« 戦闘国家日記10 | トップページ | 大侵略(1968 イギリス) »

陽のあたる場所(1951 アメリカ)

ジョージ・イーストマンは疎遠だった大会社社長の叔父にであい,彼の会社で働くことになった.ジョージは社内恋愛が禁止されているにもかかわらず工員のアリスと恋人同士になる.社長はジョージを上流社会のパーティに招待し,そこでジョージはアンジェラと親しくなりやがて愛し合うようになる.ところがアリスが妊娠していることが分かり,アリスはジョージに結婚を迫る.アリスが疎ましくなったジョージは暗い考えが沸き起こり,アンジェラの元に押しかけようとしたアリスを湖に誘い出しボートに乗る…という話.

令嬢と相思相愛になった男が,前の恋人との関係に苦しむドラマです.
本来ならばラブロマンスとしてみる作品なのかもしれませんが,アリスの扱いのあまりのひどさにジョージに感情移入できませんでした.ジョージの安易な行動から招いた結果なのだから彼には自業自得としか思えません.
そうは言ってもアンジェラとラブシーンの美しさには目を見張るものがありました.彼女との愛が至上に見えるのも納得がいきますね.それだけにアリスと不誠実に付き合っていたことが惜しいと言えば惜しいです.
終盤は潔くてよかったです.

|

« 戦闘国家日記10 | トップページ | 大侵略(1968 イギリス) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/3924535

この記事へのトラックバック一覧です: 陽のあたる場所(1951 アメリカ):

« 戦闘国家日記10 | トップページ | 大侵略(1968 イギリス) »