« ゴースト・オブ・マーズ(2001 アメリカ) | トップページ | フィッシャー・キング(1991 アメリカ) »

或る夜の出来事(1934 アメリカ)

資産家の娘エリーは,プレイボーイと婚約したため結婚に反対した父親にマイアミのレジャーボートに閉じ込められるが,脱走してニューヨークの恋人のもとにバスで向かう.仕事を失った新聞記者のピーターはバスの同乗者にエリーがいる事に気づき,彼女の逃避行を特ダネ記事にするために彼女と一緒に旅をすることにする.エリーがあまりに世間知らずでトラブルを引き起こすので,ピーターがいろいろ手助けをしているうちに,2人の気持ちは変化していく,という話.

古典的なラブコメディです.
なかなかロマンチックで,はじめは衝突ばかりしていた2人がだんだん気持ちが寄っていく様子が気持ちいいです.“或る夜”から終盤の展開もとても面白く,楽しんで見ることができました.
いろいろ出てくるエピソードはどれもコミカルでそして洒落ていて,上品な感じがするのもいいです.エリーの父親や編集長も,一見嫌なキャラクターのようで実は優しかったりして全体が暖かい感じがします.
しかし現在の世知辛い世の中を見ると,今こんなことが起これば大惨劇になりそうで,そういう意味でも夢をみさせてくれる映画ですね.

|

« ゴースト・オブ・マーズ(2001 アメリカ) | トップページ | フィッシャー・キング(1991 アメリカ) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
すっごく懐かしいタイトルに惹かれて出てきました。
上品な表現という意味、とてもよくわかります。最近の映画にはないものですよね。
モノクロだけど鮮やかな作品で、ラストでエリーが行動を起こしたときには、やっぱりそうこなくちゃと頷いたものでした。

投稿: NARU | 2004/09/20 04:20

いらっしゃいませ.
最近では,粋なシーンだけでは非現実的になって,なかなか作品として成り立たないんでしょうかね.たまには夢のかたまりのような作品を見るのも面白いです.
わたしも,エリーが行動を起こす直前まですごくやきもきさせられたので,エリーが駆け出したシーンでは“よっしゃ!”と声に出してしまいましたよ.

投稿: ふそう | 2004/09/20 18:58

こんにちは。この作品は本当に大好きで、先日DVDを買っちゃったくらいなんですよ。ラストは何とも爽快ですよね。そういえばこちらの[DVD映画 廉価版情報]はいつも役立たせて頂いています。

投稿: yuki | 2004/09/22 17:33

こんにちは.
実は[DVD鑑賞日記]のタイトルは全てDVDを買って観ているので,わたしもDVDもってますよ.好きな映画が安く手元に置いておけるなんていい時代になったものです.

投稿: ふそう | 2004/09/23 01:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/1468387

この記事へのトラックバック一覧です: 或る夜の出来事(1934 アメリカ):

« ゴースト・オブ・マーズ(2001 アメリカ) | トップページ | フィッシャー・キング(1991 アメリカ) »