« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月の8件の記事

カルポ日記12

この間参加機体を送ったほーりーぐれいるでの第1回ケレナグーレ,なんと優勝してるではないですか.予想外でビックリうれしい.ずっといい機体ができなくて落ち込んでいたから,喜びもひとしおだ.

決勝データを落としてうちで対戦させてみたけど,こっちではそこまで成績が出ないからだいぶ運が良かった模様.むしろ NAV 氏の居合三級のほうが安定して勝利してる.運不運の要素も強い格闘戦で,こんなに安定して勝てるなんてすごい機体だ.他にも予想してなかった戦術を使ってくる機体がいろいろあって,戦いを見てるだけでとても面白い.

楽しい機会を提供してくださった ISA 氏と参加者の皆さん,お疲れ様でした,そしてありがとうございました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランド・オブ・ザ・デッド(2005 アメリカ/カナダ/フランス)

地上にはゾンビが徘徊し,人々は川に囲まれた街に立てこもっており,上流階級はさらにその中のタワーに住んで贅沢な暮らしをしていた.ゾンビ退治の傭兵ライリーは街で騒ぎを起こして拘束された.また傭兵のチョロは,街の権力者カウフマンに裏切られ,ゾンビ退治の装甲車を奪いカウフマンを脅迫する.ライリーはカウフマンに装甲車を奪い返すように命令されるが,一方ゾンビの集団には知能が芽生え始め,街に向かって進攻を始めた…

続きを読む "ランド・オブ・ザ・デッド(2005 アメリカ/カナダ/フランス)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルポ日記11

ISA 氏の blog,ほーりーぐれいるで“第1回ケレナグーレ”が開催されるということで,参加してみることにした.

機体はネグローニのみなどハードの制限が厳しいので,調査することが少なくてすむかなと最初は思っていた.しかし,Jupiter に挙げられているネグローニを見てみると,格闘だけでも結構戦術がいろいろあるものだとびっくりさせられる.CPU も小型以下限定なのであまり広範囲の戦術に対応するのが難しい.

とりあえず手持ちのネグローニ(機能限定版)全体に 75% 程度の勝率を上げられるようになった機体ができたので,それを送ってみた.大会ではどれだけ通用するか楽しみだ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未知への飛行/フェイル・セイフ(1964 アメリカ )

アメリカ軍司令部のコンピュータが UFO を発見,警戒態勢に入った水爆搭載の戦略爆撃機はフェイルセイフ(安全制限地点)へ向かう.やがて UFO は民間機だと判明するのだがそのときコンピュータに故障が発生,アラスカの爆撃機隊にモスクワ攻撃の命令が発令されてしまった.フェイルセイフを越えた爆撃機を呼び戻すことは不可能であるため,大統領は護衛戦闘機に撃墜を命令するのだが…

続きを読む "未知への飛行/フェイル・セイフ(1964 アメリカ )"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学習型フィルターその後

学習型フィルターと安まちメール の続き.

@nifty メールの学習型フィルターは,迷惑メールと判断したメールを5回ほど再学習させることによって学習度をあげることができるとどこかで読んだ(ソース失念).これを2週間実践してみると,開始時1800ポイント台だった学習度が5100ポイント台まで急上昇! これはびっくりした.

続きを読む "学習型フィルターその後"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルポ日記10

なんだかだいぶ間隔があいてしまった.

フライドの製作をしていたんだけど,うまく作れない.プレミアムバトルでさえ好成績を残せないので,Jupiter に公開することもなくお蔵入りになりそう.
二脚もいくつか作ったがどれも中途半端.研究が足りないんだろうな.身内で対戦する分には強さが同レベルでそれなりに面白いのだが.

最近ゲームに割く時間が多く取れないのがもどかしいところ.
突撃型車両に対抗できる足付き OKE も出てきてるって話も聞くのだが,まだ見てないんだよなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

透明人間(1992 アメリカ)

ビジネスマンのニックはクラブでアリスに会ったことから寝不足になり,翌日の原子力研究所の公演中に昼寝をする.ところが彼が原因で研究所に事故が発生し,ニックは透明人間になってしまった.CIA情報部員で野心家のジェンキンスはニックの存在に気がつき,彼を利用するために捕まえようと躍起になる.ニックは逃亡中に再びアリスと出会い,彼女と平和に暮らそうとするのだが…

続きを読む "透明人間(1992 アメリカ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪魔の赤ちゃん(1973 アメリカ)

フランクとルノール夫婦に二人目の赤ちゃんができた.しかし出産直後,医師たちの惨殺死体を残して赤ちゃんは行方不明になる.警察の調べで赤ちゃんは盗まれたのではなく,赤ちゃん自身が虐殺事件を起こして逃亡したという結論だった.惨殺を繰り返す赤ちゃんのためマスコミに責め立てられたフランクは職も失い,警察の殺害要請も容認してしまうのだったが…

続きを読む "悪魔の赤ちゃん(1973 アメリカ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »