カテゴリー「[戦闘国家]」の16件の記事

戦闘国家日記16

[戦闘国家-改- NEW OPERATIONS のプレイ日記]

南米統一戦争3
マップのほとんどが海で,プレイヤーは北東の離れ小島に拠点がある.都市の初期状態は自軍3敵3中立10だけれど,自都市はすべて離れ小島にあるから本土にある都市を確保するのが急務.あと自軍の初期配置部隊が多く,輸送艦や空母まである.部隊を多数継承しているとユニット数制限をはるかに越えてしまい,必要なときに必要な兵器が作れなくなる可能性があるのが難点.
1ターン目から本土の北西端に1部隊だけ上陸できるのだが,いきなり敵と遭遇する.戦車や偵察車両で歩兵を守りながらここにある中立都市を占領.少し離れた隣の中立都市にも歩兵1部隊を輸送し,敵が来る前に上陸占領できた.そして2箇所で敵の初期配置部隊の攻勢に対応する.攻勢が一段落したのは17ターン目ぐらい.
一方その間に海上兵力の衝突もあった.第1派の敵小艦艇と潜水艦は簡単に撃退できたが,その後に遭遇した巡洋艦と大型潜水艦がかなりの強敵だった.なにしろこちらの攻撃はほとんど当たらないのに敵の攻撃はどんどん当たる.さらに敵の航空部隊が長射程の対艦ミサイルを持っていて,こちらの射程外から攻撃してくる.結局こちらが待ち伏せして有利な状態から会戦したにもかかわらず,敵艦を壊滅させたときには自軍の潜水艦が1隻残っただけだった.
上陸先の状態が安定してからは戦闘部隊を二手に分け,北西端の都市からは西側を南下,隣の都市からは東側を南下する.西側は都市の間隔が広い上に道が狭くて進撃が困難だが,東側は都市の間隔が狭いので自走ロケット砲が使いやすくさらに潜水艦で敵都市を弱体化できるので進撃しやすい.35ターン目に東側の部隊が南西部の三叉路に到着できた.
あとは東方向の敵拠点に向かって進撃し,49ターン目に敵拠点を陥落させてクリア.潜水艦の巡航ミサイルで敵拠点を壊滅させればもっと早くクリアできるだろうけど,あえて陸路での正攻法で攻めてみた.

このゲームでは1ターンに複数回攻撃行動が取れるので,片方の部隊が他方の部隊に一方的に叩かれるという状況になることがある.それを見ていると,このゲームのシステムは航空戦や艦隊戦には全く向いていないなあと感じる.まあそれ以前に射程が長いユニット自体がターン制のゲームに向いてない気もするし,このシステムでは地上戦に絞ったほうがいいんじゃないかなと思った.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦闘国家日記15

[戦闘国家-改- NEW OPERATIONS のプレイ日記]

南米統一戦争2
半島が舞台で,東北西と海でぐるりと取り囲まれているマップ.予算もないのにやたら強力な海軍が初期配置されている.
都市の初期状態は自軍3敵3中立7だが,隣の中立都市がとても遠い.西方面と北方面に占領部隊を出したが,北方面はすぐに大量の敵部隊と遭遇して退却,西方面は増援を送りまくって何とか中立都市を1つ占領した.東の海では大規模な会戦が起こり,自軍小艦艇2隻を沈められたが敵海軍を全滅させることに成功した.
10ターン目あたりで敵の攻勢が途切れた.西方面は敵の抵抗もなく海岸の敵都市まで占領.北方面も進軍を再開し17ターン目に一つ目の都市を占領できた.またその間にヘリコプターで半島東先端の中立都市を占領した.どうも敵の部隊が少なくなったと思ったら,中央の山岳地帯に多量の敵部隊が引っかかっていた.
この時点で都市の状況は自軍7敵6と,こちらが圧倒的優勢となった.あとは3方向から敵の拠点方向に進撃し,28ターン目に敵拠点を占領してクリア.敵拠点を含め,海からの巡航ミサイルが届く都市が多く,都市機能をどんどん下げられるので,戦闘や占領は楽だった.

