« ドクトル・ジバゴ(1965 アメリカ/イタリア) | トップページ | 東部戦線1944(2002 ロシア) »

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004 アメリカ)

アズカバンの牢獄から凶悪な殺人犯シリウス・ブラックが脱獄した.シリウスはヴォルデモートの忠実な僕でヴォルデモートを復活させるためにハリー・ポッターを探しているという.新学期になりハリーは魔法学園に戻るが,その途中で吸魂鬼ディメンターに襲われ新任のルーピン先生に助けられた.学園では脱獄囚に備えてディメンターたちが警備にあたるが,それでもシリウスに侵入を許してしまった.ディメンターはハリーに興味を持ち,ハリーはディメンターの恐怖に打ち勝つためにルーピン先生に守護霊パトローナス呪文を教わるが…という話.

ファンタジー児童文学“ハリー・ポッター”の3作目の映画化です.
魔法の世界らしいおふざけがたくさん出てきて楽しいこのシリーズですが,前2作に比べて雰囲気がちょっとダークになったような気がします.なかでも吸魂鬼ディメンターがおどろおどろしすぎで,メインの障害のはずの凶悪犯シリウス・ブラックより驚異的な存在に見えます.
メインのストーリのほかにサブストーリが多く,全体的に物語が細切れで進み方が非常に早く感じます.そのためかシリウス・ブラックのエピソードは説明不足でかなり唐突な気がしました.ハリーの両親を裏切った話も未解決で終わってしまい,いい話にまとめてはいるんですが,この辺はちょっと欲求不満になりそうです.
CGであらわされた魔法的な存在は見事です.とくにヒッポグリフは美しいし仕草もかわいいし,一度乗ってみたいなあと思わされました.
それにしても前作までハリーのライバルだったマルフォイが,かなり情けなくなってしまっているんですが,原作もあんなもんなのかしら.

|

« ドクトル・ジバゴ(1965 アメリカ/イタリア) | トップページ | 東部戦線1944(2002 ロシア) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/3283559

この記事へのトラックバック一覧です: ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004 アメリカ):

« ドクトル・ジバゴ(1965 アメリカ/イタリア) | トップページ | 東部戦線1944(2002 ロシア) »