« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月の28件の記事

陽のあたる場所(1951 アメリカ)

ジョージ・イーストマンは疎遠だった大会社社長の叔父にであい,彼の会社で働くことになった.ジョージは社内恋愛が禁止されているにもかかわらず工員のアリスと恋人同士になる.社長はジョージを上流社会のパーティに招待し,そこでジョージはアンジェラと親しくなりやがて愛し合うようになる.ところがアリスが妊娠していることが分かり,アリスはジョージに結婚を迫る.アリスが疎ましくなったジョージは暗い考えが沸き起こり,アンジェラの元に押しかけようとしたアリスを湖に誘い出しボートに乗る…という話.

令嬢と相思相愛になった男が,前の恋人との関係に苦しむドラマです.
本来ならばラブロマンスとしてみる作品なのかもしれませんが,アリスの扱いのあまりのひどさにジョージに感情移入できませんでした.ジョージの安易な行動から招いた結果なのだから彼には自業自得としか思えません.
そうは言ってもアンジェラとラブシーンの美しさには目を見張るものがありました.彼女との愛が至上に見えるのも納得がいきますね.それだけにアリスと不誠実に付き合っていたことが惜しいと言えば惜しいです.
終盤は潔くてよかったです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦闘国家日記10

[戦闘国家-改- NEW OPERATIONS のプレイ日記]

半島動乱2
2面目からもう大きなマップになった.初期都市状況は自軍3敵4中立7.西側が海になっていて初期配置に艦艇まである.
序盤の中立都市占領は,南方と中央は難なく成功,中央西の港湾都市では敵部隊と遭遇したがなんとか成功,中央東の都市は付近の敵部隊が多く占領を断念した.この時点で都市状況は自軍6敵8.
それから20ターンぐらいまで敵の襲撃を撃退しながら,予算収入の向上と主力部隊の生産に努める.敵の攻撃はほとんど西の港湾都市に集中していた.最初は辛いが,長射程の兵器が配置できれば楽になった.
またその間に海軍の衝突があった.自軍の潜水艦が高性能なのでこれを主戦力とし,水上艦艇と対潜ヘリコプターでサポートさせて,こちらの損害なしで敵艦艇戦力を一掃できた.その後潜水艦に補給艦をつけて,北西の敵港湾都市をミサイル攻撃し2つを壊滅させた.
反攻開始は中央東の敵都市から狙う.自軍都市から距離があるので,途中に都市を新設してそこから開始.敵の注意がそちらに向いたところで,西港湾都市からも進撃を開始.30ターン前に中央東の都市と北西の敵都市群の1つを占領できた.
この時点でこちらが圧倒的優勢になり,後は道沿いに敵都市を複数同時に落としていき,40ターンに敵拠点を占領してクリア.

初めて艦艇が登場したマップだったけど,使えるのは序盤だけなのがさびしいね.敵艦艇を全滅させたら,水上艦艇は敵航空部隊の的にしかならないので港の中に入れておくしかない.陸上への艦砲射撃がろくにできないのは登場したのが小艦艇ばかりだから仕方がないか.
あと巡航ミサイルの威力が低すぎ.1回の攻撃で都市規模が1しか減らないので,補給艦を隣接させて補給しながら連続攻撃しないと意味がない.隠密行動が特徴の潜水艦が補給艦をくっつけたままなんてさすがに不細工だね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦闘国家日記9

[戦闘国家-改- NEW OPERATIONS のプレイ日記]

キャンペーンモードのミッションが1つ終わってしまうと,他のミッションには部隊の引継ぎはなかった.ミッション中には生産タイプの編集が反映されないので,それとの兼ね合いかな.いい機会なのでユーザー生産タイプを再度編集し,日本タイプを基本にアメリカと欧州の高性能機や足りない種類のもの,コストパフォーマンスのよさそうなものと入れ替えてみた.

ミッション2は東アジアの半島国家が舞台の“半島動乱”.敵の生産タイプはまた中国.

半島動乱1
まずは自軍拠点から中央西の中立都市,東方の自軍都市から中央東の中立都市に占領部隊を送る.中央東の都市では敵と混戦状態になってけっこうの損害が出たが,両方の都市の確保は成功.この時点で自軍都市4敵都市3ともう優勢な状態.
それから中央東の都市に敵の攻撃が続くが10ターンほどで収まった.一方西側はほとんど敵がおらず,北西の敵都市も簡単に占領できた.北の川のむこうに敵のロケット砲や対空ミサイルが隠してあったけど全然意味ない配置だ.
敵の攻勢が終わった時点で東側でも進攻を開始するが,ほとんど抵抗を受けずに進撃でき25ターン目で敵拠点を征圧してクリア.あっけないぐらい簡単なステージだった.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦闘国家日記8

[戦闘国家-改- NEW OPERATIONS のプレイ日記]

このゲームの都市占領は面倒くさい.
輸送部隊から都市近辺に歩兵を展開して,都市中央に歩兵を移動させて,歩兵が都市の規模を0まで下げるのに1~2ターン.歩兵のユニット数が都市の規模を下げる値になるので,歩兵が損害を受けていればさらにターン数が伸びる.その間敵の反撃から歩兵を守らないといけないわけで,乱戦状態だと脆弱な歩兵をどうやって守るのかが悩ましい.
また,都市を占領しても部隊の補充や航空機の基地として使用するには工場や基地の拡張をしなければならず,それにまた数ターンかかる.
まあ都市の機能が一朝一夕にできるはずもないからこれらは別に欠点というわけではないけれど,それにしては都市の規模拡張による予算収入の増加が激しいのでなんだかアンバランスな気がする.

