« 愛しのローズマリー(2001 アメリカ) | トップページ | 戦闘国家日記14 »

裸のガンを持つ男(1988 アメリカ)

ベイルートでの反米会議を粉砕して帰国したロサンゼルス市警のフランク・ドレビン警部は,旧友のノードバーグが麻薬捜査中に撃たれて重傷を負ったことを知った.英国女王のロサンゼルス訪問を控えて警備を準備する一方,ノードバーグの事件を追跡したドレビンは,麻薬組織に財閥のルドウィグが絡んでいることに気づく.ルドウィグはスパイとしてジェーンをドレビンの元に送り込み,ドレビンはジェーンと恋におちる.そしてルドウィグの会社に忍び込んだドレビンは女王暗殺計画を発見するのだが…という話.

ドジな警部がとんでもない失敗を繰り返しながらも活躍するドタバタコメディです.
オープニングの“アメリカの敵”の会議からナンセンスなギャグで飛ばしまくり.古典的なネタやバカバカしいネタが多いけれども,大小のギャグの数が半端じゃなく,大いに笑わせてくれました.ただ下品なネタもそれなりにあるので苦手な人がいるかもしれません.
笑っている間に本筋をよく忘れてしまうので,ありがちで単純なストーリもありがたいです.頭を空っぽにして馬鹿笑いしたいときにはうってつけな作品でしょう.

|

« 愛しのローズマリー(2001 アメリカ) | トップページ | 戦闘国家日記14 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/4233777

この記事へのトラックバック一覧です: 裸のガンを持つ男(1988 アメリカ):

« 愛しのローズマリー(2001 アメリカ) | トップページ | 戦闘国家日記14 »