« カルポ日記5 | トップページ | カルポ日記6 »

メル・ブルックスのサイレント・ムービー(1976 アメリカ)

映画監督のメル・ファンは酒で身を持ち崩していたが,復帰をかけて映画の脚本を書き上げ映画会社に持ち込む.経営の傾いていたビッグ・ピクチャーズはメルの映画が無声映画であることにあきれるが,大スターを大競演させることを条件に製作を合意する.メルと友人の3人は大スターの出演交渉におもむく.一方,ビッグ・ピクチャーズの乗っ取りをたくらむ大企業がメルの妨害工作を開始した.

大スター競演の映画を作製するために奮闘する映画監督を描いたコメディです.
タイトルの通りこの映画自体が無声映画のつくりになっていて出演者の台詞がありません.その分出演者の演技は大げさで,それがとてもおかしいものになっています.
非常にわかりやすい展開と,短いコントのようなネタが大量にテンポよく出てくるのでとても楽しく見られました.ただ全体が基本的にナンセンスでストーリも荒唐無稽なので,そういうのが嫌いな人には向かないかもしれません.

|

« カルポ日記5 | トップページ | カルポ日記6 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/11405211

この記事へのトラックバック一覧です: メル・ブルックスのサイレント・ムービー(1976 アメリカ):

» (今日の映画)サイレント・ムービー [Kozmic Blues by TM]
サイレント・ムービー (1976/米) Silent Movie [続きを読む]

受信: 2006/08/23 12:39

« カルポ日記5 | トップページ | カルポ日記6 »