« 悪魔の赤ちゃん(1973 アメリカ) | トップページ | カルポ日記10 »

透明人間(1992 アメリカ)

ビジネスマンのニックはクラブでアリスに会ったことから寝不足になり,翌日の原子力研究所の公演中に昼寝をする.ところが彼が原因で研究所に事故が発生し,ニックは透明人間になってしまった.CIA情報部員で野心家のジェンキンスはニックの存在に気がつき,彼を利用するために捕まえようと躍起になる.ニックは逃亡中に再びアリスと出会い,彼女と平和に暮らそうとするのだが…

透明人間の逃亡劇を恋愛要素を強めて描いたSFファンタジーです.
透明人間になれたら何をするというテーマはすっ飛ばして,生活はこんなに不便になるというところから話が進むので,コメディっぽい作品になっています.野心のない普通の人間にとっては透明人間になってもこんなものなのかな.
また透明人間であるニックが観客視点で描かれることが多く,そのときには登場人物にはニックが見えていないのに観客には姿が見えているという状態になり,それがとても間抜けな状態に見えるのも面白かったです.ニックはもともと普通の人間であり,透明人間になっても表情や態度に感情が表れていると考えると,まあ納得できる演出だと思います.
全体のストーリはサスペンス風なのですが,笑えるところが多いので安心して楽しめます.ただ,監督がカーペンターというところからはもっとダークなところがあってもいいんじゃないかなぁ.

|

« 悪魔の赤ちゃん(1973 アメリカ) | トップページ | カルポ日記10 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/11840558

この記事へのトラックバック一覧です: 透明人間(1992 アメリカ):

« 悪魔の赤ちゃん(1973 アメリカ) | トップページ | カルポ日記10 »