ロシアの兵器はやっぱり強いな.中国兵器と同じように攻めると被害が大きい.ちょっと慎重気味に進攻しないとこちらの攻勢が息切れしてしまう.戦闘結果のランダム性が高いこのゲームだけど,やはり強い兵器が勝ちやすいという傾向はある.でも自軍の強い兵器が敵の弱い兵器にやられてガッカリする場合も多いんだよなぁ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦闘国家日記14

[戦闘国家-改- NEW OPERATIONS のプレイ日記]

ミッション3は南米北部が舞台の“南米統一戦争”で,プレイヤーは南米統一運動を鎮圧する役割.敵の生産タイプはロシア.

南米統一戦争1
ステージ1から自軍に金喰い虫の海軍がある.自都市は資源の産出の状況が悪く成長させにくい.おかげで序盤は資金繰りが大変だ.
はじめは東方面と西方面でそれぞれ中立都市の確保に成功.敵の攻撃は東方面に集中し,資金の関係で強い部隊を繰り出せず苦戦したが,水上艦の対空ミサイルと艦砲射撃の援護で何とかしのげた.
西方面は敵の襲来が最初しかなく後は平穏だったので,10ターン目あたりに偵察部隊を出したら敵拠点とその側の都市までがら空きだった.早速占領部隊を出して敵拠点近くに展開したら,狙ったようなタイミングで自走砲などを配備されてしまう.それでも強引に攻撃し,15ターン目に敵拠点側の都市の占領に成功した.
工場が機能するまで部隊の補充ができないので,この都市の防衛でかなりの損害が出たが,再被占領は防ぐことができた.その間に東方面でも敵都市を占領して生産力を殺ぐ.敵拠点側の都市の工場が機能したら,ロケット砲などを配備して一気に敵拠点を占領,21ターン目でクリア.

ちょっとアッサリと決着がついてしまって部隊の経験値はあまり稼げなかったな.ロシアの兵器は中国の兵器より1ランクぐらい高性能のはずだけど,それもあまり実感できなかった.まあ次回以降の楽しみにしておこう.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦闘国家日記13

[戦闘国家-改- NEW OPERATIONS のプレイ日記]

なんだか今年のワーストゲームになりそうな勢いのネットでのこのゲームの評判ですが,ふそうはいまでも何とか続けられています.登場兵器の種類や性能に不満が多いみたいですが,現代兵器に疎いふそうには,SFゲームとあまり変わらない感じでこの世界を楽しめてます.それにしても,どうも敵の思考ルーチンはショボすぎるような気がします.せめて山地や川などの障害地形は迂回して攻めて来てくれないかな.

半島動乱5
マップの東1/3ほどが海で,自軍に例の強力な潜水艦が2隻もあり,その上巡洋艦まである強力な海軍がいる.
都市の総数は13に減っていて,妙に近くに寄りそっている都市がいくつかあるので,全体的に都市が遠く感じる.都市の初期状態は自軍3敵5中立5で,近接の中立都市が2つしかない.はじめはその2つの占領を目指した.内陸方面では激しい航空攻撃を受け,一度自軍の歩兵部隊を壊滅させられたりして手間取ったが,10ターン目に中央部の中立都市の占領に成功.しかし,海岸沿いの中立都市へは行き着く前に多数の敵地上部隊に遭遇し,退却することになってしまったので,敵に占領された時点で巡航ミサイルによって壊滅させた.
海では敵海軍との遭遇戦があったが,自海軍があまりに強いのであっという間に決着がついた.自海軍はそのまま沿岸の都市を巡航ミサイルで破壊して回り,20ターン目ぐらいまでに4つの敵都市を壊滅させた.ただ海軍部隊は補給にも高額な予算を消費するので,その分地上部隊の配備が遅くなってしまった.
さて,都市の状況が新設も合わせて自軍7敵7になり,進攻用の部隊も集まった25ターン目,困ったことに気がついた.調子に乗って敵都市を壊滅させたせいで,進行路が西方面の1つだけしか残っていなかったのだ.おかげで敵の抵抗もここに集中して進撃速度がかなり低下した.新設都市を作って足がかりにして,中央西部の敵都市軍をすべて占領するまでに40ターン目までかかった.
しかしその後は敵の抵抗もなくなり,44ターン目に敵拠点を占領してクリアできた.