アフリカ傭兵国家4
開始時,前方の自軍都市の北方と東方にある2つの中立都市の占領を優先する.北方の都市は敵の航空部隊が飛来して撃退されたが,東方の都市は確保に成功した.
それからしばらくは敵の初期配置の部隊による猛攻が続いたが,前回よりも確保している自軍都市が増えて抵抗する地点が増えたためか,20ターンぐらいまでにほとんどの敵を撃退でき,さらに予算も増えたため進軍用の部隊も確保できた.この時点で自軍都市3敵都市6だったが予算収入はまだそれほど差がひらいてなかった.
敵の攻撃が一段落したところで進軍開始.敵自走ロケットに軽戦闘車両を突っ込ませて弾切れにするなど多少強引に進軍して,30ターン過ぎに東方端の都市と中央西方の都市を占領.敵はなぜか対空兵器をあまり作らないので,自軍の支援戦闘機が大活躍した.
これで自軍都市7敵都市5(新設した都市を含む)となって形勢は完全に逆転し,後は西方から時計回りに残敵掃討モード.ところどころに配置してある敵の長射程対空ミサイルに注意すれば航空部隊が暴れ放題,戦闘車両はその後を進軍し放題で,歩兵の敵都市占領や補給基地の確保が間に合わないぐらいだった.
50ターン目ぐらいに敵の拠点を征圧してクリア.最初に都市をひとつ確保するだけで,前回と全然違う展開になったな.

これで“アフリカ傭兵国家”のミッションコンプリート.緑の星を一つもらって,達成率が10%になった.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

要塞(1970 アメリカ)

1944年のイタリア,ヘクト大尉率いるパルチザン狩りのドイツ軍によって,レアノートの村人は虐殺されてしまった.パルチザンとアメリカ軍特殊部隊は作戦協力を行なおうとしたが,情報が漏れて降下中をドイツ軍に襲われ,傷ついたターナー大尉を残して全滅してしまった.レアノートの生き残りの少年たちは,ドイツ軍医のビアンカを攫ってターナーの治療をさせる.復讐に燃える少年たちはターナーに武器の使い方を教わり,ターナーは少年たちを使ってダム破壊の任務を続行しようとするのだが…という話.

少年たちがアメリカ兵士とともに復讐を果たそうとする戦争ドラマです.
少年という立場を利用した計略を実行したり,ドイツ軍を壊滅させて少年たちが無邪気に喜んだり,一見痛快な物語のようでいて結構ダークな展開が心に残ります.血気盛んな少年たちのリーダー,アルドが復讐心に目がくらみ戦場の狂気に侵されてしまったり,戦闘に反対していたビアンカが子供を守るために銃を手にしたりするのも印象的でした.
子供たちがメインで活躍する映画のため展開にぬるいところもありますが,痛快で派手なシーンがあり,戦争の虚しさを感じさせるシーンがありで,なかなか面白い作品でした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の人々(1980 アメリカ)

長男のバックがヨット事故で亡くなり,次男のコンラッドは責任を感じて自殺未遂を起こし,バックを偏愛していた母親のベスはコンラッドと打ち解けることができない.父親のカルビンが二人の仲を取り持とうとするが家庭はギクシャクするばかりだった.コンラッドはバーガー精神科医の元に通い,隠し事をせずにぶちまけろとアドバイスをうける.またコンラッドは入院中に知り合ったカレンに医者に通っていると告げると,カレンは自分で直すことにしたと言う.聖歌隊で一緒のジェニンと仲良くなったコンラッドは気分が良くなり,彼女をデートに誘ことにする,と言う話.

ありふれた人々が秘める問題点を,家族の死によって浮かび上がらせたドラマです.
目の前で兄が死ぬという重いトラウマに苦しむコンラッドが,バーガー医師の助けによって,徐々に回復していく様子がなかなかいいです.心をぶちまけることによってコンラッドは兄から解放され,またカルビンもベスから開放され,素直になった二人が絆を回復するところは感動的でした.苦悩を自分で解決しようとしたカレンと医者に相談したコンラッドのその後の成り行きも対照的で,この作品は心を人に打ち明けることが大切だと説いているようです.
ベスはバックを偏愛するあまり家族に対して辛辣にあたり,ちょっと引っかかる結末になってしまいましたが,彼女も家族から開放されることにより人生が好転することになるのでしょうか.
身近で重い問題を扱っていて,最後まで先が気になって観ることができた作品でした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦闘国家日記7

[戦闘国家-改- NEW OPERATIONS のプレイ日記]

アフリカ傭兵国家3
山地の南の自都市は,開始時からしばらく敵の猛攻が続くので防御重視.自拠点から占領部隊を西の山峡の南の中立都市に送ってここを占領.
山峡部分に敵が集中してきたら,東の敵都市を占領.そのまま北東の敵都市まで攻め上がると,山峡北の敵都市が手薄になったのでその隙に一気に占領する.やっぱりCPUは戦力を一方向だけに傾けすぎだ.
こうなると自軍がかなり優勢なので,前回と同じように,東西両側から敵拠点まで一気に攻めることができてクリア.

