« 2005年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2005年7月の8件の記事

更新停止

えふうそ の更新を停止します.

[DVD映画 廉価版情報] については近いうちに削除します.
他のコンテンツはしばらく置いておくつもりです.

今までお付き合いいただきありがとうございました.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

DVD鑑賞日記 タイトル一覧

[ア]
アイデンティティー(2003 アメリカ)
愛と哀しみの果て(1985 アメリカ)
愛と追憶の日々(1983 アメリカ)
アイドル・ハンズ(1999 アメリカ)
アイ,ロボット(2004 アメリカ)
赤ちゃん泥棒(1987 アメリカ)
悪魔の赤ちゃん(1973 アメリカ)
アップライジング(2001 アメリカ)
アラバマ物語(1962 アメリカ)
ある日どこかで(1980 アメリカ)
或る夜の出来事(1934 アメリカ)
アンドロメダ…(1971 アメリカ)
イージー・ライダー(1969 アメリカ)
いつか晴れた日に(1995 イギリス/アメリカ)
いとこのビニー(1992 アメリカ)
愛しのローズマリー(2001 アメリカ)
妹の恋人(1993 アメリカ)
インビジブル(2000 アメリカ)
ウエストワールド(1973 アメリカ)
宇宙戦争(1953 アメリカ)
エスケープ・フロム・L.A.(1996 アメリカ)
エリン・ブロコビッチ(2000 アメリカ)
エルマー・ガントリー/魅せられた男(1960 アメリカ)
エルム街の悪夢(1984 アメリカ)
エレファント・マン(1980 アメリカ/イギリス)
黄金(1948 アメリカ)
オーシャンズ11(2001 アメリカ)
オール・ザ・キングスメン(1949 アメリカ)
オーロラの彼方へ(2000 アメリカ)
おつむてんてんクリニック(1991 アメリカ)
男と女(1966 フランス)
鬼ママを殺せ(1987 アメリカ)
オリバー!(1968 イギリス)

[カ]
カーリー・スー(1991 アメリカ)
華氏451(1966 イギリス/フランス)
壁の中に誰かがいる(1991 アメリカ)
危険な遊び(1993 アメリカ)
危険な関係(1988 アメリカ)
キャッチ22(1970 アメリカ)
キャットウーマン(2004 アメリカ)
恐竜100万年(1966 イギリス)
巨星ジーグフェルド(1936 アメリカ)
キル・ビル Vol.1(2003 アメリカ)
キル・ビル Vol.2(2004 アメリカ)
クイズ・ショウ(1994 アメリカ)
空軍大戦略(1969 イギリス)
グース(1996 アメリカ)
グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997 アメリカ)
クライング・ゲーム(1992 イギリス)
暗くなるまで待って(1967 アメリカ)
グランド・ホテル(1932 アメリカ)
クリスティーン(1983 アメリカ)
グレン・ミラー物語(1954 アメリカ)
クロコダイル・ダンディー(1986 オーストラリア)
グロリア(1980 アメリカ)
ケイン号の叛乱(1954 アメリカ)
コイサンマン(1981 南アフリカ)
恋はデジャ・ブ(1993 アメリカ)
ゴースト・オブ・マーズ(2001 アメリカ)
候補者ビル・マッケイ(1972 アメリカ)
荒野の七人(1960 アメリカ)
ゴスフォード・パーク(2001 アメリカ)
ゴッド and モンスター(1998 アメリカ)