これで“半島動乱”のミッションコンプリート.2つ目の緑の星をもらって,達成率が22.5%になった.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦闘国家日記12

[戦闘国家-改- NEW OPERATIONS のプレイ日記]

半島動乱4
都市が全部で18もある広いマップ.自都市は3つだけなので序盤はできるだけ中立都市を押さえておきたい.ということで,後方および西方,中央,東方の4箇所の中立都市に占領部隊を送った.
後方では敵の抵抗はなかったが,他の方面ではかなり激しい敵の攻撃があった.西方は何とか自力で占領できたが,東方は多数の敵戦車と航空機で自軍都市まで押し返された.この2方面でしばらく敵の攻撃に抵抗することになった.西方面は新規生産部隊,東方面は初期配置部隊で攻めてくるようだ.中央では,一時は敵に中立都市を確保されてしまったが,その後なぜか敵は退却していき,おかげで初期位置から2つ先の都市まで一気に占領できた.この時点で約15ターン目,自都市7敵都市10中立1の状態.
敵の初期配置部隊による猛攻が途切れた時点で,3方面すべてで進攻を開始した.西方面は敵が自走砲だらけで一時退却したが,中央は山岳地帯側の都市,東方は最初の目標だった都市の占領に成功した.ここで約20ターン目,自都市9敵都市9で実質こちらが優勢になる.
中央の北方の川に面した都市の周辺には長射程兵器がいくつかあったので,自走ロケット砲と航空攻撃で壊滅させてから進攻してこれを占領した.その間に西方面の残りの敵都市も占領,東方面は山岳地帯の南端に新都市を作った.
25ターン目,敵の残りは北の川向こうと東の山岳地帯の裏側だけになったが,この周辺には多数の長射程兵器が隠されていた.北の川向こうは,中央の橋の出口の2都市だけ占領し,北西端の都市はなぜかレベルの高いロシアの戦車が多数存在していたので無視した.東の山岳地帯では,基本的には敵の対空ミサイルを自走ロケット砲で破壊した後,航空攻撃で敵ロケット砲をつぶしてから地上部隊を進攻させた.敵の抵抗はもうほとんどなかったがこの進攻方法のために時間がかかった.
38ターン目に北東端の敵の拠点を征圧してクリア.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦闘国家日記11

[戦闘国家-改- NEW OPERATIONS のプレイ日記]

このゲームはキャンペーンでは部隊の引継ぎができるのだけど,部隊を派遣するには予算が必要だ.前のマップで経験を積んでレベルの上がった高額な兵器は,序盤の予算が少ないときには予算が足らず使えない.結局安価な兵器をで戦うことになるのだが,安価な兵器は生存率が高くないので,結局新規に生産することが多くなる.そういうことで,あまり部隊引継ぎのありがたみというのが感じられないな.
それどころか前のマップで高額な兵器を作りすぎると部隊数制限のために安価な兵器の数を揃えられなくなり,泣く泣く経験を積んだ高額な兵器を削除して部隊数を減らさないといけないところは困り者.マップの広さに対して総部隊数70は少なすぎるよ.

