« キャットウーマン(2004 アメリカ) | トップページ | パーフェクト・ワールド(1993 アメリカ) »

戦闘国家日記11

[戦闘国家-改- NEW OPERATIONS のプレイ日記]

このゲームはキャンペーンでは部隊の引継ぎができるのだけど,部隊を派遣するには予算が必要だ.前のマップで経験を積んでレベルの上がった高額な兵器は,序盤の予算が少ないときには予算が足らず使えない.結局安価な兵器をで戦うことになるのだが,安価な兵器は生存率が高くないので,結局新規に生産することが多くなる.そういうことで,あまり部隊引継ぎのありがたみというのが感じられないな.
それどころか前のマップで高額な兵器を作りすぎると部隊数制限のために安価な兵器の数を揃えられなくなり,泣く泣く経験を積んだ高額な兵器を削除して部隊数を減らさないといけないところは困り者.マップの広さに対して総部隊数70は少なすぎるよ.

半島動乱3
初期都市状況は自軍3敵4中立8.マップのほとんどが雪原になり,地上部隊の移動がしにくいので防御側に有利.自走ロケット砲や自走対空ミサイルが進攻時に使いにくくなり,航空機が主力になるマップだ.
中立都市占領は,自軍拠点のすぐ北東方の都市は抵抗なしで成功,南方中央と東方中央は敵と交戦しながらも成功.この時点で都市状況は自軍6敵9.
またいつものようにこれから戦力を充実させるのだが,その間敵の攻撃は南方中央の都市に集中していた.15ターン目あたり,中央部の敵都市ががら空きだったので隙を突いて占領しておいた.
南の海では海戦が発生,相変わらず自軍の潜水艦が強力なので一方的な展開になった.ただ敵の数が多く,一時弾薬補給で港に帰った隙に自軍の拠点が巡航ミサイルの攻撃を受けて驚いたが,たいした被害ではなかった.自軍海軍が戦場に復帰すると敵の強襲揚陸艦が3隻ほどいたが,すべて海上で撃破した.
20ターン目あたり,敵が新都市を建設し始める.中央北方と北東方面は敵都市が遠くてどう攻めようかと悩んでいたが,こちらに向かうかたちで都市ができたおかげで楽になった.戦力も集まったのでこの2方面で同時に進攻を開始.北東方面は撃退されたが中央北方の都市の占領には成功した.
25ターン目あたり.敵の攻撃は中央北方の自軍都市に向かうようになったので,南方中央の自軍都市から進撃を開始.南方西方の敵港湾都市を占領した.同じころ自海軍も敵海軍の残党の掃討を完了した.北東方面も再度の進攻で敵都市のひとつの占領に成功した.
30ターン目あたり.すでに自軍が優勢になり,中央北方面と北東方面では敵拠点方面に進撃も可能になったのだが,敵拠点付近の山の中に長射程の対空ミサイル陣地と自走ロケット砲が3基づつ隠してあるので攻めあぐねていた.南西方面は敵の抵抗もほとんどなくなり,北に向けて敵都市を次々に攻略し敵の国力を削いでいった.
敵の国力が落ちてくるとともに敵拠点方面の抵抗も弱くなっていき,40ターン目前ぐらいにようやく,自軍の自走ロケット砲で目障りだった敵の対空ミサイル陣地と自走ロケット砲を破壊することができた.こうして44ターン目に敵拠点を征圧してクリア.

|

« キャットウーマン(2004 アメリカ) | トップページ | パーフェクト・ワールド(1993 アメリカ) »

ゲーム」カテゴリの記事

[戦闘国家]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/4022130

この記事へのトラックバック一覧です: 戦闘国家日記11:

« キャットウーマン(2004 アメリカ) | トップページ | パーフェクト・ワールド(1993 アメリカ) »