« トロイ(2004 アメリカ) | トップページ | 13F(1999 アメリカ) »

荒野の七人(1960 アメリカ)

メキシコの小さな農村は毎年盗賊団に貢物を要求されていたが,苦しい生活のため農民たちはついに武器を購入して戦うことを決議した.義侠心に富むガンマン,クリスは少ない報酬にもかかわらず農民たちの用心棒になることを受け,さらに共に戦う仲間を集めてまわる.こうして凄腕のガンマン7人が集まり,農民たちに戦いを教えながら盗賊団の襲来を待ちうけ,一度は撃退に成功するのだったが…という話.

弱者を助けるためにつわものが集まって活躍する西部劇です.
オープニングのテーマ曲から勇ましくて気分が高揚しますね.
個性的な7人のガンマンが登場するのですが,やはりリーダーのクリスの存在感がすごいです.
さしたる理由もなしに命をかける男たちは,損得勘定だけから見ればバカなやつらといえなくもないんですが,それが信念とか美学とかが絡んでくるともうなんだかカッコいい.
しかもどういう展開になっても細かいことにはブツクサいわず信じる道を進んでいくのがまたカッコいい.
現在では忘れられた感じの正統派のヒーロー像がすごく気持ちいい映画でした.

|

« トロイ(2004 アメリカ) | トップページ | 13F(1999 アメリカ) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/2252580

この記事へのトラックバック一覧です: 荒野の七人(1960 アメリカ):

« トロイ(2004 アメリカ) | トップページ | 13F(1999 アメリカ) »