これでようやく“アフリカ傭兵国家4”の開始時点まで戻ることができた.さてうまくリベンジできるかな.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

戦闘国家日記6

[戦闘国家-改- NEW OPERATIONS のプレイ日記]

偵察をこまめにしていたら,敵は一方向に戦力を集中して他方向ががら空きという状態になっていることを結構見かける.この隙を狙えば敵都市占領などが非常に楽だ.その前に敵の初期配置の大量の部隊を減らしておかないといけないし,それがまた大変なんだけど.

アフリカ傭兵国家2
開始直後はオアシス南の中立都市の確保を優先.敵航空機から重歩兵を守るために対空自走砲を2部隊つけた.同時に北西方の中立都市を取るために強襲ヘリコプターに重歩兵を乗せて出発.この2つの都市の確保に成功した.
オアシス南の都市周辺ではその後しばらく敵の猛攻が続く.北西方の都市にはほとんど敵の攻撃はなく,少しするとなぜかオアシス西方の敵都市ががら空きになっていたのでこれを占領した.
これでこちらが優勢になったので,あとはオアシスの北側で敵を牽制しながら,東の敵都市を落としてそのまま道沿いに敵拠点まで進攻してクリア.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦闘国家日記5

[戦闘国家-改- NEW OPERATIONS のプレイ日記]

“アフリカ傭兵国家4”の再チャレンジをしようにもセーブデータをおいておくことを忘れていたため,もう一度“アフリカ傭兵国家1”からやり直し.

アフリカ傭兵国家1
最初は自軍拠点から2つの都市を同時に攻略.小規模の反撃があるけれども軽車両や対空自走砲で十分撃退できた.
散発的な敵の反撃を中央の都市で撃退しながら進攻主力部隊を生産.偵察して敵に隙があった時に東方の都市を占領してしまう.
主力部隊が適等に揃ったら,西方から道伝いに敵拠点まで一気に進攻してクリア.
前回とほぼ同じ展開だった.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一年戦争日記9

[機動戦士ガンダム 一年戦争 のプレイ日記]

このゲーム,なんか出荷数が多すぎて記録的な値崩れが起こっているようですが,すでに買ってしまった身としてはあまり関係ないかな.まあ安易に値下げする姿勢がチョットは腹も立つので,もしこれから買うならば値段が下がりきってからにすることをオススメしておきましょうw

ゲームのプレイのほうなんですが,ストーリーモードをノーマル/ハードともにクリアしたし,メモリアルアクションも出してしまったし,ジムを使って適当に遊んだら,もうあまりやりたいことがなくなってしまった.アムロ編だけではボリューム的に少なすぎる気がするので,サイドストーリーやIFストーリーなどでエクストラミッションだとか,好きな舞台とMSを組み合わせてタクティクスモードとか,そういうのも欲しかったな.

ということで一年戦争日記は今回で終わりです.おつきあいいただきありがとうございました.

[詳細データ]
タイトル:機動戦士ガンダム 一年戦争
ジャンル:ロボットアクション
メディア:PS2 DVD-ROM
発売元:バンダイ
価格:7,140円
公式サイト:機動戦士ガンダム一年戦争 - PROJECT PEGASUS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

候補者ビル・マッケイ(1972 アメリカ)

民主党はカリフォルニア上院議員の候補に若手弁護士ビル・マッケイを立てた.ビルは最初は自分の主張ができると思っていたが,選挙参謀のルーカスに注文をつけられてビルの意見はどんどん修正されていく.予備選挙では現職議員のジャーモンに大差をあけられていたが,選挙戦が進むにつれてその差はみるみる縮まっていく.あるとき選挙番組で,ビルは自分の主張をしていたのに今では自分を飾る言葉ばかりになったと指摘されてしまう.そして候補者の公開討論会が開かれて…という話.

選挙活動の中で自分を失っていく候補者の姿を描いたドラマです.
選挙に勝つためには,候補者の主張よりも有権者に与える印象が大切だという,なんとも身も蓋もない選挙活動です.選挙戦の様子が派手に描かれていて両候補も熱弁していますが,裏を知ってはただの茶番にしか見えません.
ビルは熱意と誠実さを持って立候補したはずなのに,選挙戦の中で自分とは異なる候補者像を作り上げられてしまいます.時折反抗してみせるビルの奇行が滑稽だけれどとても悲しげです.最後のセリフも印象的でした.
選挙戦を皮肉っている話ですが,そんな選挙を許してしまうのも実は有権者の責任なんですよね.なかなか考えさせられる作品でした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一年戦争日記8

[機動戦士ガンダム 一年戦争 のプレイ日記]

ストーリーモード(ハード)の続き.
“脱出”も最初の雑魚集団が強力だけれど,それさえ撃滅すれば後は楽だ.Pジオング戦と要塞内部の戦いはうまく無傷で進められた.ラストショットしてゲームをクリア.

