« おつむてんてんクリニック(1991 アメリカ) | トップページ | THE 姉チャン 特別編 »

蝿男の恐怖(1958 アメリカ)

フランソワは義妹のエレーヌから弟アンドレを殺してしまったとの連絡を受ける.アンドレの死体は上半身をプレス機で押しつぶされていおり,入院したエレーヌは何が起こったのか語ろうとはしなかった.しかしエレーヌとアンドレの息子から聞いた“頭の白い蝿”を,フランソワが捕まえたとエレーヌに言うと,エレーヌはようやくそれまでにあったことについて話し始める.数ヶ月前のこと,アンドレは物質転送装置を発明したが動作が安定しなかった.試行錯誤を繰り返すアンドレだったが,ついに恐るべき事故がおきてしまう…という話.

事故で異形のものになってしまった科学者とその妻の苦悩を描いたSFホラーの古典です.転送装置に異物が入っていたために事故で融合してしまうというプロットはあまりに有名ですね.
不気味な姿になってしまった苦痛やだんだん自分の意識が失われてしまう恐怖は一見荒唐無稽なもののようですが,どことなく病気や老いに対する恐怖につながるものがあって,理解しやすい怖さだと思います.
アンドレのために行動するエレーヌがいじらしいのですが,唯一の希望の光が一匹の蝿でそれを半狂乱になって追い回すエレーヌが痛々しいです.しかし事件の後は精神異常のふりをしたり例の蝿を殺せと言ったりと,なんだか逞しくなります.これも息子を想う愛情の力ということなんでしょうか.
そしてラストが衝撃的です.誰でも思わずやってしまいそうな行動なだけにとても怖く,すごいシーンだと思いました.

|

« おつむてんてんクリニック(1991 アメリカ) | トップページ | THE 姉チャン 特別編 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/4723678

この記事へのトラックバック一覧です: 蝿男の恐怖(1958 アメリカ):

« おつむてんてんクリニック(1991 アメリカ) | トップページ | THE 姉チャン 特別編 »