« 戦闘国家日記15 | トップページ | クロコダイル・ダンディー(1986 オーストラリア) »

スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー(2004 アメリカ/イギリス/イタリア)

1939年ニューヨーク,新聞記者ポリーが連続科学者失踪を調査していたところ,巨大ロボットの集団が市街を襲い始めたが,“スカイキャプテン”ジョー・サリヴァンに助けられた.科学者失踪とロボット襲撃に関連を見つけたジョーとポリーは,事件の中心に謎の天才科学者トーテンコフが存在していることを知る.その後再びロボットの集団が現れスカイキャプテンの基地は破壊されてしまうが,ロボットコントロールの発信源がネパールにあることを突き止めた.ジョーとポリーは空白地帯になっているその地点に向かうのだが…という話.

エース・パイロット“スカイキャプテン”の活躍を描いたアクションアドベンチャーです.
レトロな雰囲気の世界に巨大ロボットやスーパー戦闘機,光線銃,女暗殺者,浮かぶ要塞,怪物の島,地球を壊滅させるロケットと,昔の空想科学冒険物語そのままの世界の要素が満載でワクワクしながら見られました.スカイキャプテンが駆るスーパー戦闘機がなぜかカーチスP-40の改造機であるところもいろいろうれしくなりました.
序盤のセピア色調でソフトフォーカスの影の多い映像はちょっと見づらいところもありますが,全編ブルースクリーンで撮られてCGや写真を合成して作られたという映像はかなり作りこまれていて独特のよい雰囲気があります.
ジョーとポリーのユーモアあふれる掛け合いは非常に楽しく,ジョーを支える技術者デックスや異常にカッコいい移動基地指揮官のフランキーなどはとてもいい感じのキャラクターでした.
物語のほうはアドベンチャー物らしいお約束シーンが多くご都合主義の嫌いな人には向きませんが,愉快痛快な映画が見たいなという時にはオススメです.

|

« 戦闘国家日記15 | トップページ | クロコダイル・ダンディー(1986 オーストラリア) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/4407441

この記事へのトラックバック一覧です: スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー(2004 アメリカ/イギリス/イタリア):

» 娯楽活劇!! ―DVD評:スカイキャプテン― [よろずおしゃべり堂]
 先日発売された「スカイキャプテン」のDVDを購入、さっそく 観た。劇場公開時、テレビコマーシャルで流れていた、セピア調の レトロっぽい映像がものすごく気になっていたのだが、見過ごして しまい、残念に思っていた作品である。そういうわけでDVDを観た のだが、なかな..... [続きを読む]

受信: 2005/06/06 23:38

» ■スカイキャプテン -ワールド・オブ・トゥモロー- [ルーピーQの活動日記]
 1939年のニューヨーク。突如、空から巨大ロボットが舞い降り、街を破壊し始めた。新聞記者のポリー(グウィネス・パルトロウ)は、カメラを手にスクープを狙い外に出るが、危うくロボットに踏み潰されそうになる。間一髪を救ったのが、ポリーの元恋人で、空軍パイロ..... [続きを読む]

受信: 2005/06/10 01:16

» スカイキャップテン ワールド・オブ・トゥモロー      ~新作DVD~ [利用価値のない日々の雑学]
こういう作品のジャンルって正確には何といったら良いのだろうか、SFアドベンチャーというのが一般的なんだろうけど、SFっていうと、どうも時間軸を考えると未来の様が気がして、こういう「少し過去」のSFっていうのは違う言葉での定義づけが必要な気がする。というか、日本のアニメやコミックなんかが大変得意にしている分野と聞いている。そう、最近、このブログで、「最早ハリウッドに適う物は何もない」的な文章を多く書いて大変顰蹙を買っているのだが、エンタメ界で日本が世界に誇れる分野というのは、ゲームとコミックと、一部の... [続きを読む]

受信: 2005/06/23 12:57

» スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー [おすすめ本と最新映画情報【書評と映画レビュー】 本検索、本通販、映画館、読書感想文、評論、批評]
スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー プレミアム・エディション スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー 初回限定スペシャル・プライス版 おすすめ度:★★★  この映画は、映画館の予告編で見た。予告編で見たときは、映像がレトロで面白い映画か....... [続きを読む]

受信: 2005/12/18 17:28

« 戦闘国家日記15 | トップページ | クロコダイル・ダンディー(1986 オーストラリア) »