ストーリーモード(ハード)をクリアしたら次のエクストラ機体が手に入った.
 アレックス
 ガンキャノンII
 ジム・ライトアーマー
 ジム・トレーナー
やっぱりガンキャノンIIは宇宙空間では使用不可だった.

アレックスは強力な機体だ.ザクは一撃,ドムは2撃,ビグロは5発で倒すことができる.フリーミッションでランクSが簡単に取れる.武器の強さは TV のガンダムに一番近い機体だけど,ゲームとしては簡単になりすぎる気がする.
ジム・ライトアーマーは装甲を犠牲にして機動性をあげた,エースが好んで使用した機体だという設定だ.でもこのゲームでは機動力だけで敵の攻撃を完全にかわすのは難しいし攻撃力も低めで辛いけれども,使っていてなんだか楽しい機体だな.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一年戦争日記7

[機動戦士ガンダム 一年戦争 のプレイ日記]

ストーリーモード(ハード)の続き.
ゲームも終盤になって難しくなってきて,なかなか1発でミッションクリアできなくなってきた.
敵の攻撃を一生懸命かわして照準を合わせることに必死になっていると,なんだかスーパーニュータイプ・アムロというよりも,気合だけでがんばるシローになった気分だ.

“ソロモン攻略戦”は大型メガ粒子砲のところが苦手.ここでいつも30%ぐらい耐久力を削られてしまう.5回ぐらい再挑戦してしまった.螺旋階段は下を見て足場を確認しながらジャンプしたら楽だ.
“光る宇宙”ではエルメスに2回やられた.ハードですごく強力になった気がする.時々遠方に佇んでビットに削られるこっちを眺めているので,追いかけてやらんといかんようだ.
“宇宙要塞ア・バオア・クー”は最初のキマイラ隊がハードではガトーになっていた.弾速の遅いバズーカですばやい敵を相手するのがつらい.ニュータイプのパイロットがぞろぞろいるのはどういうこったい.ここでも一度撃破された.でも最初の集団を撃破したら後のドロスとPジオングは楽だった.
“脱出”でも最初の雑魚集団が強力になっていた.ボロボロになってジオングヘッドを追いかけていく途中,狭い通路の曲がり角の先にいたアクトザクに,出会い頭にいきなり格闘を連続で喰らわされてやられてしまった.
風呂に入って再挑戦するつもりだったが出た後にそのまま寝てしまったので,今日はここまで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一年戦争日記6

[機動戦士ガンダム 一年戦争 のプレイ日記]

ストーリーモード(ハード)の続き.
“オデッサの激戦”あたりからノーマルにはなかったザクやドムの上位バージョンが登場しているようだ.こちらの受けるダメージが増えて,残りのヒットポイントがぎりぎりでクリアすることが多くなってきた.
“ザンジバル、追撃!”ではビグロの後にザクレロも登場.開発中止の失敗作のクセにビグロに負けない攻撃をしてくれた.
“ソロモン攻略戦”でマツナガの代わりにガトーがリックドムで登場,場所が広めだったので割りあい簡単に撃退できた.しかしメガ粒子砲のところでつまづいて連続してダメージを喰らい,またもやここでやられてしまった.
今日はそこで中断.なんだかノーマルと同じようなゲームの進み方になっちゃってるな.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一年戦争日記5

[機動戦士ガンダム 一年戦争 のプレイ日記]

ストーリーモード(ハード)開始.
敵の熟練度が上がっててけっこう攻撃をかわしてくれるな.名前つきパイロットも動きがすばやくなっている気がする.
敵の数は,増えていないミッションと増えているミッションがあるのかな.“アムロ脱走”でザクタンクと一般作業用ザクが登場していた.攻撃してこないみたいだけど.
“ランバ・ラル特攻!”で一度ラルに格闘を挑んで返り討ちにあったが,あとは順調に“迫撃!トリプル・ドム”までクリア.
今日はあまり書くことないな.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一年戦争日記4

[機動戦士ガンダム 一年戦争 のプレイ日記]

ストーリモードで取り損なったメモリアルアクションを探す.メニューの並びからメモリアルアクションの存在するミッションを予想してフリーミッションをプレイした.フリーミッションでメモリアルアクションを手に入れられるかという疑問もあったが問題なく手に入れることができるようだ.

