« 戦闘国家日記7 | トップページ | 要塞(1970 アメリカ) »

普通の人々(1980 アメリカ)

長男のバックがヨット事故で亡くなり,次男のコンラッドは責任を感じて自殺未遂を起こし,バックを偏愛していた母親のベスはコンラッドと打ち解けることができない.父親のカルビンが二人の仲を取り持とうとするが家庭はギクシャクするばかりだった.コンラッドはバーガー精神科医の元に通い,隠し事をせずにぶちまけろとアドバイスをうける.またコンラッドは入院中に知り合ったカレンに医者に通っていると告げると,カレンは自分で直すことにしたと言う.聖歌隊で一緒のジェニンと仲良くなったコンラッドは気分が良くなり,彼女をデートに誘ことにする,と言う話.

ありふれた人々が秘める問題点を,家族の死によって浮かび上がらせたドラマです.
目の前で兄が死ぬという重いトラウマに苦しむコンラッドが,バーガー医師の助けによって,徐々に回復していく様子がなかなかいいです.心をぶちまけることによってコンラッドは兄から解放され,またカルビンもベスから開放され,素直になった二人が絆を回復するところは感動的でした.苦悩を自分で解決しようとしたカレンと医者に相談したコンラッドのその後の成り行きも対照的で,この作品は心を人に打ち明けることが大切だと説いているようです.
ベスはバックを偏愛するあまり家族に対して辛辣にあたり,ちょっと引っかかる結末になってしまいましたが,彼女も家族から開放されることにより人生が好転することになるのでしょうか.
身近で重い問題を扱っていて,最後まで先が気になって観ることができた作品でした.

|

« 戦闘国家日記7 | トップページ | 要塞(1970 アメリカ) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/3825036

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の人々(1980 アメリカ):

« 戦闘国家日記7 | トップページ | 要塞(1970 アメリカ) »