[サ]
13F(1999 アメリカ)
サウスパーク/無修正映画版(1999 アメリカ)
砂漠の戦場 エル・アラメン(1968 イタリア/フランス)
サハラ戦車隊(1943 アメリカ)
サベイランス -監視-(2001 アメリカ)
サルバドル/遥かなる日々(1986 アメリカ)
サンセット大通り(1950 アメリカ)
サンダーバード(1966 イギリス)
サンダーバード6号(1968 イギリス)
幸福の条件(1993 アメリカ)
ジーリ(2003 アメリカ)
シャーロット・グレイ(2001 イギリス/ドイツ/オーストラリア)
ジャック・フロスト パパは雪だるま(1998 アメリカ)
将軍たちの夜(1966 アメリカ)
死霊伝説(1979 アメリカ)
死霊のえじき(1985 アメリカ)
死霊のはらわたII(1987 アメリカ)
シンドラーのリスト(1993 アメリカ)
酔拳(1978 香港)
スウェプト・アウェイ(2002 アメリカ)
スーパーマンII/冒険篇(1981 アメリカ)
スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー(2004 アメリカ/イギリス/イタリア)
スター・ウォーズ 新たなる希望(1977 アメリカ)
スター・ウォーズ 帝国の逆襲(1980 アメリカ)
スター・ウォーズ ジェダイの帰還(1983 アメリカ)
スター・トレック(1979 アメリカ)
スターマン(1984 アメリカ)
スチュアート・リトル(1999 アメリカ)
ストリートファイター(1994 アメリカ)
スパイダー パニック!(2002 アメリカ)
スペースバンパイア(1985 イギリス)
スミス都へ行く(1939 アメリカ)
西部開拓史(1962 アメリカ)
戦艦バウンティ号の叛乱(1935 アメリカ)
草原の輝き(1961 アメリカ)
ゾラの生涯(1937 アメリカ)
ゾンビ(1978 アメリカ/イタリア)

[タ]
大空港(1970 アメリカ)
大災難P.T.A.(1987 アメリカ)
大地震(1974 アメリカ)
大侵略(1968 イギリス)
太平洋機動作戦(1951 アメリカ)
黄昏(1981 アメリカ)
脱走山脈(1968 イギリス)
ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000 デンマーク)
地球の静止する日(1951 アメリカ)
地上最大の脱出作戦(1966 アメリカ)
チャンス(1979 アメリカ)
デイ・アフター・トゥモロー(2004 アメリカ)
テキサス・チェーンソー(2003 アメリカ)
手錠のままの脱獄(1958 アメリカ)
デストラップ・死の罠(1982 アメリカ)
デッドゾーン(1983 カナダ)
天国から来たチャンピオン(1978 アメリカ)
透明人間(1992 アメリカ)
12モンキーズ(1995 アメリカ)
トゥルーマン・ショー(1998 アメリカ)
遠い夜明け(1987 イギリス)
トーク・トゥ・ハー(2002 スペイン)
東部戦線1944(2002 ロシア)
ドーン・オブ・ザ・デッド(2004 アメリカ)
ドクトル・ジバゴ(1965 アメリカ/イタリア)
突撃隊(1961 アメリカ)
ドニー・ダーコ(2001 アメリカ)
トロイ(2004 アメリカ)
トロン(1982 アメリカ)

[ナ]
ナイト・オブ・ザ・リビングデッド/死霊創世紀(1990 アメリカ)
何がジェーンに起ったか?(1962 アメリカ)
ナバロンの嵐(1978 イギリス)
28日後…(2002 イギリス/アメリカ/オランダ)
熱砂の戦車軍団(1969 イタリア)
ネットワーク(1976 アメリカ)

