« 戦闘国家日記9 | トップページ | 陽のあたる場所(1951 アメリカ) »

戦闘国家日記10

[戦闘国家-改- NEW OPERATIONS のプレイ日記]

半島動乱2
2面目からもう大きなマップになった.初期都市状況は自軍3敵4中立7.西側が海になっていて初期配置に艦艇まである.
序盤の中立都市占領は,南方と中央は難なく成功,中央西の港湾都市では敵部隊と遭遇したがなんとか成功,中央東の都市は付近の敵部隊が多く占領を断念した.この時点で都市状況は自軍6敵8.
それから20ターンぐらいまで敵の襲撃を撃退しながら,予算収入の向上と主力部隊の生産に努める.敵の攻撃はほとんど西の港湾都市に集中していた.最初は辛いが,長射程の兵器が配置できれば楽になった.
またその間に海軍の衝突があった.自軍の潜水艦が高性能なのでこれを主戦力とし,水上艦艇と対潜ヘリコプターでサポートさせて,こちらの損害なしで敵艦艇戦力を一掃できた.その後潜水艦に補給艦をつけて,北西の敵港湾都市をミサイル攻撃し2つを壊滅させた.
反攻開始は中央東の敵都市から狙う.自軍都市から距離があるので,途中に都市を新設してそこから開始.敵の注意がそちらに向いたところで,西港湾都市からも進撃を開始.30ターン前に中央東の都市と北西の敵都市群の1つを占領できた.
この時点でこちらが圧倒的優勢になり,後は道沿いに敵都市を複数同時に落としていき,40ターンに敵拠点を占領してクリア.

初めて艦艇が登場したマップだったけど,使えるのは序盤だけなのがさびしいね.敵艦艇を全滅させたら,水上艦艇は敵航空部隊の的にしかならないので港の中に入れておくしかない.陸上への艦砲射撃がろくにできないのは登場したのが小艦艇ばかりだから仕方がないか.
あと巡航ミサイルの威力が低すぎ.1回の攻撃で都市規模が1しか減らないので,補給艦を隣接させて補給しながら連続攻撃しないと意味がない.隠密行動が特徴の潜水艦が補給艦をくっつけたままなんてさすがに不細工だね.

|

« 戦闘国家日記9 | トップページ | 陽のあたる場所(1951 アメリカ) »

ゲーム」カテゴリの記事

[戦闘国家]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/3917350

この記事へのトラックバック一覧です: 戦闘国家日記10:

« 戦闘国家日記9 | トップページ | 陽のあたる場所(1951 アメリカ) »