半島動乱3
初期都市状況は自軍3敵4中立8.マップのほとんどが雪原になり,地上部隊の移動がしにくいので防御側に有利.自走ロケット砲や自走対空ミサイルが進攻時に使いにくくなり,航空機が主力になるマップだ.
中立都市占領は,自軍拠点のすぐ北東方の都市は抵抗なしで成功,南方中央と東方中央は敵と交戦しながらも成功.この時点で都市状況は自軍6敵9.
またいつものようにこれから戦力を充実させるのだが,その間敵の攻撃は南方中央の都市に集中していた.15ターン目あたり,中央部の敵都市ががら空きだったので隙を突いて占領しておいた.
南の海では海戦が発生,相変わらず自軍の潜水艦が強力なので一方的な展開になった.ただ敵の数が多く,一時弾薬補給で港に帰った隙に自軍の拠点が巡航ミサイルの攻撃を受けて驚いたが,たいした被害ではなかった.自軍海軍が戦場に復帰すると敵の強襲揚陸艦が3隻ほどいたが,すべて海上で撃破した.
20ターン目あたり,敵が新都市を建設し始める.中央北方と北東方面は敵都市が遠くてどう攻めようかと悩んでいたが,こちらに向かうかたちで都市ができたおかげで楽になった.戦力も集まったのでこの2方面で同時に進攻を開始.北東方面は撃退されたが中央北方の都市の占領には成功した.
25ターン目あたり.敵の攻撃は中央北方の自軍都市に向かうようになったので,南方中央の自軍都市から進撃を開始.南方西方の敵港湾都市を占領した.同じころ自海軍も敵海軍の残党の掃討を完了した.北東方面も再度の進攻で敵都市のひとつの占領に成功した.
30ターン目あたり.すでに自軍が優勢になり,中央北方面と北東方面では敵拠点方面に進撃も可能になったのだが,敵拠点付近の山の中に長射程の対空ミサイル陣地と自走ロケット砲が3基づつ隠してあるので攻めあぐねていた.南西方面は敵の抵抗もほとんどなくなり,北に向けて敵都市を次々に攻略し敵の国力を削いでいった.
敵の国力が落ちてくるとともに敵拠点方面の抵抗も弱くなっていき,40ターン目前ぐらいにようやく,自軍の自走ロケット砲で目障りだった敵の対空ミサイル陣地と自走ロケット砲を破壊することができた.こうして44ターン目に敵拠点を征圧してクリア.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦闘国家日記10

[戦闘国家-改- NEW OPERATIONS のプレイ日記]

半島動乱2
2面目からもう大きなマップになった.初期都市状況は自軍3敵4中立7.西側が海になっていて初期配置に艦艇まである.
序盤の中立都市占領は,南方と中央は難なく成功,中央西の港湾都市では敵部隊と遭遇したがなんとか成功,中央東の都市は付近の敵部隊が多く占領を断念した.この時点で都市状況は自軍6敵8.
それから20ターンぐらいまで敵の襲撃を撃退しながら,予算収入の向上と主力部隊の生産に努める.敵の攻撃はほとんど西の港湾都市に集中していた.最初は辛いが,長射程の兵器が配置できれば楽になった.
またその間に海軍の衝突があった.自軍の潜水艦が高性能なのでこれを主戦力とし,水上艦艇と対潜ヘリコプターでサポートさせて,こちらの損害なしで敵艦艇戦力を一掃できた.その後潜水艦に補給艦をつけて,北西の敵港湾都市をミサイル攻撃し2つを壊滅させた.
反攻開始は中央東の敵都市から狙う.自軍都市から距離があるので,途中に都市を新設してそこから開始.敵の注意がそちらに向いたところで,西港湾都市からも進撃を開始.30ターン前に中央東の都市と北西の敵都市群の1つを占領できた.
この時点でこちらが圧倒的優勢になり,後は道沿いに敵都市を複数同時に落としていき,40ターンに敵拠点を占領してクリア.

初めて艦艇が登場したマップだったけど,使えるのは序盤だけなのがさびしいね.敵艦艇を全滅させたら,水上艦艇は敵航空部隊の的にしかならないので港の中に入れておくしかない.陸上への艦砲射撃がろくにできないのは登場したのが小艦艇ばかりだから仕方がないか.
あと巡航ミサイルの威力が低すぎ.1回の攻撃で都市規模が1しか減らないので,補給艦を隣接させて補給しながら連続攻撃しないと意味がない.隠密行動が特徴の潜水艦が補給艦をくっつけたままなんてさすがに不細工だね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦闘国家日記9

[戦闘国家-改- NEW OPERATIONS のプレイ日記]

キャンペーンモードのミッションが1つ終わってしまうと,他のミッションには部隊の引継ぎはなかった.ミッション中には生産タイプの編集が反映されないので,それとの兼ね合いかな.いい機会なのでユーザー生産タイプを再度編集し,日本タイプを基本にアメリカと欧州の高性能機や足りない種類のもの,コストパフォーマンスのよさそうなものと入れ替えてみた.