 3.大気圏突入:予想通り.クリア条件が“WBの大気圏突入”という表現なのはそういうことか.ザクを残しておくと燃え尽きるザクも見られた.メモリアルアクション入手.
 4.ガルマ出撃す:全く予想できなくてなかなか見つからなかったけど気が抜けたときに偶然出た.ああだから左舷機銃なのか.メモリアルアクション入手.
 5.翔べ!ガンダム:半分予想通り.サーベルで切りつける必要はなかった.メモリアルアクション入手.
19.ジャブローに散る!(後):シャアズゴックは動きが早いので格闘するのが辛い.メモリアルアクション入手.
22.コンスコン強襲:予想通り.まあ超有名なシーンだし.メモリアルアクション入手.

これでメモリアルアクションをすべて見つけることができた.

メモリアルアクションで検索してくる人も多いのでヒントをまとめておくと;
 1:斬れ  2:斬れ  3:残れ  4:休め
 5:跳べ  6:誘え 10:斬れ 14:斬れ
15:守れ 19:斬れ 22:急げ 23:斬れ
25:斬れ 26:斬れ
というところでどうっすか?

メモリアルアクションをすべて見つけたら次のエクストラ機体が手に入った.
 G-3ガンダム
 ガンダム(ロールアウトカラー)
 プロトタイプガンダム
 フルアーマーガンダム
 ジム
 ジム・キャノン
 ジム・スナイパーカスタム
 ガンキャノン重装型
これらとガンキャノン,ガンタンクがフリーミッションで使えるようになったのだが,ガンタンクは“アムロ脱走”でのみ使用可,ガンキャノン,ガンキャノン重装型,ジムキャノンは宇宙空間では使用不可になっていた.

実はふそうはジムが一番好きなモビルスーツだ.さっそくジムを使っていくつかフリーミッションをプレイする.キャラのセリフがストーリーモードと同じだから,他のガンダムゲームでは雑魚扱いのジムをみんながバケモノ扱いしてくれてとてもおかしい.
というところで今日は終わり.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦闘国家日記4

[戦闘国家-改- NEW OPERATIONS のプレイ日記]

兵器の各々の能力の差が小さいためか,戦闘に関するランダム性の効果が大きいせいか,戦闘結果にばらつきが大きすぎるような気がする.そのため戦闘の予想がつきにくく,戦果を期待した所で敵に損害を与えられなかったり,おもわぬ反撃を喰らったりする.ゲームとしてはある程度そういうのは有りだけれども,戦闘機が攻撃機に負けたり主力戦車が軽戦闘車両に負けたりするのはちょっと納得いかないし,信頼できる部隊ができないのはつらい.

アフリカ傭兵国家4
開始直後,前方の自軍都市の北方と東方にある中立都市の占領はどちらも失敗.そして敵の大部隊による攻勢が始まった.特に前方の自軍都市に対する攻撃はすさまじく,配置する部隊がまるで使い捨てのように破壊され,都市を守るのがやっとの状態.後方の自軍拠点も頻繁に敵航空機や戦車に襲われ,進攻部隊の準備もできない有様.修理に追われて移民部隊を作る余裕もなく,予算収入を上げることもあまりできなかった.
30ターンぐらいにようやく一息つけて進攻を開始しようとしたが,敵はロケット砲や対空ミサイルなど長射程でこちらが攻め辛い兵器を量産してくるので,敵都市までたどり着けず一進一退を繰返すばかり.後方の敵都市を奇襲しようとしても,どの都市にも敵部隊があふれて手も足も出ない.こんな状態でほとんど前進できぬまま時間切れで敗北.
どうも進攻のタイミングが遅すぎて敵に生産力をつけすぎてしまったらしい.はじめに中立都市の確保に失敗したのも痛かったかな.

反省を踏まえてアフリカ4面に再挑戦しようとしたら,なんと開始時のデータを残しておくのを忘れていた.ゲームに負けた上にこの失敗はかなりショック大大大…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一年戦争日記3

[機動戦士ガンダム 一年戦争 のプレイ日記]

このゲームはスラスターの消費は激しいけれどもボタンを離せば回復も非常に早いんだな.慣れたら多段ジャンプもできるようになってきた.こういうゲームはうまく動けるようになると楽しくなるね.

ストーリーモード(ノーマル)の続き.
24.ソロモン攻略戦:はじめのザクは白狼だったのか.メガ粒子砲のところにいる3体のザクがつよいな.ここで2回力尽きた.ラストの螺旋階段がめんどくさい.
25.恐怖!機動ビグ・ザム:ビグザムの動きがありえなーい.サーベルのみで倒そうとして3回負けた.難しすぎるなぁと思ったらビームライフルも通用するやん.メモリアルアクション入手.
26.光る宇宙:ビットが遅くなる演出がいいな.エルメスも向かってくるときしか射撃が当たらないな.シャアはイベントで復活するので2回対決することになった.メモリアルアクション入手.
27.宇宙要塞ア・バオア・クー:深紅の稲妻と一緒にいるエースのゲルググはキマイラ隊か.ドロスはでかくて攻撃目標の順番が決まっているのがめんどう.長丁場の後のジオングだけどここでは強くないみたい.
28.脱出:ジオングが2回も復活する.頭がなくなったときバルカンが使えないのを忘れがち.最後の通路に入るのに3段ジャンプしたような.ラストショットでゲームはクリア.

