« 荒野の七人(1960 アメリカ) | トップページ | グース(1996 アメリカ) »

13F(1999 アメリカ)

コンピュータ技術者のホールは会社の13階にあるコンピュータ内に仮想世界を再現しようとしていた.しかし親友でもあった上司が何者かに殺されてしまい,事件当時の記憶がなぜか無いホールは容疑者になってしまった.また今まで聞いたこともなかった上司の娘が現れ仮想世界の計画を中止しようとする.ホールは上司が仮想世界で彼に手紙を託したことを知り,事実を突き止めるために仮想世界に渡るのだが…という話.

仮想世界を取り扱ったSFスリラーです.
起こっている事件等は,ちょっと伏線がわかりやすすぎて先の展開が読めるので,サスペンスとしては弱いかな.
その分仮想現実の扱いがただの他所の世界というだけでなく,現実を知った人間のいろいろな気持ちに触れているところがいいですね.それからこの映画のあと仮想世界がどうなったかというのが気になります.
登場人物が人格だけ転送したりするので混乱しそうな設定なのにかなりわかりやすい話になっていて,けっこう気楽に観られた映画でした.

|

« 荒野の七人(1960 アメリカ) | トップページ | グース(1996 アメリカ) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/2305467

この記事へのトラックバック一覧です: 13F(1999 アメリカ):

« 荒野の七人(1960 アメリカ) | トップページ | グース(1996 アメリカ) »