« 妹の恋人(1993 アメリカ) | トップページ | 歯を抜いた »

カーリー・スー(1991 アメリカ)

ホームレスの少女カーリー・スーは流れ者のビルとともに冬のシカゴにたどり着き,食事や宿を得るために当たり屋をたくらむ.新人だが冷徹な女弁護士を目指すグレイは,2人に引っかかり食事をおごらされたが,次の日は本当にビルをはね跳ばしてしまう.スーのことが気がかりになっていたグレイは,2人を自宅に住まわせることにし,奇妙な関係の同居生活が始まったという話.

こんなのありえないといいたくなるような大甘な展開の話で,これだけで楽しめる人をかなり選びそうです.
しかしスーとビルの関係が絶妙で気持ちいいし,グレイがスーのいろいろな面を見るたびに見せる表情や,堅物そうだったのにビルたちとともに一緒にバカなことをやりだすところは非常におかしくてそしてあたたかいです.
なんだか全てがカーリー・スーにやさしくて,彼女の夢という感じもするんですが,たまにはこんな夢を見るのもいいんじゃないでしょうか.
あと,ビルのとんでもないタイミングでのネタは,やりすぎとも思いましたが,すっかりやられました.

|

« 妹の恋人(1993 アメリカ) | トップページ | 歯を抜いた »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/903249

この記事へのトラックバック一覧です: カーリー・スー(1991 アメリカ):

» 『カーリー・スー』 [まいちんの映画日記]
『カーリー・スー』(1991年/アメリカ) 監督・脚本・製作:ジョン・ヒューズ 製作総指揮:ターキン・ゴッチ 音楽:ジョルジュ・ドルリュー 出演:ジェームズ・ベルーシ    アリサン・ポーター    ケリー・リンチ ホームレスの孤児カーリー・スーと保.... [続きを読む]

受信: 2005/04/21 21:31

« 妹の恋人(1993 アメリカ) | トップページ | 歯を抜いた »