[ハ]
パーフェクト・ワールド(1993 アメリカ)
蝿男の恐怖(1958 アメリカ)
バカルー・バンザイの8次元ギャラクシー(1984 アメリカ)
裸のガンを持つ男(1988 アメリカ)
80日間世界一周(1956 アメリカ)
バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985 アメリカ)
バットマン リターンズ(1992 アメリカ)
初恋のきた道(1999 アメリカ/中国)
パッチ・アダムス(1998 アメリカ)
波止場(1954 アメリカ)
ハネムーンは命がけ(1993 アメリカ)
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004 アメリカ)
ハロウィン(1978 アメリカ)
バンガー・シスターズ(2002 アメリカ)
ヒーロー/靴をなくした天使(1992 アメリカ)
光る眼(1995 アメリカ)
陽のあたる場所(1951 アメリカ)
ビバリーヒルズ・コップ(1984 アメリカ)
ファースト・ワイフ・クラブ(1996 アメリカ)
ファントム・オブ・パラダイス(1974 アメリカ)
ファイナル・デスティネーション(2000 アメリカ)
フィールド・オブ・ドリームス(1989 アメリカ)
フィッシャー・キング(1991 アメリカ)
フェノミナン(1996 アメリカ)
普通の人々(1980 アメリカ)
プライベート・ベンジャミン(1980 アメリカ)
ブラックホーク・ダウン(2001 アメリカ)
ブルー・ストリーク(1999 アメリカ)
ブロードウェイ・メロディー(1929 アメリカ)
ヘルハウス(1973 イギリス)
ヘレン・オブ・トロイ(1955 アメリカ)
炎の戦線 エル・アラメイン(2002 イタリア)
ホワット・ライズ・ビニース(2000 アメリカ)

[マ]
マッケンジー脱出作戦(1970 アメリカ)
マッシュ(1970 アメリカ)
招かれざる客(1967 アメリカ)
ミクロの決死圏(1966 アメリカ)
Mr.インクレディブル(2004 アメリカ)
ミスタア・ロバーツ(1955 アメリカ)
ミスティック・リバー(2003 アメリカ)
未知への飛行/フェイル・セイフ(1964 アメリカ )
ミッシング(1982 アメリカ)
ミッドナイト・エクスプレス(1978 アメリカ)
ミッドナイトクロス(1981 アメリカ)
ミッドナイト・ラン(1988 アメリカ)
ミニヴァー夫人(1942 アメリカ)
ムーラン・ルージュ(2001 アメリカ)
メル・ブルックスのサイレント・ムービー(1976 アメリカ)

[ヤ]
要塞(1970 アメリカ)

[ラ]
ラスト サムライ(2003 アメリカ)
リーマン・ジョー!(2001 アメリカ)
リバー・ランズ・スルー・イット(1992 アメリカ)
掠奪戦線(1970 アメリカ)
ルディ(1993 アメリカ)
ロード・オブ・ザ・リング(2001 アメリカ/ニュージーランド)
ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(2002 アメリカ/ニュージーランド)
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003 ニュージーランド/アメリカ)
633爆撃隊(1964 イギリス)
ロスト・イン・トランスレーション(2003 アメリカ/日本)
ロンゲスト・ヤード(1974 アメリカ)
ロンメル軍団を叩け(1970 アメリカ)

[ワ]
わが命つきるとも(1966 イギリス)
我が道を往く(1944 アメリカ)
我が家の楽園(1938 アメリカ)
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ(1984 アメリカ)
ワンダとダイヤと優しい奴ら(1988 アメリカ)

| | コメント (0)

アイドル・ハンズ(1999 アメリカ)

連続殺人事件がボランの町を騒がせていた.ぐうたらな生活をしている若者アントンは家の中で両親の死体を発見した.親友のミックとプナブとともに見つけた証拠は,犯人がアントンだということを示していた.突然アントンの右手が彼の意思とは無関係に暴れだし,親友2人を惨殺してしまう.殺人鬼となった右手は次に片思いの相手モリーを襲おうとするが,アントンはなんとか右手を抑えて彼女を翌日のパーティに誘うことに成功する.その夜両親と親友を埋葬しようとすると,ミックとプナブがゾンビとなって甦ってきて…という話.

