« 我が家の楽園(1938 アメリカ) | トップページ | コイサンマン(1980 南アフリカ) »

恐竜100万年(1966 イギリス)

人類の黎明期,山岳の洞窟の部族の族長の息子トゥマクは,食事の争いから族長に洞窟を追い出されてしまった.大イグアナに追われ,猿人の洞窟を通り,灼熱の砂漠を越えてトゥマクは海岸にたどり着くがそこで倒れてしまう.大海亀に襲われそうになったトゥマクは海岸の部族の娘ロアナに助けられる.回復したトゥマクは海岸の部族の進んだ技術に驚く.トゥマクを友好的に受け入れてくれた海岸の部族だったが,そこに突然肉食のアロサウルスが襲ってきた…という話.

原始人類と恐竜の存在する世界の冒険を描いたファンタジーアドベンチャーです.
現在のCGで描かれる恐竜と比べればリアルさは劣りますけど,コマ撮りの特撮による独特の動きをする恐竜はなかなか味わい深いものでした.それがまた人間と戦ったり恐竜同士が戦ったりするシーンは,見ているだけで本当にうれしくなりますね.
恐竜の人形のアニメーション以外にも,ミニチュアと実写の合成,毛皮ビキニの美女集団,そしてカタストロフィーと見所はたくさんあって楽しい作品です.
科学的考証とか難しいことは忘れて気楽に楽しみました.

|

« 我が家の楽園(1938 アメリカ) | トップページ | コイサンマン(1980 南アフリカ) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/3041852

この記事へのトラックバック一覧です: 恐竜100万年(1966 イギリス):

» 恐竜100万年 [映画は世につれ、書は人につれ]
恐竜100万年ラクウェル・ウェルチ20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント [続きを読む]

受信: 2005/02/26 12:24

» 恐竜100万年 [かたすみの映画小屋]
私もそれほど長生きしている訳ではないのでよく憶えてはいませんが、約6,500万年前・白亜期の末に恐竜が滅亡し、その後、約500万年前の類人猿と別れて進化した人類が誕生したと言われているそうです。... [続きを読む]

受信: 2005/05/12 01:16

« 我が家の楽園(1938 アメリカ) | トップページ | コイサンマン(1980 南アフリカ) »