« 普通の人々(1980 アメリカ) | トップページ | 戦闘国家日記8 »

要塞(1970 アメリカ)

1944年のイタリア,ヘクト大尉率いるパルチザン狩りのドイツ軍によって,レアノートの村人は虐殺されてしまった.パルチザンとアメリカ軍特殊部隊は作戦協力を行なおうとしたが,情報が漏れて降下中をドイツ軍に襲われ,傷ついたターナー大尉を残して全滅してしまった.レアノートの生き残りの少年たちは,ドイツ軍医のビアンカを攫ってターナーの治療をさせる.復讐に燃える少年たちはターナーに武器の使い方を教わり,ターナーは少年たちを使ってダム破壊の任務を続行しようとするのだが…という話.

少年たちがアメリカ兵士とともに復讐を果たそうとする戦争ドラマです.
少年という立場を利用した計略を実行したり,ドイツ軍を壊滅させて少年たちが無邪気に喜んだり,一見痛快な物語のようでいて結構ダークな展開が心に残ります.血気盛んな少年たちのリーダー,アルドが復讐心に目がくらみ戦場の狂気に侵されてしまったり,戦闘に反対していたビアンカが子供を守るために銃を手にしたりするのも印象的でした.
子供たちがメインで活躍する映画のため展開にぬるいところもありますが,痛快で派手なシーンがあり,戦争の虚しさを感じさせるシーンがありで,なかなか面白い作品でした.

|

« 普通の人々(1980 アメリカ) | トップページ | 戦闘国家日記8 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/3845685

この記事へのトラックバック一覧です: 要塞(1970 アメリカ):

« 普通の人々(1980 アメリカ) | トップページ | 戦闘国家日記8 »