« 砂漠の戦場 エル・アラメン(1968 イタリア/フランス) | トップページ | レイヴンふそうの日記/NB編1 »

パッチ・アダムス(1998 アメリカ)

自殺癖を持つハンター・アダムスは精神病院に任意入院中ユーモアによって患者たちとこころを通じ合い“パッチ(穴を直す継ぎあて)”という名前をもらう.病院での経験から心を病んだ人を救いたいと思ったアダムスは,2年後ヴァージニア大学医学部に入学し医者を目指す.彼は笑いこそ最高の治療だという理念を大学病院にもぐりこんで実施するが,そのことで学部長と衝突することになる,という話.

実在の人物ハンター“パッチ”アダムスの半生に基づいたドラマです.
“笑いこそ最高の治療”の理念の下に,医者と患者の距離を縮めて患者の気持ちに添った医療をしたり,無料診療所をつくったりとアダムスの活動は素直にすごいなあと感心できるもので,病院や診療所で彼と患者や看護婦たちが楽しそうに笑っているシーンがとてもほほえましくて気持ちがいいです.
しかし,大学医学部のルールも長年の経験から作り上げられてきたものだろうし,それを全く無視するところがちょっと引っかかりました.大学を卒業して医師の資格を取ってから無料診療所で活動すれば,こんな騒ぎにはならなかったのではと思ってしまいます.

|

« 砂漠の戦場 エル・アラメン(1968 イタリア/フランス) | トップページ | レイヴンふそうの日記/NB編1 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/1762476

この記事へのトラックバック一覧です: パッチ・アダムス(1998 アメリカ):

« 砂漠の戦場 エル・アラメン(1968 イタリア/フランス) | トップページ | レイヴンふそうの日記/NB編1 »