« 恐竜100万年(1966 イギリス) | トップページ | ロード・オブ・ザ・リング(2001 アメリカ/ニュージーランド) »

コイサンマン(1980 南アフリカ)

厳しい気候のカラハリ砂漠に“文明”から隔絶した生活を送っているブッシュマンのキコは,飛行機から捨てられたコーラのビンを拾い部族に持ち帰った.ビンは部族の間で便利な道具として重宝されるが,それがひとつしかないことから争いの種になってしまう.ビンが不吉な道具だと気づいたキコは,それを捨てるために世界の果てを目指して旅に出る.そのころ生物学者のステインは近くの村に赴任してくる教師のケイトを修理中のトラックで迎えに行ったが,女性が苦手なステインはケイトの前で失敗ばかりしてしまう…という話.

異文化が出会った時の混乱を描いたコメディです.以前は“ブッシュマン”というタイトルでしたが DVD では改題されました(が,2作目の以前のタイトルそのままなのでややこしいです).
ベタベタなノリのギャグが連発で昔のコントを見ているように楽しめました.キコの素朴でスットボケた様子もおかしいし,ステインやケイトの体を張ったドタバタも面白かったです.また動物を使ったネタもよくできていました.ただ古いタイプのギャクばかりなので少し人を選ぶかもしれません.
映画の序盤はドキュメンタリータッチでブッシュマンの伝統的な生活が興味深いのですが,実際には文明化が強制されていて,映画の中に描かれている姿はすでに過去のものだったようです.
あと,世界の果ての幻想的ですばらしい景色がすごい感動的でした.

原題は“THE GODS MUST BE CRAZY”で,“GODS”が“文明人”のことなので,映画の内容とともに皮肉が効いていて,いいタイトルだと思います.

|

« 恐竜100万年(1966 イギリス) | トップページ | ロード・オブ・ザ・リング(2001 アメリカ/ニュージーランド) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/3054793

この記事へのトラックバック一覧です: コイサンマン(1980 南アフリカ):

» ニンテンドーDS [毒舌の森]
※最近子育て日記化してると文句をいわれていますがネタがないので勘弁してください。 近所の子がニンテンドーDSを買ってもらった。 おかげで子供たちはDSを... [続きを読む]

受信: 2005/03/26 00:49

» THE GODS MUST BE CRAZY [牛]
なぜか今日はアフリカ映画を観てます。 題名も全然わからないまま観ていたのですが、中々面白かったです。 帰ってからネットで調べたら作品名は「ブッシュマン」、 1980年代の南アフリカ映画で日本でも1982年に公開されたようですなー。 アフリカの少数民族がビンという文明の利器(?)を拾ったがために、色々不吉なことが起こるというコメディです。 後ろの男が上映中ずーっと隣の女に実況中継、とても煩かった。 観りゃわかるっちゅうねん。ずっと「完了完了」言ってました。うっさい。... [続きを読む]

受信: 2006/03/19 18:59

« 恐竜100万年(1966 イギリス) | トップページ | ロード・オブ・ザ・リング(2001 アメリカ/ニュージーランド) »