というわけでストーリーモードのノーマルをクリア.アクションゲームがあまり得意でないふそうでもあんまり苦労したところがないので,ノーマルモードの難易度は低めかなと思う.
さて,ハードモードをプレイする前に,とりそこなったメモリアルアクションを探そうかな.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄昏(1981 アメリカ)

ノーマンとエセルの老夫婦は夏には湖畔の別荘ですごす.ノーマンの誕生日に娘のチェルシーがやってくる.チェルシーは偏屈なノーマンを嫌い長らく疎遠だったが,恋人のビルと彼の息子ビリーを紹介するためにつれてきたのだった.だが相変わらず毒舌ノーマンにチェルシーとビルは良い気持ちはもてなかった.そしてビルとチェルシーはヨーロッパに旅行するため,ノーマン夫妻はビリーを1ヶ月預かることにした.頑固なノーマンに付き合わされることを疎ましく思っていたビリーだったが,ノーマンと一緒に釣りをするうちに…という話.

偏屈な老人と生意気な少年のふれあい,そして夫婦や親子の関係を描いたドラマです.
考え方の全く異なる世代のノーマンとビリーが,つりによってだんだん心を通わせていくのが,とてもほのぼのとします.ときおりビリーをチェルシーと間違えるところにノーマンの本当の想いが現れていて心に残りました.
そしてノーマンとエセルの老夫婦のやり取りはとても楽しく,そして長年連れ添ってお互いに理解しあっている様子が現れていていい雰囲気です.
夫婦は仲むつまじく,親子の関係は丸く収まり,自然に恵まれた住居に,のんびり好きなことをしてすごす.本当にうらやましくなるような晩年の生活ですね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一年戦争日記2

[機動戦士ガンダム 一年戦争 のプレイ日記]

このゲームは射撃のロックオンが弱く,小さな照準を敵に合わせたときだけ射線を調節してくれるようだ.予測射撃はしてくれないようで,高速の敵には射線と敵の移動軸をあわさないとなかなか当たらない.照準の動きはあまり速くないので接近戦はけっこう辛いな.

ストーリーモード(ノーマル)の続き.
14.迫撃!トリプル・ドム:3機のドムを一度に相手にするのは辛い.一度全部を撃退した後ジェットストリームアタックのイベントで復活するのも辛い.メモリアルアクション入手.
15.オデッサの激戦:護衛対象のビッグトレーの前面からあまりはなれないように気をつけた.ミサイルはジャンプしなくても斬れた.メモリアルアクション入手.
16.復活のシャア:水中戦は辛いのでできるだけ地上におびき寄せるようにした.
17.大西洋、血に染めて:グラブロは向かって来る時ぐらいしか射撃があたらないな.
18.ジャブローに散る!(前):ジャブローにゴッグは出てきたっけ? 時間制限制らしい.
19.ジャブローに散る!(後):長丁場の後にシャアズゴックとゾックと戦うのできつかった.
20.ザンジバル、追撃!:ビグロも向かってくるときが狙うチャンス.後半は砲台モード.ザンジバル硬い.
21.強行突破作戦:ムサイは上面に回ると撃破しやすいな.
22.コンスコン強襲:3分で全滅はできなかった.チベの攻撃目標は方々に出現してめんどくさい.
23.テキサスの攻防:ギャンやゲルググとは1対1で戦うのでそんなに辛くないが,地雷が鬱陶しい.メモリアルアクション入手.
24.ソロモン攻略戦:狭いところで複数の敵と戦うのは回避しにくくて辛い.メガ粒子砲のところでやられてしまった.疲れたので中断.

宇宙空間での移動はまわりに対象がないせいか自機の動きがよくわからない時がある.あと下方向に移動する方法はないのかな.艦船を攻撃するときに攻撃目標が狙える方向に移動しないといけないのが面倒くさいな.

それからミッション名は TV 版のサブタイトルから来ているけれども,内容は映画版になってるようですな.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

炎の戦線 エル・アラメイン(2002 イタリア)

1942年,エジプトにイタリアの学生志願兵セッラが着任した.本国で聞いた戦争の様子とあまりに違い,兵士の補充も食料や水の補給も乏しい前線の様子にセッラは戸惑う.リッツォ曹長のもとに配属されたセッラだったが2度の”奇跡”が起きて命拾いをし,彼は“人生には3度の奇跡が起こる”というジンクスを聞かされる.イギリス軍の攻勢に備えイタリア軍は前面非常体勢になり,リッツォ曹長とセッラはカッタラ低地に偵察に出るが,その間に本隊が攻撃を受けた.そしていよいよイギリス軍の攻勢が始まった…という話.