右手が殺人鬼となってしまった若者の騒動を描いた青春ホラー・コメディです.
“Idle hands are the devil's workshop.”ということで,普段からマリファナを吸ってテレビばかり見ている怠け者のアントンの右手に悪霊が乗り移り凄惨な殺人を繰り返すのですが,これはなかなかにグロいです.しかし真剣な顔して自分の右手と格闘するアントンの姿はどう見てもおバカ.そして脇にいる親友のミックとプナブがあの状況にもかかわらずマイペースののんき者で,これまた相当なおバカ.おバカな3人の効果で相当にバカバカしくて面白い作品になっています.
クダらないジョークも多いしなかなかテンポよく進むので,怠け者になった気分で気楽に楽しめました.ただしR指定がついていますしこのノリは人を選ぶでしょうから,万人には薦められませんけど.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋はデジャ・ブ(1993 アメリカ)

スター気取りでわがままなテレビの天気予報官フィルは,新しいプロディーサーのリタたちとともに,田舎町パンクスタウニーを訪れた.聖燭節の祭りを取材し引き上げようとしたフィルたちは吹雪のために町に足止めを喰ってしまう.翌朝からフィルには聖燭節の日が繰り返されるようになった.最初は悩んでいたフィルだが,そのうちにこのことを利用して無茶をしたり悪戯をするのようになる.そしてリタを口説くことを思いつくのだが,いくら口説き方を改良してもうまくいかないのだった…という話.

同じ日々を繰り返す男の恋の行方を描いたコメディです.
設定は荒唐無稽ですが,フィルがこの異常な状況に悩んだり,抵抗したり,利用したり,絶望したり,いろいろするようすがとても面白いです.ただ同じ日を繰り返すだけでなく,はじめは利己主義なフィルがだんだん思いやり深く成長するところも気持ちがいいです.
そして同じ1日でも行動によって最高の日にも最低の日にもなることができるという点は,なかなか意味深いものがありますね.現実には同じ日を繰り返すことはないからこそ1日1日を大切にしたいと思わされました.
見た後にすっきりした気分になるところからもオススメの作品ですね.

| | コメント (0) | トラックバック (2)

Mr.インクレディブル(2004 アメリカ)

かつてはスーパーヒーローたちが活躍するアメリカだったが15年前に市民がヒーローを訴える訴訟が相次ぎ,彼らは活動を禁じられることになった.Mr.インクレディブルはイラスティガールと結婚し一般市民として暮らしていたが,彼は昔の活躍が忘れられず不満な日々を送っていた.そんな彼に政府の極秘部門と名乗る組織から極秘の任務が届き,Mr.インクレディブルはさっそく依頼を受ける.しかしそれはヒーローを犠牲として強力な兵器を作る実験だった.彼の危機を察知したイラスティガールは救出に向かうのだが…という話.

スーパーヒーロー家族の活躍を描いたファミリー向けアニメです.
CGで作られた映像がとてもすごいです.とくに髪の毛や服の質感,水に濡れたときには濡れたように変化する表現力にはビックリさせられました.
ストーリーはスーパーヒーローがただガンガン活躍するだけのものではなく,前半は一般市民の生活にどうしても慣れないなどのスーパーヒーローなりの悩みがあらわされていて興味深いです.怪力だけのMr.インクレディブルよりもイラスティガールが柔軟な体のように“普通の”生活に適応しているのも面白いです.後半はスパイ活動のような悪の基地への潜入から,対スーパーヒーロー兵器との対決と,スピード感がある見所が多く楽しかったです.
登場人物も個性の強いキャラが多いです.インクレディブルの家族や親友のフロストや敵役のシンドロームなんかもなかなかいいですが,スーパースーツのデザイナーのエドナが飛びぬけてユニークで印象的でした.
いろいろ考えさせられるところもあり,どちらかというと大人の方が楽しめるようなアニメ作品ですね.

| | コメント (1) | トラックバック (5)

アイデンティティー(2003 アメリカ)

死刑執行の前夜,弁護側の医師の主張によって殺人鬼マルコム・リバースの再審理が行なわれることになった.同じころ,女優の付き添い運転手エドは親子連れの母親を跳ね,彼らはモーテルに助けを求める.しかし豪雨のため電話は通じずエドは車で救急病院にむかったが,洪水で交通も遮断され,合流した売春婦と新婚夫婦とともにモーテルに戻った.そこに連続殺人の囚人を護送中の刑事がたどり着いた.深夜悲鳴が聞こえ,10号室の鍵とともに女優の生首が発見される.そしてさらに囚人が逃げ出したことがわかる…という話.

