« この夏のひとりごち | トップページ | サンダーバード6号(1968 イギリス) »

サンダーバード(1966 イギリス)

巨大宇宙船ゼロエックス号は史上初の有人火星探査に出発したが,妨害工作のため制御不能になり墜落してしまった.そのため2度目のゼロエックス号計画では国際救助隊に護衛を依頼.国際救助隊のスーパーメカ,サンダーバード1号2号3号と,国際救助隊イギリス支部の女性隊員ペネロープがゼロエックス号出発時の警戒に当たることになったが…という話.

SF人形劇テレビシリーズの映画版です.とにかく精巧でリアルなメカと,操り人形とミニチュアを使った全編特殊技術撮影といえる映像が魅力的です.ただこの映画では国際救助隊などの設定や背景は語られていないので,初めてこのシリーズを見る場合には多少まごつくかもしれません.
ストーリーのほうはちょっと突飛で,特に火星での顛末はあまりにアレで爆笑するしかないのが残念ですが,それでも中盤のペネロープの女スパイ(というか007)顔負けの活躍と,後半のエピソードでの手に汗握る展開の国際救助隊の活躍とを見ることができます.
それにしてもハイテク機械のはずがあんなに簡単に故障して,しかもフェイルセーフがまったくされていないように見えるのも,現実の予想もつかなかったとされる事故なんかを見ていると,結構リアルに見えてしまうのは面白いです,というか現実のほうがちょっと恐いですが.
あと,サンダーバードのテーマ曲はいつ聴いても心が躍るようでいいですね."OK, boys. Thunderbirds are Go!"

|

« この夏のひとりごち | トップページ | サンダーバード6号(1968 イギリス) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/1217811

この記事へのトラックバック一覧です: サンダーバード(1966 イギリス):

« この夏のひとりごち | トップページ | サンダーバード6号(1968 イギリス) »