« グロリア(1980 アメリカ) | トップページ | 或る夜の出来事(1934 アメリカ) »

ゴースト・オブ・マーズ(2001 アメリカ)

2176年,84%までテラフォーミングが進んだ火星.渓谷から自動操縦の列車が都市に到着し,中には手錠につながれた警察の副隊長だけが残されていた.火星では不穏なうわさが続いているので早速議会が開かれ,副隊長は渓谷であったことの説明を求められる.そこで彼女が語る出来事は,にわかに信じがたい地獄のような出来事だった,という話.

ホラー風味のSFアクション映画です.
細かいことにかまってらんねー,やられる前にやっちまえー,てなふうにヘビメタに乗せて乱闘乱射で強引に突っ走りまくる話なので,ノリが合わないと全然楽しめない感じ.
思わせぶりなアイテムやシーンがあってもその場限りのようで,後で全く効いてこないのはワザとなのか,かえって単純に潔すぎ(?)てだんだん笑えてしまいます.
まあ,ゴーストは殺すことができないし,絶望的な状況下の当事者たちにしてみれば,とにかく目の前に立ちふさがっているやつだけでも倒しとけばいいってなもんで,これはこれでリアルであるといえないこともない…かなぁ?
火星のゴーストが取り付いた人々はゾンビというより蛮族で,異様な雰囲気で盛り上がっているのはなんとなくステキ.投擲円盤の切れ味もキモチいいモノがあるなぁ.
というわけで何にも考えずヘラヘラ楽しみました.

|

« グロリア(1980 アメリカ) | トップページ | 或る夜の出来事(1934 アメリカ) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/1425911

この記事へのトラックバック一覧です: ゴースト・オブ・マーズ(2001 アメリカ):

« グロリア(1980 アメリカ) | トップページ | 或る夜の出来事(1934 アメリカ) »