« アイデンティティー(2003 アメリカ) | トップページ | 恋はデジャ・ブ(1993 アメリカ) »

Mr.インクレディブル(2004 アメリカ)

かつてはスーパーヒーローたちが活躍するアメリカだったが15年前に市民がヒーローを訴える訴訟が相次ぎ,彼らは活動を禁じられることになった.Mr.インクレディブルはイラスティガールと結婚し一般市民として暮らしていたが,彼は昔の活躍が忘れられず不満な日々を送っていた.そんな彼に政府の極秘部門と名乗る組織から極秘の任務が届き,Mr.インクレディブルはさっそく依頼を受ける.しかしそれはヒーローを犠牲として強力な兵器を作る実験だった.彼の危機を察知したイラスティガールは救出に向かうのだが…という話.

スーパーヒーロー家族の活躍を描いたファミリー向けアニメです.
CGで作られた映像がとてもすごいです.とくに髪の毛や服の質感,水に濡れたときには濡れたように変化する表現力にはビックリさせられました.
ストーリーはスーパーヒーローがただガンガン活躍するだけのものではなく,前半は一般市民の生活にどうしても慣れないなどのスーパーヒーローなりの悩みがあらわされていて興味深いです.怪力だけのMr.インクレディブルよりもイラスティガールが柔軟な体のように“普通の”生活に適応しているのも面白いです.後半はスパイ活動のような悪の基地への潜入から,対スーパーヒーロー兵器との対決と,スピード感がある見所が多く楽しかったです.
登場人物も個性の強いキャラが多いです.インクレディブルの家族や親友のフロストや敵役のシンドロームなんかもなかなかいいですが,スーパースーツのデザイナーのエドナが飛びぬけてユニークで印象的でした.
いろいろ考えさせられるところもあり,どちらかというと大人の方が楽しめるようなアニメ作品ですね.

|

« アイデンティティー(2003 アメリカ) | トップページ | 恋はデジャ・ブ(1993 アメリカ) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

蓑笠亭主人 鋤谷九郎(みのかさていしゅじん すきやくろう)です。Mrインクレディブルは、映画館では日本語吹き替え、DVDでは、音声、字幕ともに英語で鑑賞しました。ストーリー展開、映像、台詞、吹き替え陣の熱演、全てすばらしかったです。でも一点「深層に潜むメッセージ」は気になりました。そもそも、このMrインクレディブルとは40年程前のアメリカアニメのスーパーヒーローなんですね。当時彼はアメリカの「民主主義」や「経済」の「混乱」「破壊」を企む敵と戦っていたのです。(そのことは、DVD特典映像で知りました。)つまり、そのアニメは「冷戦構造」との「合わせ鏡」であったのです。勝利者は当然Mrインクレディブル、つまり「アメリカ」ですね。その彼が「復活」したのです。社会的に排除されていたMrインクレディブルが、かつては自らの「大ファン」であった死の商人「シンドローム」を退治することで「スーパーヒーロー」に返り咲くのです。つまり、このMrインクレディブルという映画は現在の「テロリストVSアメリカ」との「合わせ鏡」になっているのです。(そういった目で見ると、彼とフロゾンが「救助活動」をしていた建物が火災で「崩落」する場面や、シンドロームが送り込んだ飛行機がビルに突っ込む場面は、「ツインタワー」と「ペンタゴン」を連想させます。)「世界の警察アメリカ」や「パックスアメリカーナ」といった表現にはどうしても反感を感じる蓑笠亭は、このユーモア溢れる映画にもため息を禁じ得ないのです。あ、それともう一つ。原題はThe Incrediblesですよね。つまり「インクレディブル一家」です。原題の意味をきちんと踏まえた日本語のタイトルが欲しいものです。

投稿: 蓑笠亭主人 鋤谷九郎 | 2005/08/17 10:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/4900346

この記事へのトラックバック一覧です: Mr.インクレディブル(2004 アメリカ):

» ■Mr.インクレディブル [ルーピーQの活動日記]
 Mr.インクレディブルことボブ・パーと妻のヘレンは、かつて世の中の平和を乱す悪と闘い、人々を危機から救い出す大活躍をしていた。ところが、15年前のスーパー・ヒーロー制度廃止を機に、夫妻は一般市民として暮らすことを余儀なくされ、3人の子供たちヴァイオレッ..... [続きを読む]

受信: 2005/07/11 14:27

» 「Mr.インクレディブル」 [e-ga@MORIX]
Mr.インクレディブル ぶったまげました。最高におもしろい! 基本的にスーパーヒーローものは好きなので、プラスの方向で評価しちゃいますが、それを差し引いたとしても文句なしで満点です。モーションキャプチャー(?)のリアルな動きは他の作品でもよく見るので慣れてきたのかもしれないけど、フルCGの背景、小道具、髪の毛やら表情がリアル過ぎて驚愕。それを楽しむだけでも一見の価値があるが、ディズニー×ピクサーの強みであるワクワクドキドキの脚本には心から感服。 日本語吹き替え版で見たんです... [続きを読む]

受信: 2005/07/12 01:06

» 「Mr.インクレディブル」 [ブログ - Mさんのブログ - M[エム]]
製作年度:2004年製作国・地域:アメリカ上映時間:115分監督:ブラッド・バード製作総指揮:ジョン・ラセター原作:−脚本:ブラッド・バード音楽:マイケル・ジアッキノ声の出演:クレイグ・T・ネルソン 、ホリー・ハンター 、サラ・ヴォーウェル 、スペンサー・フォックス 、エリザベス・ペーニャオススメ度:★★★★★ストーリー:スーパー・ヒーローの破壊力に満ちたパワーは、一般市民の生活にもダメージをあたえ、スーパー・ヒーローは、政府から活動を禁止されてしまう。それから15年後、かつて人気ナ...... [続きを読む]

受信: 2005/07/12 22:05

» Mr.インクレディブル [女ざかり映画日記]
Mr.インクレディブル★★★★ とっても面白かったです。思わず笑いました(*^_^*) [続きを読む]

受信: 2005/08/23 13:56

» 『Mr.インクレディブル』 [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
『Mr.インクレディブル』公式サイト:http://www.pixar.com/jp/feature/incredibles/原題:THE INCREDIBLES製作:2004年米監督:ブラッド・バード声優:クレイグ・T・ネルソン/ホリー・ハンター/サラ・ヴォーウェル/スペンサー・フォックス日本語版声優:三浦友和/黒木瞳/....... [続きを読む]

受信: 2005/11/02 07:49

« アイデンティティー(2003 アメリカ) | トップページ | 恋はデジャ・ブ(1993 アメリカ) »