« 大侵略(1968 イギリス) | トップページ | キャットウーマン(2004 アメリカ) »

バットマン リターンズ(1992 アメリカ)

下水道から怪人ペンギンが現れ,ゴッサム・シティを騒がせていた.ペンギンはデパートの社長シュレックを誘拐し,地上に出るための協力をさせた.シュレックの秘書セリーナは,計画中の発電所の陰謀に気づきシュレックに殺されてしまうが,猫の力により甦ってキャットウーマンとなり復讐を狙う.ペンギンはシュレックにそそのかされて市長の座に就こうとする.ペンギンとキャットウーマンは協力して,自分たちの計画の邪魔になるバットマンを罠にかける…という話.

アメリカンコミックスのヒーロー,バットマンの映画化のシリーズ2作目です.
まず,ダークでファンタジックなゴッサム・シティの雰囲気がすばらしいです.そして,登場するキャラクターがみんな個性的であり魅力的です.
奇形のために生みの親に捨てられて,下水道に住むペンギンたちに育てられた怪人ペンギン.いろいろな仕掛けのある傘を使いこなしたり,アヒル方の乗り物や,部下のサーカス党やペンギン軍団も楽しいです.
コーヒーを入れることしか能がないドジなセリーナが,突き落とされたショックで性格がおかしくなったキャットウーマン.継ぎはぎの衣装と振る舞いがとてもセクシーです.
悪の元凶であるシュレックも息子思いのところがあるし,バットマンのブルース・ウェインは同じ境遇のセリーナに惹かれる.みんな善や悪一色ではなく,どこか人間味のあるところが良かったです.
ほかにもあちこちに遊び心があって丁寧に作られていて,とても楽しく見られた作品でした.

|

« 大侵略(1968 イギリス) | トップページ | キャットウーマン(2004 アメリカ) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/3966544

この記事へのトラックバック一覧です: バットマン リターンズ(1992 アメリカ):

« 大侵略(1968 イギリス) | トップページ | キャットウーマン(2004 アメリカ) »