« 招かれざる客(1967 アメリカ) | トップページ | ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004 アメリカ) »

ドクトル・ジバゴ(1965 アメリカ/イタリア)

20世紀初頭のモスクワ,詩人で医者のユーリ・ジバゴは幼馴染のトーニャと結婚したが,コマロフスキーの愛人とされていたラーラにも心惹かれていた.ロシアは第1次世界大戦から革命へと突入していく.ユーリは従軍医師となり,そこで夫パーシャを探すために看護婦になっていたラーラと出会う.ユーリはラーラに想いを告げるがラーラはそれに応えず二人は別れた.除隊したユーリが家に戻ると革命政府に財産は没収されていた.そこにユーリの義兄イエブグラフが現れ,ユーリの詩が反革命思想とみなされることを告げる…という話.

ロシア革命の動乱に翻弄されつつ生きた男と女のラブロマンスです.
戦争は人々の生活に大きな転換を迫りますが,革命はそれに加えて人々の価値観にも大きな変更を強要します.そんな世の中でユーリは革命に賛同するでもなく,抵抗するでもなく,自分は自分のままに生きようとするところが印象的です.
またラーラも恋人がいるのに母の愛人に手篭めにされたり,恋人と結婚後夫は戦争に行き行方不明になったり,夫が赤軍の将軍として恐れられたりと,かなり波乱な運命をたどっています.そんなユーリとラーラがロシアの田舎町で再会し結ばれるのは,長い年月を経ていろいろなことがあっただけに本当にロマンチックです.ただ2人にはそれぞれ妻や夫がいるのでその辺でちょっと賛同しかねますが.
ユーリ・ジバゴの物語は長くて悲しいですが,ラストのトーニャのエピソードで少し救われた気分になりました.
あと,広大な平原や雪原,氷に覆われた屋敷,スイセンの花畑など各所に出てくる風景がとても美しいです.“ラーラのテーマ”の音楽も心に残っていいですね.

|

« 招かれざる客(1967 アメリカ) | トップページ | ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004 アメリカ) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/3277753

この記事へのトラックバック一覧です: ドクトル・ジバゴ(1965 アメリカ/イタリア):

» 「ドクトル・ジバゴ」 不倫相手に想いを伝える [映画のセリフで口説いてみない?(男性版)]
第一次世界大戦が始まると、ジバゴは従軍医師として戦線に赴く。 そこで、偶然、看護婦として働くラーラと再会する。 ラーラがすでにパーシャと結婚をしたのを知り、 自分もまた家庭を持っていたが、 ラーラへの愛をどうすることもできなくなっていた。 ラーラの夫パーシャの戦死の報... [続きを読む]

受信: 2005/08/31 15:32

« 招かれざる客(1967 アメリカ) | トップページ | ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004 アメリカ) »