« ナバロンの嵐(1978 イギリス) | トップページ | サハラ戦車隊(1943 アメリカ) »

カルポ日記14

ほーりーぐれいるでの第2回ケレナグーレの結果.
新規参加の 真鍮機兵 は10位/15チームで予選敗退,前回からの残留の にせはやた は8位/11チームと成績は全然振るわなかった.大会はレベルが格段に上がった感じで,全体的に参加機体の動きが全然違うということ.なんだか完全においていかれてるなぁ.

特徴的な動きの機体が多い中,一番印象に残ったのは maos氏の 殴っちゃう、かもよ。 .格闘の間合いを見切って的確に攻撃を当てる機体で,格闘の達人のようで非常にかっこいい.キャンセル技でものすごい動きをする機体も面白いけれど,こういった渋い機体には本当にあこがれる.

主催の ISA氏と参加者の皆さんに感謝しつつ,しばらく大会のデータを楽しもう.

|

« ナバロンの嵐(1978 イギリス) | トップページ | サハラ戦車隊(1943 アメリカ) »

ゲーム」カテゴリの記事

[カルネージハート]」カテゴリの記事

コメント

どうも。ふそうさん。
私もmaosさんの機体はすごいなぁと感心しました。最初に考えていたよりもネグローニ格闘の奥は深いなぁと。キャンセル機動は凄いけども、それだけでは勝てません。結局、どのくらいの間合いで殴ったり蹴ったりをタイミング良く放つかと言うことに尽きますから。

投稿: ISA | 2006/10/20 18:54

一口に間合いといっても,単にお互いの距離だけの問題ではなく,相手がどのように動いているかによっても違ってくるのが難しいところですね.かといって相手の動きを細かくチェックしようとすると,反応が鈍くなって肝心なタイミングで動けなくなるし.この辺のバランスをうまくとっている機体には本当に感心させられます.

投稿: ふそう | 2006/10/21 14:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6493/12343205

この記事へのトラックバック一覧です: カルポ日記14:

« ナバロンの嵐(1978 イギリス) | トップページ | サハラ戦車隊(1943 アメリカ) »