« ドーン・オブ・ザ・デッド(2004 アメリカ) | トップページ | 荒野の七人(1960 アメリカ) »

トロイ(2004 アメリカ)

紀元前12世紀,ギリシャのスパルタとトロイとの間で和平交渉が成立するが,トロイの王子パリスは恋仲になったスパルタの王妃ヘレンをトロイに連れ帰ってしまう.ギリシャ諸国を統率するアガメムノンはこれを口実に不死身の英雄アキレスを含む大軍を率いてトロイに攻め込んだ.しかし戦場での名声のみを求めるアキレスは支配欲に取りつかれたアガメムノンとそりが合わず,トロイ攻略に非協力的になっていくのだが…という話.

トロイア戦争の逸話を二人の英雄アキレス(アキレウス)とヘクトル(ヘクトール),特にアキレスに主眼を置いて描いた映画です.
主題が英雄にあるため戦闘シーンが多いのですが,大部隊同士が肉弾戦でぶつかり合うさまがすごくいいです.見ているほうもアドレナリンが分泌されるようで高揚した気分になれます.戦闘シーンが多いためか物語りもテンポよく進み2時間半以上の作品にもかかわらず長さを感じずに最後まで見られました.
アキレスとヘクトルの一騎打ちもちゃんとアキレスが圧倒的優勢で描かれていたし,わたしがトロイア戦争のエピソードで一番好きなヘクトルの亡骸をプリアモス王が懇願して引き取るシーンもしっかり描かれていたのもポイント高いです.

それにしてもこの映画は,イーリアスと違う点がけっこう見られたので,トロイア戦争の入門にはあわないだろうなと思いました.
あと,神々のエピソードを省略しているので,パリスとヘレンの結びつきやパリスの重要度,アキレスの不死身さなどがちょっと弱く感じます.

アキレスの扱いがすごく好意的で最後まで彼の見せ場が続きますが,アキレスはもっと憎々しいほうが似合っていると思うし,かかと以外に傷を負わされるアキレスはやっぱり嫌だな.

|

« ドーン・オブ・ザ・デッド(2004 アメリカ) | トップページ | 荒野の七人(1960 アメリカ) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/2094341

この記事へのトラックバック一覧です: トロイ(2004 アメリカ):

« ドーン・オブ・ザ・デッド(2004 アメリカ) | トップページ | 荒野の七人(1960 アメリカ) »