エル・アラメインの戦いのもと,一人の新兵が見た戦争を描いたドラマです.
前半は,砂漠という苛酷な環境と敵の断続的な砲撃の下,十分な補給が無い状態で配置につく兵士の日常の様子が興味深いです.しばしばリッツォ曹長の語る話はそんな兵士たちの気持ちを代表するものなのでしょう.
戦闘シーンは唯一のものが中盤にありますが,激しい砲撃の後に迫り来る戦車と敵兵の大群,そして続く白兵戦が悪夢のように描かれていました.
後半は退却する様子が描かれ,エピソードが進むにつれて,味方にも見放された悲惨な様子が胸に迫ります.
全体的に地味で渋い戦争映画ですが,兵士たちのいろいろな気持ちが心に残るような作品でした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一年戦争日記1

[機動戦士ガンダム 一年戦争 のプレイ日記]

機動戦士ガンダムのゲームが出ると買っちゃうふそう.“機動戦士ガンダム 一年戦争”もまた買っちゃいました.

左スティックで移動,右スティックで旋回+照準移動,L2でジャンプ,R1で射撃と,アーマードコアN系のA操作と近い操作方法なのでなかなか動かしやすい.しかしL1のスラスター移動に癖があって,ジャンプ中はスラスターを使わないと移動せずに落ちるだけみたいだし,スラスターの消費が激しくて高速移動が短時間しかできなかったり,スラスターを使うと旋回の速度が上がったりするので,このへんは慣れないとやりにくい.あとR2で格闘なのだが,よく敵を斬りにいったのにR1押してサーベルを引っ込めちゃうことがあるのは,ふそうがヘタクソだからでしょう.

というわけで難易度ノーマルでプレイ開始.
 1.ガンダム大地に立つ!:サーベルでザク2機撃破.メモリアルアクション入手.
 2.敵の補給艦を叩け!:パプアを沈めてシャアを撃退するとガデムの旧ザクが登場するのでサーベルで撃破.メモリアルアクション入手.
 3.大気圏突入:敵を全部撃破してWBに戻っちゃったんだけど,タイムアップにしたほうがいいのかな?
 4.ガルマ出撃す:砲撃手モード.WBの耐久力が3%でクリア.危なかった.
 5.翔べ!ガンダム:サーベルでドップを落とそうとしたけどできなかった.
 6.ガルマ散る:WBの前にガウを誘導するとイベント発生,そのままぼーと見てたら特攻された.自分でおとさないかんらしい.再挑戦でクリア.メモリアルアクション入手.
 7.セイラ出撃:ガンキャノン出撃モード.コズンのザクを格闘で倒したけど特に何もなかった.
 8.アムロ脱走:ガンタンク出撃モード.スラスターが使えないのがつらい.撃破されかけてあぶなかった.
 9.灼熱のアッザム・リーダー:アッザムより収納式のメガ粒子砲のほうがうっとうしかった.アッザムリーダー喰らっといたほうがよかったかな.
10.ランバ・ラル特攻!:ラルのグフは最初に撃破したつもりだったけど,最後にまた出てきた.サーベルで撃破.メモリアルアクション入手.
11.死闘!ホワイト・ベース:ガンシューティングモード.敵兵何人侵入してるんだよぅ.
12.激闘は憎しみ深く:ガンダムはカーゴを押さえているので実質砲台モード.特攻イベントを見るための面かな.
13.マチルダ救出作戦:グフ+ドダイが多数出現.けっこう面倒くさい敵だった.
14.迫撃!トリプル・ドム:苦労して三連星を倒したのにイベントで復活しやがるの.メモリアルアクションを出したんだけどその後やられてしまって,ここで今日は中断.

1ステージは短めでサクサク進んでいくのはいいんだけど,中断がなくて強制的に次のステージに進むのはちょっとしんどいな.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログバージョンアップ

ココログがバージョンアップされました.

ちょっと触ってみたのですが,ファイルマネージャで html ファイルが削除できるようになっているのに気がつきました.

これで以前から気になっていたゴミファイルとゴミカテゴリが削除できて,気分はスッキリ.

*間違えて必要なファイルを消したら大変だけど,サイトの反映で回復できるようですね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦闘国家日記3

[戦闘国家-改- NEW OPERATIONS のプレイ日記]

このシリーズの売りのひとつである迎撃システムだが,これのおかげでロケット砲や対空ミサイルなど長射程兵器がものすごく強い.防御時にこちらに向かってくる敵部隊を迎撃で次々に撃破してくれる.反対に攻撃時には敵の長射程兵器が大きな障害になるのだけれど,同射程の兵器なら先制できるのでやっぱり長射程兵器は欠かせない.というわけでわが軍はロケット砲と対空ミサイルが主力になってしまった.戦車や航空機があまり目立って活躍できないのはやっぱりちょっと寂しいな.

アフリカ傭兵国家3
初期配置で味方の都市が敵のロケット砲の射程に入ってた.いやなトラップだ.
開始時から7ターンぐらい敵の猛攻が続くので占領部隊を送るのが遅れたが,西の山峡の南の中立都市がなぜか放置されていたのでここを占領.すると山峡の北の敵都市と距離が近いせいか,山峡部分に敵が大量に押し寄せてきて終盤まで激戦が続くことになった.
敵の注意が西の山峡に向いているためか東側は比較的手薄で,25ターンぐらいまでに北東の都市まで占領できた.この頃には敵がかなり疲弊していたので,あとは東西両側から敵拠点まで攻め上がってクリア.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦闘国家日記2

[戦闘国家-改- NEW OPERATIONS のプレイ日記]

ふそうは実は現代兵器はあまり興味がないので,プレイ中には兵器図鑑をよく参照するのだけれど,これが表示が遅くて気に障る.基本的なデータぐらいパッと表示してほしいな.