ミッション2は東アジアの半島国家が舞台の“半島動乱”.敵の生産タイプはまた中国.

半島動乱1
まずは自軍拠点から中央西の中立都市,東方の自軍都市から中央東の中立都市に占領部隊を送る.中央東の都市では敵と混戦状態になってけっこうの損害が出たが,両方の都市の確保は成功.この時点で自軍都市4敵都市3ともう優勢な状態.
それから中央東の都市に敵の攻撃が続くが10ターンほどで収まった.一方西側はほとんど敵がおらず,北西の敵都市も簡単に占領できた.北の川のむこうに敵のロケット砲や対空ミサイルが隠してあったけど全然意味ない配置だ.
敵の攻勢が終わった時点で東側でも進攻を開始するが,ほとんど抵抗を受けずに進撃でき25ターン目で敵拠点を征圧してクリア.あっけないぐらい簡単なステージだった.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦闘国家日記8

[戦闘国家-改- NEW OPERATIONS のプレイ日記]

このゲームの都市占領は面倒くさい.
輸送部隊から都市近辺に歩兵を展開して,都市中央に歩兵を移動させて,歩兵が都市の規模を0まで下げるのに1~2ターン.歩兵のユニット数が都市の規模を下げる値になるので,歩兵が損害を受けていればさらにターン数が伸びる.その間敵の反撃から歩兵を守らないといけないわけで,乱戦状態だと脆弱な歩兵をどうやって守るのかが悩ましい.
また,都市を占領しても部隊の補充や航空機の基地として使用するには工場や基地の拡張をしなければならず,それにまた数ターンかかる.
まあ都市の機能が一朝一夕にできるはずもないからこれらは別に欠点というわけではないけれど,それにしては都市の規模拡張による予算収入の増加が激しいのでなんだかアンバランスな気がする.

アフリカ傭兵国家4
開始時,前方の自軍都市の北方と東方にある2つの中立都市の占領を優先する.北方の都市は敵の航空部隊が飛来して撃退されたが,東方の都市は確保に成功した.
それからしばらくは敵の初期配置の部隊による猛攻が続いたが,前回よりも確保している自軍都市が増えて抵抗する地点が増えたためか,20ターンぐらいまでにほとんどの敵を撃退でき,さらに予算も増えたため進軍用の部隊も確保できた.この時点で自軍都市3敵都市6だったが予算収入はまだそれほど差がひらいてなかった.
敵の攻撃が一段落したところで進軍開始.敵自走ロケットに軽戦闘車両を突っ込ませて弾切れにするなど多少強引に進軍して,30ターン過ぎに東方端の都市と中央西方の都市を占領.敵はなぜか対空兵器をあまり作らないので,自軍の支援戦闘機が大活躍した.
これで自軍都市7敵都市5(新設した都市を含む)となって形勢は完全に逆転し,後は西方から時計回りに残敵掃討モード.ところどころに配置してある敵の長射程対空ミサイルに注意すれば航空部隊が暴れ放題,戦闘車両はその後を進軍し放題で,歩兵の敵都市占領や補給基地の確保が間に合わないぐらいだった.
50ターン目ぐらいに敵の拠点を征圧してクリア.最初に都市をひとつ確保するだけで,前回と全然違う展開になったな.

これで“アフリカ傭兵国家”のミッションコンプリート.緑の星を一つもらって,達成率が10%になった.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦闘国家日記7

[戦闘国家-改- NEW OPERATIONS のプレイ日記]

アフリカ傭兵国家3
山地の南の自都市は,開始時からしばらく敵の猛攻が続くので防御重視.自拠点から占領部隊を西の山峡の南の中立都市に送ってここを占領.
山峡部分に敵が集中してきたら,東の敵都市を占領.そのまま北東の敵都市まで攻め上がると,山峡北の敵都市が手薄になったのでその隙に一気に占領する.やっぱりCPUは戦力を一方向だけに傾けすぎだ.
こうなると自軍がかなり優勢なので,前回と同じように,東西両側から敵拠点まで一気に攻めることができてクリア.

これでようやく“アフリカ傭兵国家4”の開始時点まで戻ることができた.さてうまくリベンジできるかな.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