979 アメリカ)

子供のころに奇妙な体験をした“幽霊屋敷”を小説に書こうと,ニューイングランドのセイラムズ・ロッドに作家が帰省した.同時期に“幽霊屋敷”を買って骨董品屋がやってきたが,それから町には失踪や怪死が相次ぐようになる.作家は“幽霊屋敷”に乗り込み怪事件の原因と対決するという話.

タイトルは“死霊伝説”ですが,死霊は出てきません.古典的な展開のモンスターホラーですが雰囲気がとてもいいです.
前半は平和な町の様子や町の人を描写し,徐々に犠牲者がでて不安感や緊張感が高まっていくので,3時間(完全版)もある長さでも途中で飽きずに見られました.派手なアクションも特撮もないけれど,そのことはあまり気になりません.
古典的といえばモンスターの弱点や小道具も約束事がしっかり守られていて,そうそうモンスターはこうじゃなくちゃと,うれしくなります.でも親玉は紳士タイプのほうが良かったような気はします.
話も映像も古くなってしまっていますが,それでも窓の外からモンスターが訪れるシーンや,地下室の奥からモンスターが這いずってくるシーンなどは,今見てもかなり恐いものだと思います.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

パンフロB型日記8

[パンツァーフロント B型 のプレイ日記]

よっしゃ.やっとみつけた.TRAINING のイギリス軍ミッションの攻略方法.
弱い砲で敵戦車を仕留めるには,確実に側面を取って深い角度で砲弾を当てることが重要だったんだな.2ポンド砲でもきっちり90度ぐらいの角度からなら1,300mぐらいからIII号戦車を楽に撃破できるようだ.巡航戦車マークIV は快速がうりなので,敵に気づかれないように大回りで確実に側面をとっていけばよいようだ.

続きを読む "パンフロB型日記8"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンフロB型日記7

[パンツァーフロント B型 のプレイ日記]

困ったね,TRAINING のイギリス軍ミッションがクリアできん.まあ,作戦をいろいろ練って今度こそはとミッションを開始し,広いマップを巡航戦車マークIV で走り回って,奮戦の後に力尽きて無念,というのもプレイしている最中は面白いんだけど,いちいち日記に書くのはどうなのかな.やられましたーやられましたーのオンパレードじゃ読んでるほうもうんざりするかも.

続きを読む "パンフロB型日記7"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンフロB型日記6

[パンツァーフロント B型 のプレイ日記]

TRAINING のイギリス軍ミッションをプレイ中.

巡航戦車マークIV はドイツのIII号戦車に1,500mからでも簡単に撃破されるから,反撃を受けないようにすばやく攻撃を仕掛けないといけない.敵のほうが数が多いから,攻撃するときは一撃で仕留めるようにしていかないと周りの敵に態勢を整えられて反撃されてしまう.さらにマークIV の2ポンド砲はたいした威力ではないので,III号戦車の側面でも700mぐらいまでは近づかないと貫通できない.

さてこれらをクリアできる攻撃開始ポイントがどこかにあるのかな.
進撃ルートやタイミングをいろいろ変えてやっているけど,どれもうまくいかないなぁ.
それともテクニックと運で何とかするもんなのかな.

というわけで,今日は進展なしでした.

巡航戦車マークIV を装甲の厚いマチルダII に置き換えてプレイすれば,簡単にクリアできるんだけどなぁ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンツ? がいっぱい

きょうから6月ですね.そのうちに梅雨も始まり雨の日が多くなるので,晴れの日を見計らってこまめに洗濯しないと,着る服がなくなったりして困る時期になりました(普通はそこまで追いつめられたりしないか).

そんなわけで(?)ココログのアクセス解析を見ていたんですが,検索フレーズランキングを見てビックリ.

Panz
[5月31日の検索フレーズランキング]

なんと1位から7位まで“パンツ? ”に占領されてます ∑(@_@;
さらに下位にもいくつか出てきます.
いや,べつにわたしにはパンツを集める趣味はないですよぅ^^;;;

続きを読む "パンツ? がいっぱい"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パンフロB型日記5

[パンツァーフロント B型 のプレイ日記]

パンツァーフロント B型は,シナリオが7つ(TRAINING 含む)しかありません.各陣営でプレイできますが,それでも少ないなぁ,という気がします.まあ,まだ1つもマップをクリアしてないので,ボリュームがどうとかいえないんですが.
フランス戦のマップがひとつあるほかはすべてアフリカ戦線,しかも1941年前半のみです.そのため登場戦車も大戦初期のドイツ,イタリア,イギリス,フランスのものがメインです.しかし,おまけのようなかたちで,タイガーI や T34/76,九七式中戦車などもあり,シナリオの登場車両と交換するかたちで使用できます.ミッションに詰まったときには強力なタイガーなどで戦えばストレス解消できます.
どちらかといえばマイナーな戦場と車両が多いので,続編が出てほしいところですね.

続きを読む "パンフロB型日記5"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »