« ヒーロー/靴をなくした天使(1992 アメリカ) | トップページ | スミス都へ行く(1939 アメリカ) »

エリン・ブロコビッチ(2000 アメリカ)

服装が派手で言葉使いが荒く2回の離婚で3人の子供を抱えていながら無職のエリンは,仕事探しの最中の交通事故から弁護士事務所に無理やりもぐりこんで働くことになった.ある日不動産関係の資料に健康診断がついているのを疑問に思い調査をしてみると,大企業の工場が地下水を汚染し,付近の住民の健康に被害が出ていることを見つける.義憤に駆られたエリンは住民を説得し,大企業を相手に裁判を起こすことを提案する,という話.

実話に基づき,社会問題をからめ,女性のサクセスストーリーを描いたドラマです.
法律に素人の女性が優秀な弁護士を相手に対等にやり合ったり,それどころか弁護士以上に被害者の住民の信頼を得ていくところがなんとも爽快です.それもエリンのたゆまぬ努力の賜物なので好感を得やすいですね.
公害問題はわりと控えめな扱いで,エリンと周りの人々との間のやり取りを中心に描いているので,あまり難しくならずに見られました.そうは言っても裁判の難しさ,特にお金があるほうが圧倒的に有利になるところや,大きな仕事を進めていると家庭がおろそかになってしまうといった点は,いろいろ考えさせてくれます.
とにかくみていてエリンのパワーにどんどん元気がつけられていくと感じる映画でした.

|

« ヒーロー/靴をなくした天使(1992 アメリカ) | トップページ | スミス都へ行く(1939 アメリカ) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/1522368

この記事へのトラックバック一覧です: エリン・ブロコビッチ(2000 アメリカ):

« ヒーロー/靴をなくした天使(1992 アメリカ) | トップページ | スミス都へ行く(1939 アメリカ) »