« カルポ日記12 | トップページ | ケイン号の叛乱(1954 アメリカ) »

マッケンジー脱出作戦(1970 アメリカ)

第二次世界大戦下,イギリスのマッケンジー収容所には600名のドイツ兵が収容されていた.ドイツ軍のシュルーター大佐は,虐待行為をしようとした収容所責任者ペリー少佐に反発して暴動を起こす.イギリス情報部のコナー大尉は収容所に派遣され,見事に暴動を抑える.また,シュルーターはドイツ本国と密かに連絡を取り脱走計画を進めていたが,コナーはドイツ兵の手紙の暗号に気づき,脱走計画を反対に利用しようと考えるのだった.

収容所から脱走しようとするドイツ兵とそれを阻止しようとするイギリス軍を描いた戦争映画です.
脱走物の映画はたくさんありますが,これは超人的なヒーローやドラマチックな逆転劇はない地味で渋い作品です.
コナー大尉は酒ばかり飲んでいる服務違反常習者,シュルーター大佐は目的のためには手段を選ばない冷血漢.この2人が知略を尽くして対決するのですが,どちらかに優勢傾いたと思うとまたすぐに反対側に傾くので緊張感が長く続きます.そしてがんばった人が報われるとは限らないという結末に向かうので,見終わった後は結構疲れてしまいました.脱走中に見られたスコットランドの景色が,美しくて心休まる見所だったでしょうか.
それにしてもドイツ海軍兵の団結はかなり格好いいのですが,空軍兵に対するイジメは気持ちのいいもんではありませんな.

|

« カルポ日記12 | トップページ | ケイン号の叛乱(1954 アメリカ) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

[DVD鑑賞日記]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/12115339

この記事へのトラックバック一覧です: マッケンジー脱出作戦(1970 アメリカ):

« カルポ日記12 | トップページ | ケイン号の叛乱(1954 アメリカ) »