1箇所に集められた11人が次々に殺されていくというサスペンス・ホラー…かな.
物語が進むにつれて徐々に謎を増大させていき,多少引っかかる点もありますがそれを忘れさせてくれるほど,大胆に一気にひっくり返す展開がとても面白いです.この環境だったら何でもありだなという気もしますが,悪夢の中のような重い雰囲気がいいことと,事実と起こったこととの絡み合い具合がなかなか面白い点で,なんだが妙に説得力があったような気がします.作品自体も短いしテンポよく話が進むので,一気に最後まで楽しめました.
…うーん,ネタバレなしに感想が書きにくい作品でもあります.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ジーリ(2003 アメリカ)

ロサンゼルスのチンピラ,ラリー・ジーリは兄貴分のルイスに,知的障害者のブライアンの誘拐を命令された.ラリーは無事にブライアンを自宅に連れて来ることに成功したが,ラリーを信頼していないルイスは監視役に謎の美女リッキーを送り込んだ.ブライアンの世話に手を焼き,リッキーを口説こうとして拒絶されたり,ラリーは不満が絶えない.そんなとき,ブライアンが連邦検察官の弟だと知ってラリーとリッキーは驚きあわてる.さらにブライアンの親指を送りつけろと命令されて,そんな非情さを持たない2人は困り果てるのだった…という話.

しがないチンピラと監視役の美女,そして誘拐された知的障害者のかかわりあいを描いたコミカルな犯罪映画です.
カッコつけていても結局女を抱くことしか考えてないラリーの単純なバカさ加減がおかしいです.ブライアンも女性のことばかり考えているみたいだし,男って本当にマヌケな生き物なんだと思えてきます.それに比べてリッキーは知的で度胸があって美しく,本当に魅力的でした.彼らの織り成す本編とかかわりない無駄な会話はそれなりに面白かったです.
ニューヨークから来たボスのスタークマンのくだりはインパクトがありましたが,全体的にのんびりとした感じでもう少しいろいろ事件が起こってもいいような,ちょっと物足りない気がしました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クイズ・ショウ(1994 アメリカ)

1956年,アメリカ全土で熱狂的な人気だったクイズ番組“TWENTY-ONE”.9週勝ち抜きのステンペルは八百長に加担して挑戦者チャールズ・ヴァン・ドーレンに挑戦者の座を奪われた.名門家で若くハンサムなヴァン・ドーレンはその後絶大な人気者になる.しかしステンペルはその後の待遇が不満で大陪審に“TWENTY-ONE”の不正を訴えたが,審問は封印措置となった.この処置に疑問を持った野心的な立法管理委員のグッドウィンは調査を開始,ヴァン・ドーレンに接近するのだが…という話.

テレビの八百長事件クイズ・スキャンダルの実話を基にしたドラマです.
子供のころはテレビの内容はみんな真実と信じることもありますが,この作品は世間がみんなそんな状態のころの話です.現在ではテレビ番組のほとんどは虚構だとわかるようになり,事件の衝撃を当時の人ほど感じられないかもしれません.しかし今も昔も,倫理よりも金が優先するようなマスコミの姿勢にはなんだかなあと思ってしまいます.
それはともかく,テレビのレギュラーを反故にされて反撃を狙うステンペル,八百長に加担したことで心が揺れ動くヴァン・ドーレン,大きな事件を告発することに熱意を燃やすグッドウィン,それぞれのキャラがなかなかよく,そして彼らの係わり合いや変化もまた面白かったです.
実話ベースでスッキリする結末ではないのがちょっと残念です.現在ではネット等で情報が氾濫していることもあり,バラエティ番組ならまだしも,ドキュメンタリーやニュースにまで出鱈目な情報や偏った見識に基づくものがあるということがわかりますが,この状況は何とかならないもんかな.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年6月 | トップページ | 2006年8月 »