« テレビを買い替えた | トップページ | レンタルからセル廉価へ »

酔拳(1978 香港)

カンフー道場の館主ウォン・ケイインの息子フェイフォンは,稽古は不真面目,町に出てはいたずらばかりで,ついに厳しい修行で有名なソウ・ハッイーの元に修行に出される.修行のつらさに逃げ出したフェイフォンはカンフーの殺し屋イン・ティッサムと出会い,屈辱的な敗北を味わわされてソウの元に修行に戻る.フェイフォンは苦しい修行に耐えついに“酔八仙”を修得するが,一方ケイインは町の実力者と対立しインに命を狙われることになるという話.

力強くて華麗でリズミカルでユーモラスでコミカルなカンフーアクション満載の映画です.まさしく舞闘といえる立ち合いに,思わず心を奪われて見入ってしまいます.しかも全編いたるところにカンフーアクションが登場するので時間を忘れて楽しめます.
また,修行のシーンではフェイフォンが泣き言を言いながら奇妙な修行をこなしていくのも,とても面白おかしいです.
登場人物がやたら記号化されていたり,端々に大げさな演技があって,古臭い感じがするのは否めませんが,それはそれでこの映画の味ですから,かえって好きですね.

DVDの広東語音声は一部が欠損していて英語で補われているのが少し残念です.

[追記]主人公のウォン・フェイフォン(黄飛鴻)って,実在の人物だったのか.今の今まで知りませんでした.

|

« テレビを買い替えた | トップページ | レンタルからセル廉価へ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/915905

この記事へのトラックバック一覧です: 酔拳(1978 香港):

« テレビを買い替えた | トップページ | レンタルからセル廉価へ »