アフリカ傭兵国家2
序盤,北西の都市はヘリボーンで難なく確保できたが,中央のオアシス南の都市を占領に行った歩兵が爆撃で全滅してしまい,ここの確保にえらく手間取ってしまった.敵の自走砲や爆撃機が山のように攻めてきて,一時は全軍壊滅状態になったりして,オアシス南の都市周辺で20ターン過ぎまで激戦が続いた.敵の猛攻の合間に東方の都市の確保に成功したら後は順調に進攻できてクリア.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミッシング(1982 アメリカ)

クーデタで軍事政権となり情勢が不安定なチリで,アメリカ人のチャーリーが行方不明となった.チャーリーの父エドワードはアメリカ各省に調査を求めるが一向に状況が分からないため,チリに渡ってチャーリーの妻ベスと合流する.チャーリーは軍部に連行されたという目撃者がいるのに,アメリカ政府の調査では軍に逮捕の記録がないといい,ベスはすっかりアメリカ政府に不信感を持ってしまった.エドワードとベスは独自に足取りを追うと,チャーリーが失踪の直前にアメリカ軍の人間に接触したことが分かるのだが…という話.

外国で行方不明となった男を捜す父と妻を描いたドラマです.現実に起こった事件の手記を元に映画化されているということです.
エドワードやベスとしてはチャーリーの政治的信条や主義など関係なく,チャーリーの身に起こったことや現在の居場所が知りたいだけなのに,アメリカ政府はただ行方不明とするだけで真相がなかなか分かってこなくて,見ているほうもやきもきしてきます.これがエドワードやベスが感じていることに通じているようで,なかなか感情移入しやすかったです.特にエドワードが政府の人間に自分の気持ちを訴える様子が感動的でした.
またエドワードとベスが世代による考え方の違いで反発していたのが,同じ目的で行動していくうちにだんだんと分かり合えて行く様子もいいです.
チャーリーはたまたま軍部の人間と会話をしただけなのに身辺調査をされて危険人物とみなされたようで,そういう社会情勢は本当に恐いです.それから国民を保護しない政府というのも恐ろしく,思わず怒りが湧いてくる話ですが,これが現在でも起こりうることだとしたら…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エスケープ・フロム・L.A.(1996 アメリカ)

2000年ロサンゼルスは大地震で孤島化し,独裁者となった大統領はここを脱出不能な流刑地にした.2013年,大統領の娘ユートピアは国家機密の装置を盗み出しロサンゼルスに逃げ込んだ.彼女を利用したのはロサンゼルスで最大のテロ組織“輝く道"のクエボだった.かつての英雄で現在は大犯罪者のスネーク・プリスキンは大統領に呼び出され,10時間で神経が破壊されるウィルスを注入されてしまう.任務終了後の解毒剤を条件として,スネークは装置を取り返すためロサンゼルスに送り込まれる…という話.

伝説のアウトロー,スネーク・プリスキンが活躍するアクションアドベンチャーのシリーズ2作目です.
荒廃した大都会の監獄島に10時間で装置を取り返して帰還する,と背景世界はムチャで任務もムチャですが,なかなか雰囲気はいいです.スネークも寡黙でクールで非常にカッコいいです.
しかし,どう考えてもオフザケとしか思えないシーンがいくつもあって,スネークがクールなキャラクターなだけに笑えます.そしてクセのある住民たちがいろいろ登場して,なんだか不思議世界のようなコミカルな世界を作り上げています.
この映画ははじめから笑いを狙っていると感じがするので,そういうつもりで観ると非常に楽しめます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦闘国家日記1

[戦闘国家-改- NEW OPERATIONS のプレイ日記]

戦術シミュレーションゲームがやりたくなって 戦闘国家-改- NEW OPERATIONS を買った.このジャンルでは“大戦略”シリーズが有名だけど,“戦闘国家”シリーズのほうが評判が高いようなので,いままで未経験だけどやってみることにした.

プレイしてみると,グラフィクスは10年前のゲームのようにしょぼいし,音楽が戦争の雰囲気に合わないような気がする.しかしこのシリーズの売りである,行動力システムは戦線の突破やヒットアンドウェイなど戦術に幅が出ているし,長射程兵器の迎撃システムはボードシミュレーションゲームの防御射撃のように部隊行動に考える要因ができて,とても面白い.

とりあえず日本の生産タイプを元にユーザー生産タイプを作り,一つ目のキャンペーンを開始.
“アフリカ傭兵国家”は北アフリカの小国が舞台で,敵の生産タイプは中国だ.
一つ目のマップ“アフリカ傭兵国家1”は中央の都市をできるだけ早く押さえれば後は簡単だった.

さて,このゲームはプレイに時間がかかるしプレイするのに気合がいるので,ゆっくり進めようかな.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »